人生にゲームをプラスするメディア

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』戦車を切り替えるザッピングシステムで、戦場はあなたの思うがまま

ソニー PSV

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』戦車を切り替えるザッピングシステムで、戦場はあなたの思うがまま
  • 『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』戦車を切り替えるザッピングシステムで、戦場はあなたの思うがまま
  • 『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』戦車を切り替えるザッピングシステムで、戦場はあなたの思うがまま
  • 『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』戦車を切り替えるザッピングシステムで、戦場はあなたの思うがまま
  • 『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』戦車を切り替えるザッピングシステムで、戦場はあなたの思うがまま
  • 『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』戦車を切り替えるザッピングシステムで、戦場はあなたの思うがまま
  • 『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』戦車を切り替えるザッピングシステムで、戦場はあなたの思うがまま
  • 『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』戦車を切り替えるザッピングシステムで、戦場はあなたの思うがまま
  • 『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』戦車を切り替えるザッピングシステムで、戦場はあなたの思うがまま
バンダイナムコゲームスは、PS Vitaソフト『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』の最新情報を公開しました。

大人気アニメ「ガールズ&パンツァー」を原作とし、ゲームの世界でも彼女たちの活躍が描かれる『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』は、あの熱い戦車戦を3Dで表現。原作に登場した戦車はもちろんのこと、数々の名勝負が生まれた多彩なロケーションも再現されており、原作の追体験を味わいながら手応えたっぷりの戦車戦を堪能できる一作です。

しかも本作で操作できる戦車は、一輌に限りません。戦闘中に操作する戦車を切り替えられる「リアルタイムザッピングシステム」により、操作する車輌を簡単操作で変更可能。自由に視点を切り替えて行うあなたの戦術で、戦局を大きく左右することができるため、ゲームユーザーの心をくすぐるシステムと言えるでしょう。

しかも戦況次第では、アニメで描かれなかった戦車内の会話が聞けることもあるので、原作ファンにとっても見逃せないポイントと言えます。登場キャラクターたちの危機や窮地を、あなたの腕と戦略でぜひ打破してください。

ストーリーモードの全国大会1回戦の相手は、強豪で知られる「サンダース大学付属高校」。いきなり手強い相手と当たることとなりますが、リアルタイムザッピングシステムを使いこなし、ピンチを乗り越えミッションをクリアしてストーリーを進めていきましょう。そして原作再現には欠かせない戦車モデルも、鋭意制作進行中。今回は新たに、1回戦で戦う「サンダース大学付属高校」が駆る「M4シャーマン」「M4A1シャーマン」「シャーマン・ファイアフライ」の3Dモデルが公開されています。戦場で対峙する日が待ち遠しいばかりですね。

そしてさらに、限定版用のキービジュアルも合わせて発表されました。「ライバルは宝物BOX」の名にふさわしく、大洗女子学園とライバル高校のメンバーが対になったビジュアルとなっているので、こちらのチェックもどうぞお忘れなく。

『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』は、2014年6月26日発売予定。価格は、通常版が6,640円(税抜) 、限定版が9,980円(税抜)です。

(C)GIRLS und PANZER Projekt (C)2014 NBGI
※画面は開発中のものです。
※写真・イラストはイメージです。実際のものとは異なる場合がございます。
※内容・仕様は予告なく一部変更となる場合がございます。
※数に限りがございます。なくなり次第終了とさせて頂きますのでご了承ください。
※一部店舗では取扱いのない場合がございます。詳しくは店頭にてお問い合わせください。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. コースターに乗って恐怖のお化け屋敷を突き進む『Until Dawn: Rush of Blood』プレイレポ

    コースターに乗って恐怖のお化け屋敷を突き進む『Until Dawn: Rush of Blood』プレイレポ

  2. 『AKIBA'S BEAT』主人公をサポートする「メイドシステム」公開! トレカ装備やバトル続報も

    『AKIBA'S BEAT』主人公をサポートする「メイドシステム」公開! トレカ装備やバトル続報も

  3. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

    カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  4. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

  5. 『初音ミク Project DIVA Future Tone』シェアプレイの“音なし”は著作権的仕様、アケコン検討に対するコメントも

  6. 『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

  7. 【特集】精神障害を歌うRPG『カリギュラ』の楽曲に迫る ― 歌詞がざわめきへと変わり、心をえぐる

  8. 『ベルセルク無双』では“両断”や“斬り潰す”が可能に!物語は「黄金時代篇」から「千年帝国の鷹篇」の終盤まで

  9. 『ソードアート・オンライン ―ホロウ・リアリゼーション―』レイドボス戦や武器種など新情報が公開、仲間とのサブイベントCGも

  10. 『スパロボV』参戦作品の戦闘画面が一挙公開、熱い戦いの様子をチェック!

アクセスランキングをもっと見る

page top