人生にゲームをプラスするメディア

『スーパーマリオ』シリーズ次回作、早くもプロジェクトが始動

任天堂 Wii U

『スーパーマリオ3Dワールド』
  • 『スーパーマリオ3Dワールド』
  • 『スーパーマリオ3Dワールド』
『スーパーマリオ』シリーズの次回作が、早くも動きだしているようです。

海外メディアEDGEによると、これは『スーパーマリオ 3Dワールド』プロデューサー小泉歓晃氏と、任天堂のEAD東京チームのリーダーである元倉健太氏とのインタビューで語られたもので、ターゲットとなるプラットフォームについては明かされていません。

小泉氏は、「発見や新しい案などを取り入れる余地はまだまだあり、新しくエキサイティングなゲームの仕組みを提案し続けるつもりだ」とコメント、また元倉氏は、「もし『スーパーマリオ 3Dワールド』の続編がWii Uでリリースされるのなら、GamePadの更なる活用を取り入れる」と述べています。

さらに話は『スーパーマリオ 3Dワールド』の制作秘話にもおよび、なんとダブルチェリーによるパワーアップはレベルデザイナーが誤って一つのコースに同じキャラを入れたことによって生まれた偶然の産物。それをプレイしてみると面白かったため、実際のゲームに採用するために再調整を行ったという裏話も飛び出しています。

前作が優れた作品であればあるほど次回作へのプレッシャーは高まると思いますが、今後もファンたちの期待に応えるゲームを生み出し続けて欲しいですね。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【3DS DL販売ランキング】『聖戦クロニクル』や『アルファディア』などケムコのRPGが続々ランクイン(9/23)

    【3DS DL販売ランキング】『聖戦クロニクル』や『アルファディア』などケムコのRPGが続々ランクイン(9/23)

  2. 『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

    『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

  3. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

    『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

  4. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  5. 『ポケモン サン・ムーン』新情報が10月4日22時ごろに発表

  6. 3DS『マイティ スイッチ フォース! 2』10月5日配信決定、パトリシア・ワゴンが再び出動!

  7. 【TGS2016】『ガンダム VS.』シリーズ最新作『ガンダムバーサス』クローズドアルファテストが決定!

  8. 「ポケモンGO Plus」バックグラウンド動作でも歩いた距離が記録されるように!タマゴを孵したり相棒のアメをゲット可能

  9. 宮城県、被災地誘客のため『ポケモンGO』予算3000万を計上 ─ イベントや地域限定ポケモンなど

  10. ドイツで『NINJA GAIDEN 3: Razor's Edge』が発売禁止に

アクセスランキングをもっと見る

page top