人生にゲームをプラスするメディア

PS4で『FF XIV: 新生エオルゼア』ってどうなの?実際のSSと動画で紹介

ソニー PS4

PS4で『FF XIV: 新生エオルゼア』ってどうなの?実際のSSと動画で紹介
  • PS4で『FF XIV: 新生エオルゼア』ってどうなの?実際のSSと動画で紹介
  • PS4で『FF XIV: 新生エオルゼア』ってどうなの?実際のSSと動画で紹介
  • PS4で『FF XIV: 新生エオルゼア』ってどうなの?実際のSSと動画で紹介
  • PS4で『FF XIV: 新生エオルゼア』ってどうなの?実際のSSと動画で紹介
  • PS4で『FF XIV: 新生エオルゼア』ってどうなの?実際のSSと動画で紹介
  • PS4で『FF XIV: 新生エオルゼア』ってどうなの?実際のSSと動画で紹介
  • PS4で『FF XIV: 新生エオルゼア』ってどうなの?実際のSSと動画で紹介
スクウェア・エニックスは、4月14日にPS4版『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』の正式サービスを開始しました。

『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』は、既にPS3/PCでサービスが開始されており、PS4版では「リモートプレイ」「シェア機能」に対応している他、DUALSHOCK 4に最適化されたUIが搭載。この記事では実際にプレイし、その感覚をお届けします。

画面に表示されるUI

近年、コンシューマーゲームでオンラインゲームがリリースされる事が多くなってきましたが、『FF14』は非常に取っ付き易いMMORPGだと言えます。どうしてもオンラインゲームと聞くと、複数人で協力してゲームを進めるという固定概念が先行しがちですが、『FF14』ではID(インスタンスダンジョン)以外はソロでもクリアする事が可能な難易度なのがその理由の一つ。



逆にIDはPT必須となりますが、「コンテンツファインダー」というPTを自動的な組むシステムが搭載されていますので、チャットを打たずにスタートからクリアまで持っていくこともできます。ID以外でPTを組んだり、固定PTでIDを周回したいユーザーは、PT募集専用の掲示板システムも搭載されてますので、そちらに投稿するといいでしょう。

必要クラスを自動でマッチングしてくれます

また操作性に関しては、XHB(クロスホットバー)と呼ばれるUIが搭載されており、このXHBの操作だけで殆どの事が完結します。ただし、初期設定だとDUALSHOCK 4のタッチパネルを使った操作が強いいられるため、自分に合った操作方法を設定することをオススメします。なお本作では、移動からチャットのやり方まで初歩の初歩をチュートリアルクエストとして教えてくれるので、オンラインゲーム未経験者でもなじみ易い設計に。ストーリー性などもコンシューマーに近い作りでした。

スタートボタンを押せば、各機能が集約されたメニューを開くことも

ただし、どうにもチャット入力だけはスムーズに行うことができません。定型文も用意はされているものの、やはり実際のキーボードを繋げて入力したいところです。そのせいか、あまりチャットが活発ではなく静かなオンラインゲームという印象を受けました。筆者の場合は、あえて「PlayStation App」を使ってスマートフォンからフリック入力でチャットを試みてはいますが、キーボードが一番ですね。なお、PS4のUSBポートは正面に2つあるため、DUALSHOCK 4(無線接続)+マウス+キーボードという組合せも可能です。


実際の滑らかさなどは動画で!(動画は720Pです)


やはり、どうしてもPCですとOSやインストールアプリケーション、スペックに関する問題で頭を抱えてしまいますが、その必要がないのはコンシューマーゲーム機の特権なのではないでしょうか。特にPS4に関しては、この記事のようにスクリーンショットや動画を簡単にシェアすることができ、生放送やリモートプレイといった遊びも可能ですので、今まで以上に幅広い層のユーザーがオンラインゲームをプレイするようになりそうです。


『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』は好評サービス中で、価格はパッケージ版・ダウンロード版ともに3,394円(税込)です。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」を実装、モグチョコカーニバルを開催

    『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」を実装、モグチョコカーニバルを開催

  2. 『ニューダンガンロンパV3』機能向上パッチが配信―PS Vita版のキャラボイスの音質が向上!

    『ニューダンガンロンパV3』機能向上パッチが配信―PS Vita版のキャラボイスの音質が向上!

  3. 『BioShock』スタッフらの新作ホラー『Perception』海外PS4向けに発売決定

    『BioShock』スタッフらの新作ホラー『Perception』海外PS4向けに発売決定

  4. PS2アーカイブス『ロックマン パワーバトルファイターズ』配信開始

  5. 『バイオハザード7』序盤ストーリーダイジェスト公開―無料DLC「Not A Hero」の情報も

  6. 『仁王』48時間限定で「最終体験版」を配信! 製品版に先駆け“戦国死にゲー”を味わおう

  7. 『スパロボV』新規戦闘シーンも飛び出す第2弾PV登場! スパロボ愛が溢れ出る博多大吉の新たなTVCMも

  8. 『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』に「お嬢様の休日コスチューム」&「シーズンパス6」登場!【UPDATE】

  9. 【インタビュー】PS4版『燃えプロ』はバントホームランできるのか?真摯な開発姿勢や今後の展望に迫る

  10. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

アクセスランキングをもっと見る