人生にゲームをプラスするメディア

『ポケモン』公式絵でおなじみ、グラフィックデザイナー・杉森建氏の作品集「杉森建の仕事」が予約開始

その他 全般

杉森建の仕事 『クインティ』から『ジェリーボーイ』『ポケットモンスター』 25年間の作品集
  • 杉森建の仕事 『クインティ』から『ジェリーボーイ』『ポケットモンスター』 25年間の作品集
  • 『ポケットモンスター・赤』パッケージ
  • 『クインティ』パッケージ
  • 『ジェリーボーイ』パッケージ
アンビットは、Amazon.co.jpにて「杉森建の仕事 『クインティ』から『ジェリーボーイ』『ポケットモンスター』 25年間の作品集」の予約受付を開始しています。

『ポケットモンスター』の公式イラストなどで知られるゲームフリークのグラフィックデザイナー・杉森建氏の作品集の発売が決定しました。これまで自身が携わってきたゲームや漫画など、グラフィックデザイナーとして活動してきた25年間の作品がまとめられた内容となっています。

『クインティ』は、1989年にナムコ(現・バンダイナムコゲームス)からファミコンソフトとして発売されたアクションゲームです。開発にゲームフリークが参加し、杉森氏もキャラクターデザインで参加しています。ゲームフリークとしての世の中に発信された最初のゲーム作品となります。

『クインティ』は、ゲーム専門誌「ファミコン必勝本」誌上で、杉森氏自身の手によってコミカライズされており、発売が決定した「杉森建の仕事」にも収録されています。コミック版「クインティ」がまとめられた形で刊行されるのは初めてのことです。

『ジェリーボーイ』は、1991年にEPICソニー(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)からスーパーファミコンソフトとして発売されたアクションゲームです。企画とキャラクターデザインでゲームフリークが参加し、杉森氏もキャラクターデザインで参加しています。

本書では、『ポケモン』を含むこれら杉森氏が手がけてきた25年間の作品を、キャラクターコンテや設定資料などで振り返るほか、32ページのロングインタビューも掲載。キャラクターデザイナーを目指す人にもオススメの一冊となっています。

杉森氏のファンはもちろん、ゲームキャラクターのデザインなどに興味がある人はぜひチェックしてみてください。

「杉森建の仕事 『クインティ』から『ジェリーボーイ』『ポケットモンスター』 25年間の作品集」は、2014年5月27日発売予定です。

【Amazon.co.jp】
杉森建の仕事 『クインティ』から『ジェリーボーイ』『ポケットモンスター』 25年間の作品集 [単行本(ソフトカバー)]
ニンテンドードリーム編集部 (編集)
杉森 建 (イラスト)

http://www.amazon.co.jp/dp/4198638063/


(C)2014 GAME FREAK inc.
(C)ambit 2014

クインティ
(C)1989 GAME FREAK / NAMCO Ltd.
ジェリーボーイ
(C)1991 Sony Music Entertainment (Japan) Inc.
ポケットモンスター 赤・緑
(C)1995 Nintendo/Creatures inc./GAME FREAK inc.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

    「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

  2. 世界初の体感型音楽アトラクション「バハムートディスコ」今夏オープン! “450度”の映像空間を構築

    世界初の体感型音楽アトラクション「バハムートディスコ」今夏オープン! “450度”の映像空間を構築

  3. 『にゃんこ大戦争』のポノスがEスポーツ事業を始動、ゲーマー社員も積極採用へ

    『にゃんこ大戦争』のポノスがEスポーツ事業を始動、ゲーマー社員も積極採用へ

  4. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  5. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  6. 『マインクラフト』を通して、親子でプログラミングが学べる書籍が登場! 「気軽に楽しく」がキーワード

  7. ゲームフリークの増田順一も登壇するトークライブを開催…ゲームプログラマー学科体験説明会の一環として

  8. 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

  9. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  10. 『ファイプロ』復活か!? スパチュンが「謎のサイト」オープン

アクセスランキングをもっと見る