人生にゲームをプラスするメディア

【BitSummit 14】昨年に引き続き一番の盛り上がり!サカモト教授のライブ・パフォーマンス

その他 フォトレポート

【BitSummit 14】昨年に引き続き一番の盛り上がり!サカモト教授のライブ・パフォーマンス
  • 【BitSummit 14】昨年に引き続き一番の盛り上がり!サカモト教授のライブ・パフォーマンス
  • 【BitSummit 14】昨年に引き続き一番の盛り上がり!サカモト教授のライブ・パフォーマンス
  • 【BitSummit 14】昨年に引き続き一番の盛り上がり!サカモト教授のライブ・パフォーマンス
  • 【BitSummit 14】昨年に引き続き一番の盛り上がり!サカモト教授のライブ・パフォーマンス
  • 【BitSummit 14】昨年に引き続き一番の盛り上がり!サカモト教授のライブ・パフォーマンス
  • 【BitSummit 14】昨年に引き続き一番の盛り上がり!サカモト教授のライブ・パフォーマンス
  • 【BitSummit 14】昨年に引き続き一番の盛り上がり!サカモト教授のライブ・パフォーマンス
  • 【BitSummit 14】昨年に引き続き一番の盛り上がり!サカモト教授のライブ・パフォーマンス


3月8日(土)、京都みやこめっせで開催されているBitSummit 2014では、昨年に引き続いてチップチューン界の「教授」ことサカモト教授がライブ・パフォーマンスを行いました。会場には多くのファンが駆けつけ、BitSummitの2日目の盛況っぷりを示していました。

演奏された曲目は以下のとおり。

・『スーパーマリオブラザーズ』
・『ゼルダの伝説』
・『ドラゴンクエスト4』
・『麻雀』
・『ロックマン2』
・『悪魔城ドラキュラ』
・『ドラクエ3』
・『SAMURAI』(オリジナル)
・『8bit shower』( オリジナル)

前回と同様、『麻雀』が演奏された以外は、ゲーム音楽の王道とも言える内容です。会場には家族連れの方も多く、ゲーム音楽も今や世代を超えたマスターピースになっていることが感じられました。



フィギュアの羽生結弦選手を意識してか、なぜかステージの脇にくまのプーさんのぬいぐるみが置かれていました。そんなお茶目の一面も見せつつ、ライブの最後には「音楽もゲームもインディーとメジャーの垣根が崩れつつある。これからはインディーから面白いものがたくさん登場するだろう」とメッセージを語っていました。
《今井晋》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

    【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  2. SDガンダムの新食玩シリーズ「FW SDガンダム NEO」発売開始、デフォルメながらもサイズ感やディテールにこだわりが

    SDガンダムの新食玩シリーズ「FW SDガンダム NEO」発売開始、デフォルメながらもサイズ感やディテールにこだわりが

  3. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

    【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  4. 【昨日のまとめ】D3Pの斬新な「タッチ我慢スターター」がアクセス過多、『ニーア オートマタ』“TVCM無規制版”お披露目、『FFVII リメイク』などの画像公開…など(2/20)

  5. 『遊☆戯☆王』第6作目タイトルは「VRAINS」に決定、舞台はVR空間

  6. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  7. 書籍「幻の未発売ゲームを追え!」3月25日発売…ファミコンソフト『オフザーケン』などの関係者にも迫る

  8. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  9. 【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  10. スクウェア・エニックス・ホールディングス、新規RPGプロジェクトを発表…「『人生の応援歌』となる物語を届け続ける」新スタジオも発足

アクセスランキングをもっと見る