人生にゲームをプラスするメディア

応募総数1118通から選ばれた『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』の略称が斜め上な結果に

ソニー PS3

驚きの略称に決定
  • 驚きの略称に決定
  • 公式に認定されました、『はんもっく』
日本一ソフトウェアは、PS3ソフト『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』の略称募集のキャンペーン結果を発表しました。

本作の内容や切り口を簡潔に紹介しようとすれば、タイトルをそのまま口にするのが一番早いという『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』は、文字通りのハーレム的な展開が楽しめる前半と、とある事件をきっかけにして、フリなどではない本当のヤンデレ地獄が訪れる後半パートで構成される、刺激的なADVゲームです。

その落差の大きさや、可愛かったヒロインたちがなぜヤンデれてしまうのか、その理由の一端などがこれまで明かされてきました。また、ヒロインたちを担当した声優陣による動画ラジオなどでも、本作の魅力が語られており、このタイトルに興味を抱くユーザーの数は日に日に増えるばかりです。

加えて、本作の知名度を更に押し広げるべく、印象に残る略称を幅広く募集していましたが、このたびその結果が明かされ、公式に認められた略称が発表となりました。応募総数1,118通の頂点に輝いた略称は、『はんもっく』です。

ーれむてごくだとおもったらやんでれじごだった」というワードをチョイスして生まれたこの略称。多数の応募から選考するのは大変だったらしく、最終的には声優さん方が言いやすい略称になったのは「ナイショ」とのことなので、ここをご覧の方々も、引き続き内緒という線でよろしくお願いします。

なお、気になる賞品に関してですが、血みどろではない「○○○」が送られるとのことです。この略称を応募した方は、楽しみにお待ちください。「○○○」が気になる方は、動画ラジオ3回目をチェックしましょう。意外なゲストも登場(?)していますよ。(URL:http://www.nicovideo.jp/watch/1395284178

ゲーム内容だけでなく、略称までユニークな『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』もとい『はんもっく』、その発売はいよいよ来月です。なお、店頭での予約などの際に『はんもっく』と店員さんに告げるのは、自己責任でお願いします。

『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』は、2014年4月24日発売予定。価格は、パッケージ版が7,344円(税込)、ダウンロード版が 6,171円(税込)です。

(C)2014 Nippon Ichi Software, Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【レポート】落命の先に待つ達成感…『仁王』には“死にゲー”としての魅力がしっかりとある

    【レポート】落命の先に待つ達成感…『仁王』には“死にゲー”としての魅力がしっかりとある

  2. 「ニーア オートマタ meets amazarashi」制作の音楽アルバム「命にふさわしい」の詳細が公開

    「ニーア オートマタ meets amazarashi」制作の音楽アルバム「命にふさわしい」の詳細が公開

  3. 『GRAVITY DAZE 2』重力姫キトゥン、ソフマップに降臨!?量販店モチーフの無料DLC配信中

    『GRAVITY DAZE 2』重力姫キトゥン、ソフマップに降臨!?量販店モチーフの無料DLC配信中

  4. 『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」を実装、モグチョコカーニバルを開催

  5. 『バイオハザード7』序盤ストーリーダイジェスト公開―無料DLC「Not A Hero」の情報も

  6. 『仁王』48時間限定で「最終体験版」を配信! 製品版に先駆け“戦国死にゲー”を味わおう

  7. 『ニューダンガンロンパV3』機能向上パッチが配信―PS Vita版のキャラボイスの音質が向上!

  8. 【PS4 DL販売ランキング】『KINGDOM HEARTS HD 2.8』首位、『ニューダンガンロンパV3』3位ランクイン(1/18)

  9. 『バイオハザード7』特別番組が1月25日に放送―発売直前ならではの秘話も飛び出す…?

  10. 『BioShock』スタッフらの新作ホラー『Perception』海外PS4向けに発売決定

アクセスランキングをもっと見る