人生にゲームをプラスするメディア

『パンツァードラグーン』の二木氏が手がけるiOSアプリ『街コロ』3月下旬リリース ─ BitSummitにてプレイアブル出展も

モバイル・スマートフォン iPhone

iOSアプリ『街コロ』、3月下旬配信予定
  • iOSアプリ『街コロ』、3月下旬配信予定
  • ディレクターは、『パンツァードラグーン』の二木幸生氏
  • 事前登録でプレゼントされる温泉旅館
  • 『街コロ』ロゴ
  • グランディング ロゴ
  • コアゲームス ロゴ
コアゲームスは、iOSアプリ『街コロ』を3月下旬に配信することを明かすとともに、「BitSumit」へのプレイアブル出展を発表しました。

2012年5月にグランディングが世に送り出したアナログボードゲーム「街コロ」は、自分の街の発展を目的とする都市発展型ゲーム。シンプルながらも奥の深いゲーム性と、1プレイあたり30分ほどという手軽さが好評を博しましたが、その「街コロ」がこのたびiOSアプリとして生まれ変わります。

全てがサイコロ次第というおかしな街を発展させるため、住民の要望を叶えたり、お邪魔キャラを退けてレアな建物をゲットしていくこのアプリ。サイコロがもたらす波乱の展開をうまく味方につけて、更なる発展を目指しましょう。

iOSアプリ『街コロ』のディレクターを務めるのは、『Crimson Dragon』や『パンツァードラグーン』などを手がけたことでも知られる二木幸生氏。名作に携わってきた二木氏が、ボードゲームを原作としてどのようなタイトルに仕上げたのか、興味が募るばかりです。

現在『街コロ』の公式サイトでは事前登録を受け付けており、レアガチャ2回相当分のゲーム内通貨と、建物“温泉旅館”のプレゼントを実施しています。また、3月7日から9日に開催されるインディーゲームイベント「BitSumit(http://bitsummit.org/index-jp.html)」にて、『街コロ』のプレイアブル出展も決定しています。配信に先駆けて直接体験できるこの機会を逃さず、「BitSummit」へ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

iOSアプリ『街コロ』は、2014年3月下旬配信予定。価格は、基本無料のアイテム課金制です。

(C)KOA GamesLtd., (C)Grounding Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. マリオが師走を駆け抜ける!『スーパーマリオラン』を一足先に体験したら「ラン系ゲームじゃなかった!?」

    マリオが師走を駆け抜ける!『スーパーマリオラン』を一足先に体験したら「ラン系ゲームじゃなかった!?」

  2. 『アンジュ・ヴィエルジュ』覚醒イベント開催! サンタ姿な「UR アリス」(CV:小林ゆう)が眩しすぎ

    『アンジュ・ヴィエルジュ』覚醒イベント開催! サンタ姿な「UR アリス」(CV:小林ゆう)が眩しすぎ

  3. 【特集】『夢色キャスト』性格別オススメカレ診断…あなたにピッタリのキャストはだれ?

    【特集】『夢色キャスト』性格別オススメカレ診断…あなたにピッタリのキャストはだれ?

  4. 『駅メモ!』が15秒CMを映画館上映!「君の名は。」とのキャンペーン告知も

  5. Google Japanが選んだ今年のベストゲームは『ポケモンGO』! ベストアプリは『AbemaTV』に

  6. 『ぷよぷよ!!クエスト』冬休みガチャに「はりきるドラコ」再登場

  7. 『シャドウバース』ベルエンジェルが多種多様な「どすこい」ボイスを披露…掛け声の理由は“中の人”

  8. 「Pokemon GO Plus」12月10日に再販!ポケセンオンラインでは予約受付中

  9. 『ポケモンGO』新ポケモンの登場が確定!

  10. 中国の人気アプリ『陰陽師』が凄い ― 平安時代の日本が舞台、有名声優多数起用でセリフは全て日本語

アクセスランキングをもっと見る