人生にゲームをプラスするメディア

Wii U『ファミコンリミックス』が3DSではない理由とは―林田氏がコメント

任天堂 Wii U

ファミコンリミックス
  • ファミコンリミックス
  • 『ファミコンリミックス1+2』公式サイトショット
なぜ『ファミコンリミックス1+2』は3DSではなくWii U向けに開発されたのでしょうか。その疑問について、任天堂の林田宏一氏が海外メディアに語っています。

アレンジを施した様々なファミコンゲームを収録するWii Uダウンロードゲーム『ファミコンリミックス1+2』。子供からオールドゲーマーまでが一緒に楽しめる欲張りなタイトルですが、なぜ3DSではなくWii Uでのリリースを決定するに至ったのか、その理由について、任天堂の林田宏一氏が海外メディア「IGN」にコメントを残しています。

「IGN」記載の記事によると、「最も簡単に答えるならば、自分はWii U向けに開発された3D世界に取り組んでいたからです。」と氏は返答したとのこと。そして「自分はすでにそのシステムのアーキテクチャには精通していたし、Wii Uプラットフォーム向けの開発はプロジェクトの初期段階にうってつけなものでした。」と続けます。

また、林田氏らが『ファミコンリミックス1+2』に望み、期待するものに達成するためにはより大きなマシンパワーが必要だったとも語っており、「これがWii Uでなく3DSだったらもっと難しかったでしょう。Wii Uは最初から自分たちが心に思い描いていたソフトを作り上げるために探していたマシンパワーをもっていたということです。」という旨を述べていました。

単なるレトロゲームという枠で見れば、現在は3DSでもバーチャルコンソールを通じて数々のタイトルが配信されています。そんな中でも、絶対的なユーザー数が多い3DSをあえて除き、Wii Uのみを選択するという点には、単なる移植やリメイクに留めない強いこだわりを感じてしまいます。

『ファミコンリミックス2』は4月24日配信予定で、価格は1,429円(税抜)です。

『ファミコンリミックス1+2』は4月24日発売予定で、価格は2,858円(税抜)です。
《Ami》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  3. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  4. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  5. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  6. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  7. 『スプラトゥーン2』新バトルBGM「Rip Entry」が公開!楽曲を手がけるのはSNSで集ったロックバンド「Wet Floor」

  8. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  9. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  10. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

アクセスランキングをもっと見る