人生にゲームをプラスするメディア

『ロックマンゼロ』などを手がけたインティ・クリエイツ×稲船敬二の2Dアクション『蒼き雷霆 ガンヴォルト』が3DS向けに発表

任天堂 3DS

『ロックマンゼロ』などを手がけたインティ・クリエイツ×稲船敬二の2Dアクション『蒼き雷霆 ガンヴォルト』が3DS向けに発表
  • 『ロックマンゼロ』などを手がけたインティ・クリエイツ×稲船敬二の2Dアクション『蒼き雷霆 ガンヴォルト』が3DS向けに発表
  • 『ロックマンゼロ』などを手がけたインティ・クリエイツ×稲船敬二の2Dアクション『蒼き雷霆 ガンヴォルト』が3DS向けに発表
  • 『ロックマンゼロ』などを手がけたインティ・クリエイツ×稲船敬二の2Dアクション『蒼き雷霆 ガンヴォルト』が3DS向けに発表
  • 『ロックマンゼロ』などを手がけたインティ・クリエイツ×稲船敬二の2Dアクション『蒼き雷霆 ガンヴォルト』が3DS向けに発表
  • 『ロックマンゼロ』などを手がけたインティ・クリエイツ×稲船敬二の2Dアクション『蒼き雷霆 ガンヴォルト』が3DS向けに発表
  • 『ロックマンゼロ』などを手がけたインティ・クリエイツ×稲船敬二の2Dアクション『蒼き雷霆 ガンヴォルト』が3DS向けに発表
  • 『ロックマンゼロ』などを手がけたインティ・クリエイツ×稲船敬二の2Dアクション『蒼き雷霆 ガンヴォルト』が3DS向けに発表
  • 『ロックマンゼロ』などを手がけたインティ・クリエイツ×稲船敬二の2Dアクション『蒼き雷霆 ガンヴォルト』が3DS向けに発表
インティ・クリエイツは、3DS向けダウンロードタイトル『蒼き雷霆(アームドブルー) ガンヴォルト』をBitSummit2014にて発表しました。

『蒼き雷霆 ガンヴォルト』は、『ロックマンゼロ』や『ギャルがん』を手がけたインティ・クリエイツと、comceptの代表である稲船敬二氏による本格2Dアクションです。



◆ストーリー&世界観の紹介



人類の中に“第七波動(セブンス)”と呼ばれる特殊能力を持つ者が現れ始めた近未来。
当初は大きな混乱をもたらすと思われていた能力者の出現だったが、巨大複合企業“皇神(スメラギ)グループ”の統制により、国内では安定した秩序が保たれていた。
しかし、皇神のもたらした平和とは、能力者たちの犠牲によって成り立つものだった。
“能力者の保護”を名目とした強制収容――
“研究”の過程で行われる非人道的な人体実験――
それらの行いは全て、皇神グループによって巧妙に隠ぺいされていたが、その中でいち早く真実に気付き、皇神に抵抗を始めた組織があった。
私設武装組織“フェザー”
それは、海外の能力者による人権団体が母体となり結成された、反皇神を掲げるレジスタンスグループである。
主人公“ガンヴォルト”もまた、フェザーの能力者だった。
彼のもとに皇神のバーチャルアイドル“電子の謡精(サイバーディーヴァ) モルフォ”の抹殺命令が下ったことから、物語は動き始める……

◆登場キャラクター



■ガンヴォルト(主人公)

今作の主人公である14歳の少年。通称“GV”。
ガンヴォルトはコードネームであり、本名はGV自身が語りたがらないため不明。
反皇神(スメラギ)を唱える武装組織「フェザー」に所属する第七波動(セブンス)能力者だったが、シアンとの出会いにより、フェザーを抜けることとなる。
普段は冷静で大人びているが、曲がったことは嫌いで、納得の行かない事に対しては我を押し通そうとする若さと芯の強さを持っている。
第七波動(セブンス)は電子を意のままに操る雷撃能力“蒼き雷霆(アームドブルー)”

■シアン(ヒロイン)

本作のヒロインである13歳の少女。
皇神(スメラギ)の実験によりつくられた第七波動(セブンス)能力者。
第七波動(セブンス)は“歌”によって他の能力者の第七波動(セブンス)に共鳴し、その能力を高める精神感応能力“電子の謡精(サイバーディーヴァ)”
皇神(スメラギ)グループにより、実験体として幽閉されていたところをGVによって救出され、以降はGVと共に同じ家で暮らすようになる。
純粋で大人しい性格だが、GVに対してはある程度砕けた態度で接する。

■モルフォ

皇神(スメラギ)グループがプロデュースする国民的バーチャルアイドル。
その正体は、シアンの第七波動(セブンス)“電子の謡精(サイバーディーヴァ)”が具現化した存在である。
皇神(スメラギ)グループはモルフォを表向きはアイドルとして、その裏では他の能力者を探知するためのソナーとして利用していた。
本体であるシアンとは別の自我を持っており、気が強く、自由奔放な性格をしている。
これはモルフォ曰くシアンの本心が反映されたものらしい。

◆基本的なアクション

■ショット攻撃/銃(ダートリーダー)



ガンヴォルトは基本兵装であるダートリーダーで攻撃する。威力は低いが敵をロックオンする能力を持つ。ショットはボタンを押し続ける事により連射される。


ロックオン二段階目/ロックオン三段階目

■雷撃攻撃/雷撃鱗(ライゲキリン)

ガンヴォルトの第七波動能力。雷撃のバリアを周囲に張り巡らせる。

<雷撃鱗バリア>
雷撃鱗に敵が触れると少しづつダメージを与えることができる。

<ロックオン雷撃攻撃>
ロックオンしてから雷撃を放つことで、威力の高い雷撃が敵に誘導して攻撃。雷撃の本数に応じて与える威力も上昇する。

■ロックオン雷撃の応用

複数の敵をロックオンして同時に電撃を放ち撃破する。スコアアタックの重要なテクニックとなる。

<雷撃鱗バリア>

雷撃鱗のバリアは、敵のミサイルなど実弾系の攻撃をガードすることができる。

<ホバリング>
雷撃鱗中は空中をホバリングで移動可能。

◆拡張されるアクション

■←↓空中ジャンプ&エアダッシュ

ゲームが進行すると新たなアクションが使用可能に。

■スペシャルスキル/ヴォルティックチェーン

ガンヴォルトの必殺技。無数の鎖が画面を埋め尽くし高圧電流を流す全体攻撃。

◆ボス

■“怒れる爆炎”デイトナ

爆炎(エクスプロージョン)の第七波動(セブンス)能力者、デイトナ。
爆炎と足技が織り成す多彩な攻撃を繰り出してくる。






■“怠惰なる亜空孔”メラク

亜空孔(ワームホール)の第七波動(セブンス)能力者、メラク。
トリッキーな攻撃が、ガンヴォルトを追い詰める





◆スタッフ

・エグゼクティブプロデューサー/アクション監修:稲船敬二
・原作/ディレクター:津田祥寿
 (代表作 ロックマンX2、ロックマン7、ロックマン9、ロックマン10、ロックマンゼロシリーズ)
・イラストレイター:畠山義崇
 (代表作 ロックマン9 キャラクタデザイン、もっとぼくらのキングダムキャラクタデザイン)
・プロデューサー:會津卓也
 (代表作 ロックマンゼロシリーズ、ロックマンゼクスシリーズ、ロックマン9、ロックマン10、ぎゃる☆がん、Mighty No.9 ほか多数)
・音楽/サウンド:山田一法
 (代表作 ロックマンゼロシリーズ、ロックマンゼクスシリーズ、ロックマン9、ロックマン10、ぎゃる☆がん、Mighty No.9 ほか多数)

◆体験会イベント

■BitSummit2014
・日程:2014年3月8日(土) -3月9日(日)
・時間:8日12:00~19:00 / 9日10:00~17:00
・会場:みやこめっせ(京都市左京区岡崎成勝寺町9-1)

■中部クリエイティブ業界フェスタ2014
・日時:2014年3月25日(火) 11:30~17:30
・場所:愛知県名古屋市中区栄3丁目18 ナディアパーク3F デザインホール
・主催:中部ゲーム産学協議会(GAIRA)
・後援:愛知労働局、愛知県、名古屋市
・協賛:(株)NTTドコモ
・http://www.gaira.org/crefes2014/

◆製品情報



タイトル名:蒼き雷霆ガンヴォルト
ハードウェア:ニンテンドー3DS(eショップ)
ジャンル:ライトノベル2Dアクション
レーティング:CERO審査予定
配信日:2014年夏
プレイ人数:1人
価格:未定
公式サイト:http://gunvolt.com

※タイトル名の「蒼い雷霆」は、「アームドブルー」と読ませています。eショップでの検索は「アームドブルーガンヴォルト」となります。ご注意ください。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

電撃発表された『蒼き雷霆ガンヴォルト』ですが、第一報にしてかなりの情報が公開されました。それも、インディーズゲームの祭典「BitSummit」での発表であり、国内でも、デベロッパーだけでゲームをリリース・発表できる場が整ってきました。数多くの『ロックマン』シリーズと手がけたインティ・クリエイツと、その生みの親でもある稲船敬二氏、そして日本のゲーム業界にご期待下さい。

(C) INTI CREATES CO., LTD. 2014 ALL RIGHTS RESERVED.
《栗本 浩大》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

    『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  3. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  4. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  5. 【Wii U DL販売ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』、『マリオテニス64』などのVCが初登場ランクイン(7/25)

  6. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  7. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  10. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

アクセスランキングをもっと見る

page top