人生にゲームをプラスするメディア

「進撃の巨人」一番くじ第3弾「~くじ奪還作戦~」が登場、リヴァイ兵長が印象的なポーズでフィギュア化

その他 全般

A賞 リヴァイフィギュア 立体機動ver.
  • A賞 リヴァイフィギュア 立体機動ver.
  • B賞 エレン・イェーガーフィギュア
  • C賞 ミカサ・アッカーマンフィギュア
  • D賞 複製原画
  • 「進撃の巨人」一番くじ第3弾「~くじ奪還作戦~」が登場、リヴァイ兵長が印象的なポーズでフィギュア化
  • 「進撃の巨人」一番くじ第3弾「~くじ奪還作戦~」が登場、リヴァイ兵長が印象的なポーズでフィギュア化
  • E賞 ものさし
  • E賞 ものさし
バンプレストは、「一番くじ」の最新作「一番くじ 進撃の巨人~くじ奪還作戦~」を、4月上旬より全国のセブン-イレブン店舗で展開します。

「一番くじ 進撃の巨人~くじ奪還作戦~」は、諫山創氏による大人気漫画/アニメ作品『進撃の巨人』を題材に、8等級全21種 + ラストワン賞の中から必ずいずれかが当たる「ハズレなしのキャラクターくじ」です。「一番くじ 進撃の巨人」シリーズの第3弾で、A賞では「立体機動装置」を装着した「リヴァイ」が、そしてB賞では敬礼している「エレン」のフィギュアがついに登場です。

さらに、C賞では、コミックス4巻の表紙をイメージした「ミカサ」のフィギュアもラインナップ。その他、諫山創氏のサインプリント入り複製原画や、「進撃の巨人」のスケール感を味わうことができるものさしからロングタオル、コレクトプレイフィギュアなど、作品の世界観を楽しめるアイテムを取り揃えられています。各等級の詳細は以下のとおりとなっています。

◆一番くじ 進撃の巨人~くじ奪還作戦~


■A賞 リヴァイフィギュア 立体機動ver.(全1種)
ついに「リヴァイ」が「一番くじ」でフィギュア化。絶体絶命の「エレン」たちを救ったシーンでの印象的なポーズで登場です。「立体機動装置」も忠実に再現しています。

■B賞 エレン・イェーガーフィギュア(全1種)
「心臓を捧げよ!!」巨人を駆逐するという決意の表情で、敬礼している「エレン」が、初めて「一番くじ」で立体化です。

■C賞 ミカサ・アッカーマンフィギュア(全1種)
ヒロインの「ミカサ」が登場。コミックス4巻の表紙をイメージして立体化。マフラーを肩にかける瞬間を再現しています。

■D賞 複製原画(全1種)
今回のためだけに描きおろした作者・諫山創氏の直筆のサインプリントと仲間たちを信じて先に進むという、「エレン」の決意が込められた印象的なシーンの複製原画です。

■E賞 ものさし(全4種)
「エレン」、「ミカサ」、「リヴァイ」と、「超大型巨人」をデザインしたものさし。すべて集めて繋げると、「超大型巨人」が完成します。それぞれ1/100の大きさをデザインしていて、作中のスケール感を味わうことが出来ます。

■F賞 ロングタオル(全4種)
『進撃の巨人』の世界観をモチーフにデザインしたロングタオル。それぞれ、「超大型巨人」、「リヴァイのマント」、「エレンの名セリフと壁」、「第104期訓練兵団の戦闘シーン」をイメージしたデザインしています。

■G賞 クリアファイルセット(全4種)
クリアファイル2枚とクリッププレートのセット。メインキャラクターが勢揃いでピクニックをしている様子を描きおろしたクリアファイルもラインナップ。セリフや擬音でデザインされたクリッププレートは、「Figure+α(フィギュアルファ)」対応仕様で、H賞の台座に差し込むことができます。

■H賞 コレクトプレイフィギュア(全5種)
「エレン」、「ミカサ」、「リヴァイ」、そして巨人たちがコレクトプレイフィギュアで登場。「Figure+α(フィギュアルファ)」対応商品で、台座をつなげたり、エフェクトを付け替えて遊ぶことができます。

■ラストワン賞 ミカサ・アッカーマンフィギュア立体機動ver.(全1種)
C賞「ミカサ・アッカーマンフィギュア」に、忠実に再現された「立体機動装置」を装着したスペシャルバージョンのフィギュアです。最後のくじを引くとその場でもらえます

■ダブルチャンスキャンペーン リヴァイフィギュア立体機動スペシャルカラーver.
くじの半券から応募できるダブルチャンスキャンペーン。A賞の「リヴァイフィギュア」が、コミックスをイメージしたモノクロバージョンで登場です。100名様に当たります。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


「一番くじ 進撃の巨人~くじ奪還作戦~」は4月上旬より展開予定。価格は1回600円(税込)です。

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
《ひびき》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

    ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

  2. 【昨日のまとめ】待望の国内配信がスタートした『ポケモンGO』、お役立ち情報からサーバーダウンまで話題一色…(7/22)

    【昨日のまとめ】待望の国内配信がスタートした『ポケモンGO』、お役立ち情報からサーバーダウンまで話題一色…(7/22)

  3. 弓矢でサバゲー! レジャー施設「CROSPO」に導入された“セーフアーチェリー”、矢がスポンジ製の安心設計

    弓矢でサバゲー! レジャー施設「CROSPO」に導入された“セーフアーチェリー”、矢がスポンジ製の安心設計

  4. 劇場版「遊戯王」が4DX/MX4Dに!今秋上映決定

  5. 【昨日のまとめ】マクドナルドが『ポケモンGO』とコラボ、『ポケモン サン・ムーン』ばけのかわポケモン公開、『ポケモンGO』データ通信料1年間無料サービス…など(7/20)

  6. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  7. 「ディズィー」実戦的基本コンボをムービーで紹介 / ゲームをするしないは、小学生の学力に殆ど影響しない / 35年ぶりのアニメ化「タイガーマスクW」・・・編集部員も見るべきまとめ(7/22)

  8. 『アーマード・コア』ボードゲーム化プロジェクト始動!ジャンルはRTSで、ロボのカスタマイズも可能

  9. 『艦これ』デザインのハイレゾオーディオセットが登場、クラシックコンサートの楽曲も同梱

  10. 『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

アクセスランキングをもっと見る

page top