人生にゲームをプラスするメディア

『蒼き雷霆 ガンヴォルト』ファーストインプレッション ― ジャンプとタイミングは重要性は健全

任天堂 3DS

ダッシュ
  • ダッシュ
  • ジャンプ
  • ショット
  • ロックオン
  • 雷撃鱗
  • ロックオン雷撃攻撃
  • 中ボス
  • 『蒼き雷霆 ガンヴォルト』ファーストインプレッション ― ジャンプとタイミングは重要性は健全
『ロックマンゼロ』や『ギャルがん』を手がけたインティ・クリエイツと、comceptの代表である稲船敬二氏による2Dアクションゲーム『蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト』をBitSummit2014でプレイしてきました。

◆蒼き雷霆 ガンヴォルト』最大の特徴

『蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト』は、カプコン在籍時代に『ロックマンX2』や『ロックマン7』を開発した津田祥寿氏が温めていたもので、テーマは「ハイスピード、ハイテンション、そしてライトノベルのような世界観」。その最大の特徴は、「ショット」と「雷撃鱗」を組み合わせた攻撃です。

「ショット」は、威力こそ微弱でずか、避雷針のような役割をもっており、ヒットさせた敵にダメージを与えると同時にロックオン状態にする効果を持っています。ロックオンは最大三段階目まで高めることが可能で、ガンヴォルトの能力である「雷撃鱗」を使用すると、威力の高い雷撃がロックオン中の敵に誘導して攻撃(ロックオン雷撃攻撃)します。もちろん「雷撃鱗」単体でも攻撃は可能ですが、「ショット」同様に威力が低いため、いかに敵をロックオンし、「ロックオン雷撃攻撃」でサクっと敵を倒すかが鍵となりそうです。

そして、この「雷撃鱗」がかなり高性能で、攻撃のほかにもバリアとしての利用や、空中をホバリング、ステージギミックの動作など様々なことが「雷撃鱗」を使用するだけで行えます。ただし、「雷撃鱗」の使用には専用のゲージを消費しますので、使いすぎには注意。ヤバイと思ったら、即座にチャージするのが無難なのですが、このチャージというワンクッションがアクションのメリハリを付けていて、一連の動作が非常に気持ち良かったです。

◆難易度とやりこみ要素

筆者がプレイしたのはシュートリアルのミッションでしたが、「ライトノベルのような世界観」とテーマにあるように、今風で入りやすく、操作性とシステムが意外とシンプルなため、誰でもクリア出来るようにゲーム全体の難易度は低めに設定されている印象を受けました。



とはいえ、ボタンを押した長さで飛距離が変わるジャンプと、それをするタイミングが重要なゲーム性は健在であり、やりこみ要素も搭載されています。特に、攻撃を受けずに連続して敵を倒すと、取得スコアの倍率が変動し、ある一定を超えると本作のメインテーマソングが流れる演出入りますので、緊張感と爽快感を同時に味わうことが出来ます。その際に加算されたスコアはミッションクリア時に、クリア時間といったいくつかの要素の総評でランクが選出され、主人公を強化できるアイテムを入手することができます。またプレイ面でも、走りながら「ショット」を撃ち、ほぼノンストップで敵を粉砕していくプレイも可能です。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

この様に、昔ながら基本的なアクションに「雷撃鱗」と「ライトノベルのような世界観」が合わさった『蒼き雷霆 ガンヴォルト』は、アクションが苦手な方でも得意な方でも楽しめるアクションゲームとなりそうです。

『蒼き雷霆ガンヴォルト』は、3DSに2014年夏配信予定です。

(C) INTI CREATES CO., LTD. 2014 ALL RIGHTS RESERVED.
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモン サン・ムーン』最速攻略本+完全攻略ガイド発売決定!ポケモンの生まれながらの能力を最大まで上げる「きんのおうかん」付属

    『ポケモン サン・ムーン』最速攻略本+完全攻略ガイド発売決定!ポケモンの生まれながらの能力を最大まで上げる「きんのおうかん」付属

  2. 【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

    【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

  3. 【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

    【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

  4. 『MHF』が『Z』へ! 11月9日に大型アップデート、PS4版は11月22日に幕開け…全武器種に“抜刀ダッシュ”、防具の見た目が変更可能に

  5. 『ポケモン サン・ムーン』またもや恐怖のポケモンが登場…怨念が砂に宿り人の生気を吸う「スナバァ」とは

  6. 『ポケモン サン・ムーン』新ポケモン「マケンカニ」登場!強力パンチで「てっぺん」を目指す

  7. 『ポケモン サン・ムーン』ばけのかわポケモン「ミミッキュ」公開…布に隠された中身を見た者は「謎の病」を患い苦しむ

  8. 『幻影異聞録#FE』プロデューサー「終わらせちゃいけないなと思いました」

  9. 『ファイアーエムブレム 覚醒』1/7スケールフィギュア「サーリャ」、12月発売決定

  10. 未発売のHDリマスター版『ゴールデンアイ 007』プレイ映像が出現

アクセスランキングをもっと見る

page top