最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us

「Project Discovery 2nd Season」受賞者発表、第1回受賞者のアセットを結集させたパイロット版の無料配信も決定

「Project Discovery 2nd Season」受賞者発表、第1回受賞者のアセットを結集させたパイロット版の無料配信も決定

2014年4月13日(日) 14時00分
  • だいだいダイスキ!の画像
    だいだいダイスキ!
  • 「Project Discovery 2nd Season」受賞者発表、第1回受賞者のアセットを結集させたパイロット版の無料配信も決定の画像
    「Project Discovery 2nd Season」受賞者発表、第1回受賞者のアセットを結集させたパイロット版の無料配信も決定
  • 「Project Discovery 2nd Season」受賞者発表、第1回受賞者のアセットを結集させたパイロット版の無料配信も決定の画像
    「Project Discovery 2nd Season」受賞者発表、第1回受賞者のアセットを結集させたパイロット版の無料配信も決定
  • 「Project Discovery 2nd Season」受賞者発表、第1回受賞者のアセットを結集させたパイロット版の無料配信も決定の画像
    「Project Discovery 2nd Season」受賞者発表、第1回受賞者のアセットを結集させたパイロット版の無料配信も決定
  • 「Project Discovery 2nd Season」受賞者発表、第1回受賞者のアセットを結集させたパイロット版の無料配信も決定の画像
    「Project Discovery 2nd Season」受賞者発表、第1回受賞者のアセットを結集させたパイロット版の無料配信も決定

角川ゲームスは、UGCコンテンツの発掘を支援するソニー・コンピュータエンタテインメントとの共同事業「Project Discovery 2nd Season」の受賞者を発表しました。

「Project Discovery」とは、角川ゲームスとSCEがUGC (User Generated Contents) 時代の創造パワーとエネルギーを活かして、PlayStation Vitaを舞台にした新しい物語の創造・発見のために、2012年に立ち上げたプロジェクトです。

主審査をSCE、角川ゲームス、特別審査員として、KADOKAWA、ソニー・ミュージックエンタテインメント、プロダクション・エースが参加。厳正な審査を経た結果、各募集部門の受賞者が決定しました。

◆「Project Discovery 2nd Season」受賞概要


■シナリオライター部門
Excellent Prize:丘「地球人観測者」
Spirit Prize:該当者なし

■グラフィックデザイナー部門
Excellent Prize:がう。「?」
Spirit Prize:ミツロ「骨董店 店主」他

■サウンドデザイナー部門
Excellent Prize:中村 佳紀「嘘つきのパラドックス」「Word」他
Spirit Prize:小原多 傾「overture」「slipstep concertino」

■ボイスアクター部門
Excellent Prize:傘谷 友「自己紹介」「test town」
Spirit Prize:藤沢 怜香「自己紹介」「ボイスサンプル」

※Excellent Prize:各部門の最優秀作品
※Spirit Prize:優秀作品


◆審査員総評


■ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア戦略企画部 オンラインサービス推進課 多田 浩二 氏
「今回も熱意あふれる素晴らしい作品が数多くエントリーされました。どの作品もクリエイターの個性に満ちており、審査員の方々も受賞作品の選定が大変だったようですが、無事に本日の受賞発表を迎えること出来ました。受賞されたクリエイターの中には業界でも即戦力になるような実力の方もいて、本当に驚いています。皆さんの今後の活躍に期待すると共に、我々も様々な形でサポートしていきたいと思います!」

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

また、2012年度の受賞作品を結集させて制作中のパイロット版『だいだいダイスキ!』がPlayStation Storeにて無料ダウンロード配信されることが決定しました。

『だいだいダイスキ!』は、SCEと角川ゲームスにより共同開発されたPlayStation Vita用ノベルゲームエンジン「Discovery Engine」を使用したスマートノベルゲームです。今回メインビジュアルとゲーム画面が初公開されています。

近日中の配信が予定されていますが、詳細な情報は今後発表されるということなので続報をお楽しみに。

(C)2012-2014 Sony Computer Entertainment Inc. / Kadokawa Games Ltd.

(Article written by ひびき)

ソニーアクセスランキング