人生にゲームをプラスするメディア

今からはじめる『Warframe』― PS4にも登場したニンジャTPS、始め方からプラチナ購入方法まで解説!

その他 フォトレポート

今からはじめる『Warframe』― PS4にも登場したニンジャTPS、始め方からプラチナ購入方法まで解説!
  • 今からはじめる『Warframe』― PS4にも登場したニンジャTPS、始め方からプラチナ購入方法まで解説!
  • 今からはじめる『Warframe』― PS4にも登場したニンジャTPS、始め方からプラチナ購入方法まで解説!
  • 今からはじめる『Warframe』― PS4にも登場したニンジャTPS、始め方からプラチナ購入方法まで解説!
  • 今からはじめる『Warframe』― PS4にも登場したニンジャTPS、始め方からプラチナ購入方法まで解説!
  • 今からはじめる『Warframe』― PS4にも登場したニンジャTPS、始め方からプラチナ購入方法まで解説!
  • 今からはじめる『Warframe』― PS4にも登場したニンジャTPS、始め方からプラチナ購入方法まで解説!
  • 今からはじめる『Warframe』― PS4にも登場したニンジャTPS、始め方からプラチナ購入方法まで解説!
  • 今からはじめる『Warframe』― PS4にも登場したニンジャTPS、始め方からプラチナ購入方法まで解説!

『Warframe』は、Digital Extremesが開発した基本プレイ無料のTPS。日本語にローカライズされていて、国内のユーザーも着々と増えている人気作です。プレイヤーはニンジャのような姿をした戦士「テンノ」を操作して任務を遂行していく事になります。日本の文化やSFアニメに影響された独特の作風は、多くのユーザーを惹きつけており、基本プレイ無料のゲームであるにも関わらず、深みのある世界観とストーリーを味わうことができます。

また、敵を倒したり任務をこなすとレベルアップしたり、ミッション中に拾えるMODを拾って、キャラクターの能力を強化するRPG要素もあるため、ついつい長時間やり込んでしまう事も。さらに、最大4人によるオンライン協力プレイにも対応していて、フレンドと連携を取りながら遊べば、盛り上がる事間違いないでしょう。

オンライン協力プレイ、RPG要素、ニンジャ要素がつまった本作は、日本人をも魅了するはず。現在、Windows PC版の他にPS4版がリリースされており、PS4版では独自の要素も盛り込まれているため、プレイヤーは自分にあった環境で遊ぶことが出来るのです。では、実際にどこが違うのか、比較してみました。




■PC版とPS4の違い


PS4版では、コントローラーで操作を行うため、「シューターはマウスとキーボードじゃないと!」と思う方もいるかもしれません。しかし、DUALSHOCK 4による操作は快適で、近接戦闘での操作は使いやすい印象を受けました。さらに、登場人物の通信音声がコントローラーから聞こえた時は、まるで自分に直接話しかけられたような臨場感があります。

試しに、PS4とPS Vitaによるリモートプレイで遊んでみましたが、アクション性が高い本作では、どうしても操作が難しくなるため、慣れが必要かもしれません。また、PS4ならではのシェア機能で、自分の活躍したプレイ動画やスクリーンショットをアップロードしたり、実況配信プレイを手軽に行えるので、知人に『Warframe』を布教する際に使うことも出来ます。

グラフィックの面では、PC版とほとんど見た目が変わらないので、最終的にコントローラーでプレイするか、マウスとキーボードでプレイするかの違いになります。あなたに合ったプレイスタイルで「テンノ」になりましょう。


■『Warframe』に登録してみよう


『Warframe』は、ニンジャでなくても基本プレイ無料ですので、気軽にプレイしてみてください。登録方法も簡単で、すぐに遊ぶ準備が出来るはずです。登録する際は、こちらのサイトから行います。


まずは、右上にある「プレイは無料」というボタンをクリックし、アカウントを作成しましょう。


次にメールアドレスの入力、アリアスの入力、パスワードの入力をしていきます。ちなみに「アリアス」とはハンドルネームのようなものなので、好きな言葉でも入れておきましょう。入力し終えたら、「登録」のボタンを押すとメールアドレスから通知がくるので、そちらに記載してあるURLにアクセスする事でアカウント作成が終わります。

トップページに戻ってみると、右上にあったはずの「プレイは無料」のボタンが「今すぐダウンロード」に変わっているので、クリックしてみてください。これでランチャーをダウンロードできます。インストールを終えたら、早速、『Warframe』の世界に入ってみましょう。他にもSteamからダウンロードする方法もあるので、SteamユーザーならSteamランチャー経由でインストールするのがオススメです。Steamに未登録の方は、アカウント作成から使い方まで解説した初心者向け、Steamガイド記事を掲載していますので、こちらを参考にしながら登録してみてください。




■いざとなったらプラチナを買おう


課金をしなくても、ほとんどのアイテムを手に入れられるのが本作の良い所ですが、『Warframe』にどっぷりと浸かっていると「武器が欲しい」、「MODが欲しい」という欲が出てしまうのは仕方ないことです。それを解決するのが「プラチナ」という課金することで得られる通貨。プラチナを使用する事で、マーケットにある強力な武器やアイテムを手に入れることが出来るのです。では、どうやってプラチナを購入するのか、Steamを使って解説していきます。


まずは、マーケットの画面を開き、画面右上にある「プラチナを購入」というタブをクリックしてください。


そうするとプラチナ購入画面が表示されますので、自分の好きな額のプラチナを購入してください。1000プラチナ以上買うとMODが付いてきます。思い切ってプラチナの大人買いをするのもいいかもしれません。ちなみに、私はログインボーナスの「プラチナ50%off」をゲットしたので、半額で入手する事が出来ました。


自分の買いたい額をクリックすると認証画面が表示されます。「クレジットを追加」ボタンを押しましょう。


すると、Steamウォレットに追加する画面が出てきます。選択した金額が一番上に表示されているので、もう一度「クレジットを追加」ボタンを押すと、いつもの決済画面が表示されるはずです。お支払いの際は、クレジットカードの他に、各種プリペイドサービス(ドコモユーザーなら「ドコモ口座 Visaプリペイド」がおすすめ)を利用することもできます。インターネット上でクレジットカードを利用する事に抵抗感があったユーザーも、プリペイドサービスを利用することによって安心のゲームライフをエンジョイ出来るはずです。


最後に、購入したプラチナを『Warframe』に関連付けるための画面に移ります。「許可する」というボタンを押すと、ゲーム内でプラチナが反映されています。早速、あなたが気になっていた武器やアイテムを買ってみましょう。




◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『Warframe』は、基本プレイ無料で、長く、深く、遊べるタイトルです。フレンドを誘って協力プレイで遊び通したり、ソロでステージをクリアするといったやり込みプレイも行えるため、気がつけば徹夜してしまう事もあるでしょう。それでも、日本全国の「テンノ」さん、今日も太陽系を股にかけて力のある限り戦ってください。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


只今最大10%キャッシュバックキャンペーン実施中!(3月9日まで)
【解説記事】 「ドコモ口座 Visaプリペイド」を使ってみた
《真ゲマ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 美少女プラモデルの歴史書「我々は如何にして美少女のパンツをプラモの金型に彫りこんできたか」発売

    美少女プラモデルの歴史書「我々は如何にして美少女のパンツをプラモの金型に彫りこんできたか」発売

  2. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

    「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  3. 『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

    『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

  4. “結月ゆかり”が等身大フィギュアに! スピーカー内蔵で価格は128万円

  5. 1億5000万回再生の恐怖映像「Lights Out」が映画化!シーンカット画像が到着

  6. 「勇者ヨシヒコと導かれし七人」2016年10月放送決定

  7. 「この素晴らしい世界に祝福を!」2017年1月より第2期放送スタート!第1期一挙配信も決定

  8. 『レイトン教授』新作も7月発表!超大作かつ映画クラスのキャスティングに

  9. 『スパロボ大戦V』寺田氏&佐竹氏が最新作を語る、90年代セガPRの立役者・竹崎氏が明かすソニックチームとの絆、人間の起源を解説したアニメーションムービー・・・編集部員も見るべきまとめ(6/24)

  10. 【昨日のまとめ】『イナズマイレブン』『レイトン教授』新作を7月発表、『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイル判明、VR版『RO』を台湾ユーザーが開発…など(6/24)

アクセスランキングをもっと見る

page top