人生にゲームをプラスするメディア

欧州委員会、アイテム課金モデルに「無料」との表記を禁じる方向で議論

ゲームビジネス 市場

欧州連合本部 ブリュッセル 写真提供:Getty Images
  • 欧州連合本部 ブリュッセル 写真提供:Getty Images
今やゲームにおいて一般的なビジネスモデルとなりつつある、Free to Play(基本プレイ無料)というモデル。しかし、消費者に誤解を与える可能性があるとして欧州委員会(EU)で議論が行われているようです。

英国のMETROが報じたところによれば、欧州各国で消費者からの苦情が当局に寄せられていて、ドイツでは複数のオンラインゲームの広告の差し止めが行われたとのこと。

EUではゲーム内広告などを収益源として、ユーザーに対しては"完全に"無料というモデル以外で「無料」という言葉や表記を行うことを禁止することが議論されているようです。

EU司法長官のビビアン・レディング氏は「消費者に誤解を与えるというのは明確に誤ったビジネスモデルであり、消費者保護に関するEUの精神に反するものです。欧州委員会は消費者団体から提起されている懸念に対して業界が具体的な答えを提示することを期待します」と述べています。

ゲーム業界では「無料」と「アイテム課金」がセットであることが常識的になっていますが、それが消費者まで浸透しているとは必ずしも言えません。特に、子供が親の同意を得ず高額の決済を行ってしまうという問題は日本でも多数報告されており、ゲームメーカーやプラットフォームホルダーは何かしらの対応を行う必要があるでしょう。

1月にはアップルが、子供が親の同意を得ずに決済した、少なくとも3250万ドルを消費者に返金することで連邦取引委員会と和解に応じたというニュースがありました。今後同様のことは世界各国で議論が進むことになりそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

    【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  2. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

    『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  3. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  4. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  5. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  6. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  7. 『テトリス』や『ドンキーコング』の作曲家が逝去、ゲーム音楽業界に大きな貢献残す

  8. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  9. 「売れるスマホゲームの鍵は?」『消滅都市』『ジョーカー』『ドラゴンファング』のクリエイターが語る

  10. ジョイポリスの“実際に歩ける”VRアトラクションは7月23日オープン!ゾンビから拠点を守るリアルFPS

アクセスランキングをもっと見る

page top