人生にゲームをプラスするメディア

絶対に相手に覚えてもらえるゲームボーイ型名刺「Arduboy」が海外に登場、名刺でテトリスがプレイ出来る

任天堂 その他



ビジネス上で相手と自分の情報を交換するために使用される「名刺」ですが、交換した相手がどんな容姿だったのかどんな人だったのか忘れてしまうこともしばしば。そんな中、海外のデベロッパーKevin Bates氏が一度渡したら絶対に相手のことを忘れなくなるであろうゲーム搭載型の名刺「Arduboy」のプロトタイプを公開しました。

この「Arduboy」は中身にArdyubino基板と圧電スピーカー、有機ELスクリーンと容量式タッチパネル、さらにはCR2016バッテリーを収納したゲーム機型の名刺。ゲームボーイのような構成ながら、テレホンカードほどの大きさながらも厚さはわずか1.6ミリ、さらに最大9時間以上も本格的なテトリスが実際にプレイ可能で、まさしくゲームボーイがそのまま名刺になったような代物となっています。


「Arduboy」でテトリスをプレイする様子


QRコード表示に加え、渡した相手に自身の情報を紹介する名刺機能ももちろん搭載

「Arduboy」は今後Kickstarterでのクラウドファンディングキャンペーンも視野に入れられており、価格は1枚30ドル、限定ハンドメイド版が50ドル、さらに固有のデザインを描くカスタムアート版が100ドルを予定。名刺としてはかなり高い値段ですが、ビジネス上重要な仕事相手に渡せば間違いなく顔を覚えてもらうことができそうです。

なお「Arudboy」はプログラミングも可能となっており、ブートローダーとアップロードされたコードがあれば、初心者でもチュートリアル映像を見つつプラグラムが可能とされています。またBates氏はコミュニティサイトを今後立ち上げる予定で、『テトリス』だけでなく他のゲームもプレイ可能にし、さらに『ポケットモンスター』など処理能力が足りないであろう作品を「Arudboy」上で動作させられないか模索していきたい意向のようです。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

  2. 「闘会議2017」で『ゼルダの伝説 BoW』を先行プレイ! 体験可能なニンテンドースイッチタイトルを発表

    「闘会議2017」で『ゼルダの伝説 BoW』を先行プレイ! 体験可能なニンテンドースイッチタイトルを発表

  3. 2017年も『ポケモン』×「カゴメ」のケチャップキャンペーンが開催!「ねぶくろピカチュウぬいぐるみ」などが当たる

    2017年も『ポケモン』×「カゴメ」のケチャップキャンペーンが開催!「ねぶくろピカチュウぬいぐるみ」などが当たる

  4. 『マリオカート8 デラックス』新機能「ハンドルアシスト」や新参戦キャラもお披露目! 有野晋哉やザ・たっち、小松未可子がガチ対戦

  5. 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

  6. スイッチ向け新作RPG『Project OCTOPATH TRAVELER』開発情報を綴るFacebookページが公開

  7. ニンテンドースイッチは「すれちがい通信」「Miiverse」に対応せず、海外メディアが報道

  8. 今週発売の新作ゲーム『GRAVITY DAZE 2』『蒼き革命のヴァルキュリア』『ポチと! ヨッシー ウールワールド』他

  9. 米任天堂、『ファイアーエムブレム』のダイレクト実施へ―開催は現地18日

  10. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ステージで声優の青木瑠璃子が大興奮!デモ版で広大な世界を冒険

アクセスランキングをもっと見る