人生にゲームをプラスするメディア

Unityを使った50本以上のWii U向けタイトルが準備中 ― 米国任天堂幹部が語る

任天堂 Wii U

任天堂ブースではUnity for Wii Uで作られたタイトルが展示
  • 任天堂ブースではUnity for Wii Uで作られたタイトルが展示
  • 任天堂ウェブフレームワークのデモ
Unityを使って開発された50以上のタイトルが今後Wii U向けにリリースされる予定であることが、米国任天堂幹部の発言で明らかになりました。

これは米国任天堂のDamon Baker氏が、先週開催された「GDC 2014」の会場にて行われた海外サイトSiliconeraとのインタビューの中で語ったものです。

Baker氏によると、すでにUnityエンジンを利用した17本のインディータイトルがデベロッパーから提出されており、それらは2ヶ月以内にリリースされる予定だということです。そして、その後も50本ものタイトルが控えているとコメントしています。

Unityで開発されたWii U向けインディータイトルが増化した大きな理由は、任天堂が「Unity for Wii U」をWii U開発者に対し無償で提供しているからだと思われます。また、「GDC 2014」では、その中のいくつかがプレイアブル出展されていました。

任天堂はUnityに加え、Nintendo Web Frameworkも提供しており、今後は海外を中心にさらなるインディータイトルの充実が期待されています。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『デモンゲイズ2』『FIFA 17』『デッドアイランド:ディフィニティブコレクション』他

    今週発売の新作ゲーム『デモンゲイズ2』『FIFA 17』『デッドアイランド:ディフィニティブコレクション』他

  2. 『ポケモン サン・ムーン』「ヤレユータン」はポケモンなのにモンスターボールを使うことも!?新ポケモン情報が公開

    『ポケモン サン・ムーン』「ヤレユータン」はポケモンなのにモンスターボールを使うことも!?新ポケモン情報が公開

  3. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

    『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

  4. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  5. 『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

  6. 【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

  7. 『ポケモン サン・ムーン』この美しい「ウルトラビースト」には見覚えが…!?新たな2体のウルトラビーストが公開

  8. 『ポケモンバンク』2017年1月より『サン・ムーン』に対応!図鑑機能も追加

  9. 『ポケモン サン・ムーン』新情報が10月4日22時ごろに発表

  10. 『ポケモン サン・ムーン』新システム「ポケリフレ」でポケモンたちとより仲良く!服の染色もできる着せ替え要素も公開

アクセスランキングをもっと見る

page top