人生にゲームをプラスするメディア

エイプリルフールじゃなかった!『SPECIUM;BOYS』改め『スペシウム少年』を志倉千代丸氏が発表

その他 全般

『スペシウム少年』ティザーサイト
  • 『スペシウム少年』ティザーサイト
  • MAGES. 志倉千代丸氏
MAGES.は、『スペシウム少年』を発表し、公式サイトを公開しました。

今年の4月1日に、同社の代表である志倉千代丸氏が発表した『SPECIUM;BOYS』というタイトルを覚えている方も多いのではないでしょうか。『CHAOS;HEAD』から始まる科学アドベンチャーシリーズの第5弾として特設サイトも用意されたこのタイトル。しかし、第4弾となる『CHAOS;CHILD』の詳細なども明かされていない状況で、しかもわざわざ4月1日に発表するのは怪しいと、シリーズファンからも「エイプリルフールだろう」と判断されていました。

その判断は、正しくもあり、同時に間違いでもありました。このたび志倉氏が、『SPECIUM;BOYS』…ではなく、『スペシウム少年』を告知。同時に、公式サイトもオープンしました。




厳密に言えばタイトルこそ違いますが、意味合いは同じと言ってもよく、また『SPECIUM;BOYS』発表時の目玉となった「円谷プロダクションとの正式コラボ」というポイントを、『スペシウム少年』でも押さえており、4月1日の発表が少しだけ様相を変えて、正式な始動を発表した形となりました。

一つ気になる点と言えば、4月1日発表時には掲載されていた「科学アドベンチャーシリーズ第5弾」の文字が、今回のサイトには記載されていないこと。これは単純に、後ほど発表する予定なのか、それとも科学ADVシリーズではないタイトルとしてリリースされるのか、その正否はまだ不明です。また、もしかしたらADVではなかったり、そもそもゲームではない可能性もゼロではありません。

なお、「エイプリルフールネタがマジになったのか、元々本気企画だったのか」という疑問に、志倉氏はこのように答えています。




オトナ達による全力の「おふざけ」となる『スペシウム少年』。次はどのような切り口で驚かせてくれるのか、続報が楽しみですね。

(C)円谷プロダクション / MAGES. / フィールズ
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『Fallout 4』デザインのショットグラスが登場、「ヌカコーラ」や「Vault-Boy」デザインがセットに

    『Fallout 4』デザインのショットグラスが登場、「ヌカコーラ」や「Vault-Boy」デザインがセットに

  2. 【昨日のまとめ】ヨドバシ.comでニンテンドースイッチの予約受付再開、「タッチ我慢スターター」が“おっぱい修理中”に、PS4『GUNDAM VERSUS』クローズドβテスト詳細…など(2/27)

    【昨日のまとめ】ヨドバシ.comでニンテンドースイッチの予約受付再開、「タッチ我慢スターター」が“おっぱい修理中”に、PS4『GUNDAM VERSUS』クローズドβテスト詳細…など(2/27)

  3. 「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

    「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

  4. 世界初の体感型音楽アトラクション「バハムートディスコ」今夏オープン! “450度”の映像空間を構築

  5. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  6. 『にゃんこ大戦争』のポノスがEスポーツ事業を始動、ゲーマー社員も積極採用へ

  7. 『マインクラフト』を通して、親子でプログラミングが学べる書籍が登場! 「気軽に楽しく」がキーワード

  8. 共に一時代を築いた“ビックリマン”と“キン肉マン”がコラボ! 「肉リマン(にっくリマン)チョコ」2月28日より発売

  9. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  10. 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

アクセスランキングをもっと見る