人生にゲームをプラスするメディア

『蒼き雷霆 ガンヴォルト』ファーストインプレッション ― ジャンプとタイミングは重要性は健全

任天堂 3DS

ダッシュ
  • ダッシュ
  • ジャンプ
  • ショット
  • ロックオン
  • 雷撃鱗
  • ロックオン雷撃攻撃
  • 中ボス
  • 『蒼き雷霆 ガンヴォルト』ファーストインプレッション ― ジャンプとタイミングは重要性は健全
『ロックマンゼロ』や『ギャルがん』を手がけたインティ・クリエイツと、comceptの代表である稲船敬二氏による2Dアクションゲーム『蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト』をBitSummit2014でプレイしてきました。

◆蒼き雷霆 ガンヴォルト』最大の特徴

『蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト』は、カプコン在籍時代に『ロックマンX2』や『ロックマン7』を開発した津田祥寿氏が温めていたもので、テーマは「ハイスピード、ハイテンション、そしてライトノベルのような世界観」。その最大の特徴は、「ショット」と「雷撃鱗」を組み合わせた攻撃です。

「ショット」は、威力こそ微弱でずか、避雷針のような役割をもっており、ヒットさせた敵にダメージを与えると同時にロックオン状態にする効果を持っています。ロックオンは最大三段階目まで高めることが可能で、ガンヴォルトの能力である「雷撃鱗」を使用すると、威力の高い雷撃がロックオン中の敵に誘導して攻撃(ロックオン雷撃攻撃)します。もちろん「雷撃鱗」単体でも攻撃は可能ですが、「ショット」同様に威力が低いため、いかに敵をロックオンし、「ロックオン雷撃攻撃」でサクっと敵を倒すかが鍵となりそうです。

そして、この「雷撃鱗」がかなり高性能で、攻撃のほかにもバリアとしての利用や、空中をホバリング、ステージギミックの動作など様々なことが「雷撃鱗」を使用するだけで行えます。ただし、「雷撃鱗」の使用には専用のゲージを消費しますので、使いすぎには注意。ヤバイと思ったら、即座にチャージするのが無難なのですが、このチャージというワンクッションがアクションのメリハリを付けていて、一連の動作が非常に気持ち良かったです。

◆難易度とやりこみ要素

筆者がプレイしたのはシュートリアルのミッションでしたが、「ライトノベルのような世界観」とテーマにあるように、今風で入りやすく、操作性とシステムが意外とシンプルなため、誰でもクリア出来るようにゲーム全体の難易度は低めに設定されている印象を受けました。



とはいえ、ボタンを押した長さで飛距離が変わるジャンプと、それをするタイミングが重要なゲーム性は健在であり、やりこみ要素も搭載されています。特に、攻撃を受けずに連続して敵を倒すと、取得スコアの倍率が変動し、ある一定を超えると本作のメインテーマソングが流れる演出入りますので、緊張感と爽快感を同時に味わうことが出来ます。その際に加算されたスコアはミッションクリア時に、クリア時間といったいくつかの要素の総評でランクが選出され、主人公を強化できるアイテムを入手することができます。またプレイ面でも、走りながら「ショット」を撃ち、ほぼノンストップで敵を粉砕していくプレイも可能です。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

この様に、昔ながら基本的なアクションに「雷撃鱗」と「ライトノベルのような世界観」が合わさった『蒼き雷霆 ガンヴォルト』は、アクションが苦手な方でも得意な方でも楽しめるアクションゲームとなりそうです。

『蒼き雷霆ガンヴォルト』は、3DSに2014年夏配信予定です。

(C) INTI CREATES CO., LTD. 2014 ALL RIGHTS RESERVED.
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモン ダイヤモンド・パール』は今日で10周年!ゲームフリークの大森滋が記念イラストを公開

    『ポケモン ダイヤモンド・パール』は今日で10周年!ゲームフリークの大森滋が記念イラストを公開

  2. 『ペーパーマリオ カラースプラッシュ』TVCM公開―撮影の裏側が見えるNGシーンも…

    『ペーパーマリオ カラースプラッシュ』TVCM公開―撮影の裏側が見えるNGシーンも…

  3. 「ビットキャッシュ」ニンテンドープリペイド番号の取扱いを開始、6種類の価格で購入可能

    「ビットキャッシュ」ニンテンドープリペイド番号の取扱いを開始、6種類の価格で購入可能

  4. 【レポート】『モンハン ストーリーズ』メディア対抗戦は超白熱!果たしてインサイドの順位は…?

  5. 『スプラトゥーン』立体パズルが11月末発売決定―全部組み立てなイカ?

  6. 『ポケモン サン・ムーン』この美しい「ウルトラビースト」には見覚えが…!?新たな2体のウルトラビーストが公開

  7. 『ポケモン サン・ムーン』「ヤレユータン」はポケモンなのにモンスターボールを使うことも!?新ポケモン情報が公開

  8. 今回の「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」は2本立て! クリゴハン爆誕『DBフュージョンズ』や発売近づく『MHストーリーズ』に迫る…『ペーパーマリオ』SPも

  9. 【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

  10. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

アクセスランキングをもっと見る

page top