人生にゲームをプラスするメディア

ニコニコ超会議3の立体起動バランス訓練装置が一足早く公開

その他 全般

ニコニコ超会議3「超アニメエリア」の目玉“立体起動バランス訓練装置”が一足早く公開
  • ニコニコ超会議3「超アニメエリア」の目玉“立体起動バランス訓練装置”が一足早く公開
  • ニコニコ超会議3「超アニメエリア」の目玉“立体起動バランス訓練装置”が一足早く公開
  • ニコニコ超会議3「超アニメエリア」の目玉“立体起動バランス訓練装置”が一足早く公開
4月26日、27日に、幕張メッセでニコニコ超会議3が開催される。ニコニコにあるほぼ全てのリアル再現をコンセプトに掲げる大型イベントである。
それだけに会場では、ネットでも人気のアニメがとりわけ重要なコンテンツになる。そんなアニメ関連の企画が集まるのが、「超アニメエリア」と名付けられたゾーンだ。

4月10日にライブ配信されたニコニコ生放送番組「超会議3特番」で、この「超アニメエリア」のコンテンツの一部が披露された。番組は『進撃の巨人』のゆるキャラ「巨人くん」、また『アイドルマスター』と『アイドルマスター シンデレラガールズ』、『アイドルマスター ミリオンライブ』から人気の声優陣が多数出演した豪華なものだ。
そのなかでも注目となったのが、この『進撃の巨人』と『THE IDOLM@STER』である。『進撃の巨人』では、6人1組となり”立体機動バランス訓練”を体験してもらう第2525期訓練兵団入団試験が実施される。挑戦者は、体を張っての挑戦となる。
番組では、この立体機動バランス訓練をいち早く紹介、ゲストがトライした。さらに当日、バランス訓練の成績優秀者となると、立体機動装置(10mの逆バンジー)を体験できる。

また『THE IDOLM@STER』では、期間中設けられるブースの情報を発表した。現在発表されているブースイベントは6つ、「ぷちます!チャレンジ」「イラストコンテストチャレンジ」「英会話チャレンジ」「ゲームチャレンジ」「アイマスマニアチャレンジ」「デレラジ&ミリラジ」「シークレットチャレンジ」である。出演者や詳細は、ニコニコ超会議3の公式サイトで確認出来る。
人気のアイマスだけに、「アイドルマスター」の声優は他の企画でも活躍する。シリーズの声優から沼倉愛美さん、原紗友里さん、山崎はるかさんが超音楽祭2014にも参戦する。
さらに超アニメエリアでは、『To LOVEる-とらぶる-ダークネス』の「超すけすけゴーグルくん -ラッキースケベ体験-」、『艦隊これくしょん -艦これ-』の「超 俺提督の部屋」、メカクシティアクターズからメカクシ団超会議支部など人気タイトルが次々に登場する予定だ。

ニコニコ超会議3
http://www.chokaigi.jp/

2014年4月26日(土)10:00~18:00(最終入場17:30)
2014年4月27日(日)10:00~17:00(最終入場16:30)
会場: 幕張メッセ国際展示場1~8ホール
主催: ニコニコ超会議 実行委員会

ニコニコ超会議3「超アニメエリア」の目玉“立体起動バランス訓練装置”が一足早く公開

《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

    「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  2. 『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

    『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

  3. 美少女プラモデルの歴史書「我々は如何にして美少女のパンツをプラモの金型に彫りこんできたか」発売

    美少女プラモデルの歴史書「我々は如何にして美少女のパンツをプラモの金型に彫りこんできたか」発売

  4. 【昨日のまとめ】美少女プラモデルの歴史書が発売、MD&銃型コントローラーでプレイする「スプラトゥーン ハック!」、“結月ゆかり”が等身大フィギュアに…など(6/25)

  5. 話題の狂気作『Year Of The Ladybug』まもなく初トレイラー公開

  6. アニメ「妖怪ウォッチ」米国ディズニーXDで第2シーズン突入

  7. 「勇者ヨシヒコと導かれし七人」2016年10月放送決定

  8. “結月ゆかり”が等身大フィギュアに! スピーカー内蔵で価格は128万円

  9. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  10. 『ストリートファイター』の筋トレグッズ発売決定、鍛練次第であの技を習得できるかも!?

アクセスランキングをもっと見る

page top