人生にゲームをプラスするメディア

応募総数1118通から選ばれた『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』の略称が斜め上な結果に

ソニー PS3

驚きの略称に決定
  • 驚きの略称に決定
  • 公式に認定されました、『はんもっく』
日本一ソフトウェアは、PS3ソフト『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』の略称募集のキャンペーン結果を発表しました。

本作の内容や切り口を簡潔に紹介しようとすれば、タイトルをそのまま口にするのが一番早いという『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』は、文字通りのハーレム的な展開が楽しめる前半と、とある事件をきっかけにして、フリなどではない本当のヤンデレ地獄が訪れる後半パートで構成される、刺激的なADVゲームです。

その落差の大きさや、可愛かったヒロインたちがなぜヤンデれてしまうのか、その理由の一端などがこれまで明かされてきました。また、ヒロインたちを担当した声優陣による動画ラジオなどでも、本作の魅力が語られており、このタイトルに興味を抱くユーザーの数は日に日に増えるばかりです。

加えて、本作の知名度を更に押し広げるべく、印象に残る略称を幅広く募集していましたが、このたびその結果が明かされ、公式に認められた略称が発表となりました。応募総数1,118通の頂点に輝いた略称は、『はんもっく』です。

ーれむてごくだとおもったらやんでれじごだった」というワードをチョイスして生まれたこの略称。多数の応募から選考するのは大変だったらしく、最終的には声優さん方が言いやすい略称になったのは「ナイショ」とのことなので、ここをご覧の方々も、引き続き内緒という線でよろしくお願いします。

なお、気になる賞品に関してですが、血みどろではない「○○○」が送られるとのことです。この略称を応募した方は、楽しみにお待ちください。「○○○」が気になる方は、動画ラジオ3回目をチェックしましょう。意外なゲストも登場(?)していますよ。(URL:http://www.nicovideo.jp/watch/1395284178

ゲーム内容だけでなく、略称までユニークな『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』もとい『はんもっく』、その発売はいよいよ来月です。なお、店頭での予約などの際に『はんもっく』と店員さんに告げるのは、自己責任でお願いします。

『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』は、2014年4月24日発売予定。価格は、パッケージ版が7,344円(税込)、ダウンロード版が 6,171円(税込)です。

(C)2014 Nippon Ichi Software, Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『ストリートファイターV』M・バイソン参戦海外向けトレイラー公開!ジュリ&ユリアンの姿も

    『ストリートファイターV』M・バイソン参戦海外向けトレイラー公開!ジュリ&ユリアンの姿も

  2. 『アイマス プラチナスターズ』キャラPV第5弾“水瀬伊織”登場、「七彩ボタン」で笑顔が弾ける

    『アイマス プラチナスターズ』キャラPV第5弾“水瀬伊織”登場、「七彩ボタン」で笑顔が弾ける

  3. 『フィリスのアトリエ』発売日決定

    『フィリスのアトリエ』発売日決定

  4. コースターに乗って恐怖のお化け屋敷を突き進む『Until Dawn: Rush of Blood』プレイレポ

  5. 『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』ゴシックな“失敗型”人形兵が登場! 戦闘や合成に関する新要素も明らかに

  6. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  7. 『ソードアート・オンライン ―ホロウ・リアリゼーション―』ストレアとフィリア参戦!プレイヤー4人+NPC4キャラで楽しめるオンラインマルチプレイも

  8. 『アイマス プラチナスターズ』キャラPV第4弾は「天海春香」!新曲のライブステージをチェック

  9. 『仁王』忍者“半蔵”や恐るべき妖怪など、E3最新情報が到着! 大量の画像もお届け

  10. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

アクセスランキングをもっと見る

page top