人生にゲームをプラスするメディア

「3大パズル系スマホゲーム」に関する調査結果を発表、一番面白いゲームとは

モバイル・スマートフォン iPhone

「3大パズル系スマホゲーム」に関する調査結果を発表、一番面白いゲームとは
  • 「3大パズル系スマホゲーム」に関する調査結果を発表、一番面白いゲームとは
ジャストシステムが、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用し『パズル&ドラゴンズ』『LINE POP』『キャンディクラッシュ』の3タイトルについて「3大パズル系スマホゲームに関する調査」を実施しました。

この調査は、「Fastask」のモニターのうち『パズル&ドラゴンズ』『LINE POP』『キャンディクラッシュ』の全てをプレイしたことのある10~30代の男女165名に対し各種質問を行ったもの。

まず、3大パズル系スマホゲームの中で“最も面白い”と思うゲームを聞いたところ、53.3%が『パズル&ドラゴンズ』、24.8%が『キャンディクラッシュ』、21.8%が『LINE POP』と回答し、過半数が『パズル&ドラゴンズ』が最も面白いと感じていることが分かりました。一方、複数選択可で面白いと思う3大パズル系スマホゲームをたずねたところ、1位に選ばれたのは、10代では『キャンディクラッシュ』(58.3%)、20代では『LINE POP』(78.9%)、30代では『パズル&ドラゴンズ』『LINE POP』(ともに、84.6%)という結果に。

3大パズル系スマホゲームの中で「デザインがよい」と思うゲームについての質問(複数回答可)では、『キャンディクラッシュ』との回答が68.5%と最も多く、次いで『パズル&ドラゴンズ』(61.2%)、『LINE POP』(57.0%)となりました。

なお、3大パズル系スマホゲームに限らず現在プレイしているスマートフォン向けゲームの数についての質問では、「10個以上」との回答が24.8%と最も多く、次いで「3個」(18.8%)、5個(15.2%)という結果となり、多くタイトルを並行してプレイしているライフスタイルがうかがえました。

課金に対する質問では、30.9%が「一切課金はしていない」と答え、課金経験のあるユーザーでも1ヶ月あたりの平均課金額として最も多かった金額は「1円~500円未満」(16.4%)と少額で、次いで「500円~1,000円未満」(11.5%)という結果だったが、その一方で「5,000円以上使用する」と回答したユーザーも10.3%いました。

ジャストシステムではこれらの集計データをまとめた全18ページの調査結果レポートを「Fastask」の実例レポートページにて公開しています。
《籠谷千穂》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』ドイツの小さな橋に人が殺到し問題に…市当局の取った対応とは

    『ポケモンGO』ドイツの小さな橋に人が殺到し問題に…市当局の取った対応とは

  2. 『Fate/Grand Order』聖晶石召喚の消費数が“ずっと”3個に、サーヴァント所持枠も初期300へ…1周年イベントで実施

    『Fate/Grand Order』聖晶石召喚の消費数が“ずっと”3個に、サーヴァント所持枠も初期300へ…1周年イベントで実施

  3. 『ポケモンGO』最初に選んだポケモンは? もっとも課金しているアイテムは? アンケート募集中!

    『ポケモンGO』最初に選んだポケモンは? もっとも課金しているアイテムは? アンケート募集中!

  4. comicoのマンガ・ノベルコンテスト「セブンナイツCUP」授賞式が開催!大賞は誰の手に?

  5. 世田谷公園で『ポケモンGO』によるトラブルが多発…区が「事態の改善」を配信会社に要請

  6. 『ウチ姫』目のやり場に困る“アスタロット 抱き枕カバー”登場! 人気キャラを対象とした各種グッズも発表

  7. 【ネタバレ注意】『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベルに到達…Bot利用のデータ確認目的で

  8. 【レポート】『オルタナティブガールズ』は3Dバトルあり、サスペンスあり、VRありの美少女RPGだった

  9. 『夢色キャスト』×『アイ★チュウ』コラボ決定!それぞれのアプリでコラボストーリー展開

  10. 『ダービーオーナーズクラブ』4周年記念キャンペーン開催!新レアリティを実装

アクセスランキングをもっと見る

page top