人生にゲームをプラスするメディア

「VRの熱は一時的なものじゃない」Microsoft、Xboxの新ボスがFries氏に異論。インディーズへの期待も

マイクロソフト Xbox One

複数の海外メディアが伝えるところによれば、新たにXbox部門のトップに就任したMicrosoftのPhil Spencer氏は、Twitter上でVRマーケットとID@Xboxプログラムに関するファンの質問に答えました。

VRマーケットについてはXbox共同設立者のEd Fries氏が、先日声明を出していました。その中で同氏は、「ハードコアゲーマーは新しい技術や体験を好む。そのためなら何だって進んで試すだろう」と特定のユーザー層での成功を見込む一方で、「しかし一般ユーザーは別だ。3Dメガネ対応テレビで家電業界がどれほど成功したのかを考えれば、一般ユーザーが今すぐ頭に新デバイスを巻きつけるとは到底思えない」と、同分野が必ずしも万人に受け入れられるものではないことを示唆しています。

この発言に関してTwitterでファンから意見を求められたSpencer氏は、「VRが一時的な流行だとは思っていない」と答えており、Fries氏とは正反対の見解を示しています。その上で現在話題の渦中にあるID@Xboxプログラムにも触れ、一旦波に乗ればIDゲームが安定して供給されるだろうと、インディーズ開発における同社への期待を促しています。






またID@Xboxプログラムに関して、MicrosoftはXboxのYouTube公式チャンネルから動画を配信しており、複数のデベロッパーが同プログラムのイニシアティブとインディーズ作品について語っています。
《河合 律子》

編集部おすすめの記事

マイクロソフト アクセスランキング

  1. 初代Xboxのコントローラーデザイン案が披露、ドリームキャストからの影響も?

    初代Xboxのコントローラーデザイン案が披露、ドリームキャストからの影響も?

  2. 【E3 2016】『マインクラフト』の新戦略が凄い!アドオン機能が本作の自由度を格段に高める

    【E3 2016】『マインクラフト』の新戦略が凄い!アドオン機能が本作の自由度を格段に高める

  3. 『メタルウルフカオス』海外パブリッシャーが復活を熱望、フロムへラブコール

    『メタルウルフカオス』海外パブリッシャーが復活を熱望、フロムへラブコール

  4. 【特集】なぜ今、Xbox Oneで新作STGをリリースするのか…『雷電V』開発者が語るSTGの過去と未来と変化について

  5. 『CHAOS;CHILD』原画集が発売決定!倫理上の問題で修正されていたイラストは無修正に

  6. マイクロソフト、自社タイトルを「Steam」でリリースへ…フィル・スペンサー語る

  7. 組み合わせは800万通り以上!Xbox Oneコントローラー制作サービス海外で登場

  8. 【E3 2015】Xbox Oneを買うなら今!下位互換性、ホロレンズ、重点ソフトなどポイントが目白押しのメディアブリーフィング

  9. 【RETRO51】 音声認識に夢見た未来のゲーム『N.U.D.E.@ Natural Ultimate Digital Experiment』

  10. プラチナゲームズ神谷英樹新作『スケイルバウンド』4人協力プレイ映像公開、Windows 10でもリリース決定

アクセスランキングをもっと見る

page top