人生にゲームをプラスするメディア

『ラブライブ! スクフェス』1周年イベント効果でAppStoreの売上トップに、開発のKLabはストップ高

モバイル・スマートフォン iPhone

『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル』200万人突破
  • 『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル』200万人突破
  • 「KLab」ロゴ
iOS/Androidアプリ『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(以下、スクフェス)』の開発を担当したKLaがストップ高となり、東証1部の値上がり率ランキングのトップを飾りました。

また『スクフェス』は、AppStoreにおけるiPadのゲームカテゴリ・トップセールス(売上)にて、2000万ダウンロードを記録したあの『パズドラ』を抜き1位に。加えて、iPhoneのランキングでも、14位から4位へとめざましい躍進を遂げました。

リズムアクションゲームとアイドルの育成が楽しめる『スクフェス』は、サービス開始から1年を待たずに200万ダウンロードを突破する人気ぶりを獲得。そして、1周年を記念するキャンペーンが現在行われており、4月15日に新規「R」カード9枚を追加、16日からはラブカストーンのプレゼントを実施しています。

以前から『スクフェス』の好調がKLabの業績を大きく引き上げてきましたが、今回のストップ高やランキングの好調な推移は、これまでの勢いや支持に加え、この1周年記念キャンペーンが大きな役割を果たしたものと見られます。

『スクフェス』関係のイベントは今後も予定されており、この勢いがどのような展開へと発展していくのか。ファンはもとより、ゲーム業界全体が『スクフェス』やKLabの動向に注視することでしょう。

(C) 2013 プロジェクトラブライブ!
(C) KLabGames
(C) bushiroad All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 噂:『ポケモンGO』第2世代ポケモンが今週実装か

    噂:『ポケモンGO』第2世代ポケモンが今週実装か

  2. 『どこでもいっしょ』『パラッパラッパー』『ぼくのなつやすみ』の3シリーズがスマホ向けに展開決定

    『どこでもいっしょ』『パラッパラッパー』『ぼくのなつやすみ』の3シリーズがスマホ向けに展開決定

  3. 『ポケモンGO』「イオン」グループの店舗がポケストップ&ジムに!合計3,498カ所が追加

    『ポケモンGO』「イオン」グループの店舗がポケストップ&ジムに!合計3,498カ所が追加

  4. スマートフォン向け『WILD ARMS』新作が発表―グリーとフォワードワークスが共同開発

  5. 噂:『ポケモンGO』に「金・銀」第2世代やメタモンが登場?データから名前見つかる

  6. 『シャドウバース』第3弾カードパック「バハムート降臨」の特設サイトを公開! カードのお披露目や紹介映像など

  7. 本格幻想RPG『陰陽師』悲しき運命を背負った「吸血姫」など「式神」情報が公開、書く・唱えるで行う斬新なガチャ情報も

  8. あの国民的ゴルフゲームがスマホに!『みんゴル』2017年春配信決定

  9. 広井王子新作『ソラとウミのアイダ』発表!舞台は尾道、宇宙漁師育成センターの少女たちを描く

  10. 『魔界戦記ディスガイア』『夜廻』がスマホ向けタイトルに!日本一ソフトウェアとフォワードワークスが共同制作を発表

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top