人生にゲームをプラスするメディア

東京駅一番街に期間限定オープンした「妖怪ウォッチ 発見!妖怪タウン」、開催から2日で営業休止に

その他 全般

限定データカードダス:ジバニャン
  • 限定データカードダス:ジバニャン
  • 公式サイトショット
ナムコとバンダイが共同で企画したキャラクターイベントショップ「妖怪ウォッチ 発見!妖怪タウン」が、3月14日に東京駅一番街にて期間限定でオープンしましたが、3月16日以降休業すると発表しました。

人気アニメ「妖怪ウォッチ」をテーマにしたナムコキャラポップストア「妖怪ウォッチ 発見!妖怪タウン」。ここでしか遊べないアトラクションや、はずれくじなしの「妖怪ルーレットバトル」など、妖怪タウンだけの遊びが多彩に用意されており、オープン前から大きな注目を浴びていました。

しかしその人気ぶりは予想を大きく上回ってしまい、店内のアイテムに品切れが連発。その結果、3月16日以降の営業を休止する案内が公式サイトにて発表されました。

◆3月16日(日)以降の休業につきまして


予想を超えるお客様にご来店いただき、十分な商品をご提供することが困難となっており、また、お客様に楽しいお買いもの体験をご提供できない現状からやむを得ず、3月16日(日)以降の営業を休止とさせていただきます。

営業再開に関しましては改めまして、当ホームページおよび店頭でご案内させていただきます。

お客様には多大なご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


本来の予定であれば、2014年3月14日から5月11日まで開催を予定していた「妖怪ウォッチ 発見!妖怪タウン」ですが、現時点で営業再開の目途は立っていません。人気の高さが営業停止を招く皮肉な形となりましたが、楽しみにしているファンにとっては残念なこのたびの告知。一日でも早い再開を心待ちにするばかりです。

(C)L5/YWP・TX
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  3. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

    【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  4. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  5. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  6. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  7. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  8. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  9. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  10. 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目

アクセスランキングをもっと見る