人生にゲームをプラスするメディア

Wii Uバーチャルコンソール5月7日配信タイトル ― 『Pop'nツインビー』『ワギャンランド』の2本

任天堂 Wii U

Pop'nツインビー
  • Pop'nツインビー
  • よりポップな雰囲気が強調されたスーファミ初の『ツインビー』シリーズ
  • ワギャンランド
  • ボス戦の「しりとり」も話題を呼んだ人気アクションゲームシリーズ第1作
任天堂は、5月7日よりWii Uバーチャルコンソールで配信するラインナップを公開しました。

5月7日よりニンテンドーeショップにて配信開始となるWii Uバーチャルコンソールタイトルは、スーパーファミコンソフト『Pop'nツインビー』、ファミコンソフト『ワギャンランド』の2作品です。

尚、『Pop'nツインビー』はWiiでバーチャルコンソール化されておらず、今回初めてのバーチャルコンソールでの配信となります。


◆Pop'nツインビー


配信予定日:2014年5月7日
価格:823円(税込)

オリジナル版ハード:スーパーファミコン
オリジナル版発売日:1993年3月26日
発売元:KONAMI
ジャンル:シューティング

『Pop'nツインビー』は、1993年にKONAMIよりスーパーファミコンソフトとして発売された縦スクロール型シューティングゲームで、『ツインビー』シリーズ作品のひとつです。悪人になってしまった「マドカ」の祖父「マードック博士」を元に戻すため「ツインビー」と「ウインビー」が飛び立ちます。

雲の中から出現する「ベル」でパワーアップするシリーズおなじみのシステムに加えて、本作ではライフゲージ制を採用。敵や敵弾に当たってもライフが尽きるまで撃墜されません。また、『ツインビー』シリーズ名物でもある2人プレイでは、1Pが「ツインビー」、2Pが「ウインビー」を操作。お互いのライフを受け渡したり、相手を投げ飛ばして攻撃したりと、ユニークな遊び方も収録されています。

(C)Konami Digital Entertainment



◆ワギャンランド


配信予定日:2014年5月7日
価格:514円(税込)

オリジナル版ハード:ファミコン
オリジナル版発売日:1989年2月9日
発売元:ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)
ジャンル:アクション

『ワギャンランド』は、1989年にナムコ(現・バンダイナムコゲームス)よりファミコンソフトとして発売された横スクロール型アクションゲームで、『ワギャンランド』シリーズの第1作です。主人公「ワギャン」の暮らす「ワギャンランド」を征服した「ドクターデビル」を倒すため、根城である「悪魔の木」を目指した冒険を繰り広げます。

「ワギャン」の武器は「ワッ」という鳴き声を敵にぶつけて、一定時間動きを止める「音波砲」。動けなくなった敵を足場にすることも可能です。ボス戦はパネルを使った「神経衰弱」や「しりとり」で行われます。特に「しりとり」ではパネルの絵柄の解釈によって言葉が変化し、意外な形で「しりとり」が成立することも。この独特のボス戦は、シリーズの代名詞ともなりました。

(C)1989 BANDAI NAMCO Games Inc.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

    ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

  2. 「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

    「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

  3. 【インタビュー】ひとくじ引こうぜ!「一番くじ モンスターハンターXX(ダブルクロス)」を開発者に引いてもらった

    【インタビュー】ひとくじ引こうぜ!「一番くじ モンスターハンターXX(ダブルクロス)」を開発者に引いてもらった

  4. 『スプラトゥーン2』試射会でも使える初心者向けテクニック10選 ─ 他のイカたちに差をつけろ!

  5. 【Wii U DL販売ランキング】『ゼルダ』『マインクラフト』『スプラトゥーン』人気変わらず、『カービィWii』も浮上(3/27)

  6. 『ゼルダの伝説 BotW』制作秘話映像の番外編―“祠”に名前が付けられた理由

  7. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  8. E3 2017では「スイッチ」「3DS」の新作展示へ―米任天堂レジー社長

  9. 【プレイレポ】『スプラトゥーン2 先行試射会』の6時間はあっという間だった…!イカした正統進化でより奥深く

  10. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

アクセスランキングをもっと見る