人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、台湾子会社を解散・・・香港の管轄に

任天堂 その他

任天堂は、台湾で任天堂製品を取り扱っていた子会社、任天堂溥天股分有限公司を解散すると発表しました。業務は香港を拠点とする任天堂(香港)有限公司が引き継ぎ、台湾におけるオペレーションに変更は無いとしています。

台湾のGamer.com.twによれば、会社の解散は5月31日付で、4月下旬には大半の従業員が解雇されるとのこと。同社は「窓口以外の変更はない」とウェブサイトで述べています。

任天堂溥天股分有限公司は前社長の故・山内溥氏の名前を取って、1991年1月14日に設立。以来23年間に渡って台湾市場での任天堂製品の販売を行ってきました。本件の背景については明らかにされていません。

任天堂溥天股分有限公司は資本金が5000新台湾ドル、任天堂が100%の株式を保有する連結子会社でした。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. ヨドバシ.comでニンテンドースイッチ(グレー)の予約受付が再開【追記あり】

    ヨドバシ.comでニンテンドースイッチ(グレー)の予約受付が再開【追記あり】

  2. 今週発売の新作ゲーム『Nintendo Switch+Joy-Con(L)/(R)』『Horizon Zero Dawn』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』『1-2-Switch』他

    今週発売の新作ゲーム『Nintendo Switch+Joy-Con(L)/(R)』『Horizon Zero Dawn』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』『1-2-Switch』他

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  4. 『スプラトゥーン2』「タテ振り」アクションに注目集まる“ローラー”には更なる調整が! 公式Twitterが映像付きで報告

  5. スイッチ版『VOEZ』にはオリジナル楽曲を含む全116曲が収録、独占楽曲追加の無料アプデも実施予定

  6. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  7. ファミコン700作以上の海外スピードラン、3年がかりで遂に完走

  8. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  9. 【特集】『ポケモン』20年の進化を“今と昔”でチェック!(後編)ピカチュウはこんなにかわいくなりラプラスは増えすぎた!?

  10. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

アクセスランキングをもっと見る