人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2014】今年のゲームオブザイヤーに輝いたのは、情報公開に積極的なあの企業の作品

その他 全般

【GDC 2014】今年のゲームオブザイヤーに輝いたのは、情報公開に積極的なあの企業の作品
  • 【GDC 2014】今年のゲームオブザイヤーに輝いたのは、情報公開に積極的なあの企業の作品
  • 【GDC 2014】今年のゲームオブザイヤーに輝いたのは、情報公開に積極的なあの企業の作品
  • 【GDC 2014】今年のゲームオブザイヤーに輝いたのは、情報公開に積極的なあの企業の作品
  • 【GDC 2014】今年のゲームオブザイヤーに輝いたのは、情報公開に積極的なあの企業の作品
  • 【GDC 2014】今年のゲームオブザイヤーに輝いたのは、情報公開に積極的なあの企業の作品
  • 【GDC 2014】今年のゲームオブザイヤーに輝いたのは、情報公開に積極的なあの企業の作品
  • 【GDC 2014】今年のゲームオブザイヤーに輝いたのは、情報公開に積極的なあの企業の作品
  • 【GDC 2014】今年のゲームオブザイヤーに輝いたのは、情報公開に積極的なあの企業の作品
GDC2014で3月19日、ゲームのアカデミー賞とされる「ゲーム・デベロッパーズ・チョイス・アワード(GDCA)」の第14会授賞式が開催され、PS3用ソフト『The Last Of Us』が大賞(ゲーム・オブ・ザ・イヤー)を含む3冠に輝きました。

また国産ゲームとしては6年ぶりに『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』がハンドヘルド・モバイルゲーム部門で部門賞を受賞しました。ちなみに前回の受賞も同じゼルダシリーズで『夢幻の砂時計』(2008年)となります。

一方で併催のインディペンデントゲームフェスティバル&アワード」(IGF)では、共産主義国アルストツカの入国管理官として密輸業者やスパイ、テロリストなどを見極めていく『Papers, Please』が、大賞を含む3冠に輝きました。なお本作はGDCAでもイノベーション部門、ダウンロードゲーム部門を受賞しており、双方で5冠を達成したことになります。

また生涯功労賞には「プレイステーションの父」とされる久夛良木健氏が輝きました。中裕司氏、横井軍平氏(故人)、宮本茂氏、小島秀夫氏に続く5人目の受賞となります。授賞式ではクションゲーム『クラッシュ・バンディクー』などの開発で知られ、プレイステーション4の開発ではリードアーキテクトも担当した、ゲームクリエイターのマーク・サーニー氏がプレゼンターを務めました。

サーニー氏は久夛良木氏の紹介で「自分が『クラッシュバンディクー』などを開発し、生涯功労賞を得て、今ここに立っていられるのも、素晴らしいハードを作ってくれた人のおかげ」とコメント。これに対して久夛良木氏も「3Dゲーム機を作っても、おもしろい3Dゲームを作ってくれる人がどれだけいるか、不安だった」と授賞式で挨拶し、はからずも初代PSでハードとソフトの両立役者が壇上に揃うという、粋な計らいとなりました。

また久夛良木氏からバトンを受けて、PS4のリード・アーキテクトを務めたサーニー氏がプレゼンターを務めるという、過去と未来が交錯する授賞式ともなりました(他に故人を偲ぶコーナーも新設され、元任天堂社長の山内溥氏の写真などもスライドで紹介されました)。優れたアワードは年数を経て受賞者に時間軸の深みを与えるものですが、まさにGDCAも14回目の開催を迎えて、そうした過去と未来をつなぐアワードに成長してきたと言えるでしょう。

各受賞作品は下記の通りです(人名の敬称略)

【GDCA】
ゲームオブザイヤー・ナラティブ・ゲームデザイン:The Last Of Us
ビジュアルアート・オーディオ:バイオショック インフィニット
テクノロジー:グランド・セフト・オートV
ハンドヘルド・モバイルゲーム:ゼルダの伝説 神々のトライフォース2
ダウンロード・イノベーション:Papers, Please
ベストデビュー:The Fullbright Company」(Gone Home)
オーディエンス:Kerbal Space Program
パイオニア賞 Brandon Beck & Marc Merrill
アンバサダー賞 Anita Sarkeesian
生涯功労賞 久夛良木健

【IGF】
大賞・ゲームデザイン・:Papers, Please
学生部門:Risk of Rain
ヌエボ:Luxuria Superbia
ビジュアルアート:Gorogoa
オーディオ:DEVICE 6

GDCAは全世界のゲーム開発者の人気投票という側面を持つため、昨年『風ノ旅ビト』が史上初の6冠を達成するなど、何か勢いが付くと、どどっと特定のタイトルに賞が集中する傾向にあります。しかし、今年はPS4・Xbox ONEが出た直後。本命不在とされる中で、受賞作が比較的ばらけることとなりました。また古くは『Portal』シリーズや『マインクラフト』など、インディゲーム(すなわちIGF受賞作)の存在感が増す中で、コンソールのAAAゲームが存在感を回復させました。

ちなみに『The Last Of Us』の開発スタジオであるノーティドッグは、過去に『アンチャーテッド 黄金党と消えた船団』で2007年のゲームオブザイヤーを受賞しています。同社はまた情報公開に積極的な社風で知られ、GDCでも毎年一社でいくつものセッションが開催されるほどです。つまり、こうした風通しの良い社風にひかれて優秀な人材が集まり、結果的に競争力が高まっている・・・そんな風にも読み解けます。真偽のほどは定かではありませんが、ぜひさらなる活躍を期待したいところです。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 「ゾイド」新プロジェクトのティザーサイトが公開、デザインはアニマリアルが担当

    「ゾイド」新プロジェクトのティザーサイトが公開、デザインはアニマリアルが担当

  2. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

    【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  3. OVA「蒼き雷霆 ガンヴォルト」最新映像公開、アニメでも敵を貫く!

    OVA「蒼き雷霆 ガンヴォルト」最新映像公開、アニメでも敵を貫く!

  4. “抜刀”し“発光”せよ! 『刀剣乱舞』の刀型ペンライトが登場…本日より受注スタート

  5. 「ポケモン」「妖怪ウォッチ」をデコるクリスマスケーキが登場! 妖怪メデタイメダルやモンスターボール型ルーレットなど付属

  6. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

  7. 話題の狂気ゲーム『Year Of The Ladybug』ってどんなゲームなの?主人公はインテリアデザイナー

  8. 【週刊インサイド】「PlayStation VR」最後の予約チャンスに関心高まる…『ポケモン サン・ムーン』モンスターボールを使うポケモンも気になる存在

  9. 【総力特集】『FPSゲームのお約束』

  10. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

アクセスランキングをもっと見る

page top