人生にゲームをプラスするメディア

「ナムコ」レーベルとは今日でお別れ!トリビュート動画が懐かし過ぎる

その他 全般

バンダイナムコゲームスは、2006年のバンダイとナムコの合併以来用いてきた「バンダイ」「ナムコ」「バンプレスト」の3つのレーベルを廃止し、4月1日以降に発売するタイトルを「バンダイナムコゲームス」に統一します。

これは企業ブランドの向上を目的にしたものだということですが、1971年から30年間以上に渡って日本のゲーム業界で大きな存在感を放ってきた「ナムコ」ブランドがゲームに冠されなくなるということで残念に思うゲームファンも多いようです。

YouTubeではゲームのオープニングなどで使われてきた様々な「ナムコ」のロゴのトリビュート動画がユーザーの手によって作成され、公開されていました。懐かし過ぎる映像の数々、皆さんはどんなゲームに思い出をお持ちでしょうか?

《土本学》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』アップデート実施、「ニンテンドースイッチ」ラインナップ映像公開、『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」実装…など(1/18)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』アップデート実施、「ニンテンドースイッチ」ラインナップ映像公開、『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」実装…など(1/18)

  2. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

    ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  3. “MX4D”版「ルパン三世 カリオストロの城」が1月20日より期間限定上映! 劇場で究極バージョンを体感せよ

    “MX4D”版「ルパン三世 カリオストロの城」が1月20日より期間限定上映! 劇場で究極バージョンを体感せよ

  4. 『世界樹の迷宮』10周年! 日向悠二が記念イラストをお披露目

  5. 【インタビュー】「最も評価の割れたサバイバルホラーゲーム」を生み出したSWERYが独立、今後の活動や『D4』はどうなるのか

  6. 【週刊インサイド】狂気のホラー『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラーに興味津々…手のひらサイズの「ファミコン」やD3P新作に迫るインタビューも話題に

  7. 【特集】自販機でジュースを買い、『鉄拳7』をさらに極める方法とは?

  8. 『Scalebound』開発中止は「難しい決断だった」―フィル・スペンサーが告白

  9. 【昨日のまとめ】狂気のホラー『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラー、「ゾイド」新プロジェクトのティザーサイト、『Fate/Grand Order』「マシュ」のCV変更…など(9/26)

  10. 話題の狂気ゲーム『Year Of The Ladybug』ってどんなゲームなの?主人公はインテリアデザイナー

アクセスランキングをもっと見る