人生にゲームをプラスするメディア

「BitSummit 2014」にSCEJAが出展、PS4『Contrast』やPS Vita『トルクル』 など13タイトル以上がプレイアブルで登場

ソニー PS4

SCEJA
  • SCEJA
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、「BitSummit 2014 -京都インディーゲームフェスティバル-」にプレイステーションブースを出展すると発表しました。

SCEJAは、インディーディベロッパー支援の一環として、3月7日(金)~9日(日)にみやこめっせ(京都市)にて開催される「BitSummit 2014 -京都インディーゲームフェスティバル-」に協賛、プレイステーションブースが出展されることが決定しました。

このプレイステーションブースでは、2014年2月22日(土)に国内で発売されたばかりのPS4で楽しめるインディータイトルの試遊展示をはじめ、PS Vita、「プレイステーション モバイル」向けのインディータイトルも合わせて日本国内未発表タイトルも含む13タイトル以上が試遊展示されます。

◆BitSummit 2014 -京都インディーゲームフェスティバル-

・主催:BitSummit実行委員会
・開催日時:メディア公開日 2014年3月7日(金) 10:00 ~ 17:00
・一般公開日:2014年3月8日(土) 12:00 ~ 19:00
・2014年3月9日(日) 10:00 ~ 17:00
・場所:みやこめっせ1F(第2展示場)京都市左京区岡崎成勝寺町9-1

◆出展タイトル一例

・『Contrast』PS4 Compulsion
・『Octodad』 PS4 Young Horse
・『TorqueL / トルクル』 PS Vita アクティブゲーミングメディア
・『Machinarium』 PS Vita アクティブゲーミングメディア
・『LA-MULANA PORTABLE』(仮) PS Vita ピグミースタジオ
・『Airship Q(仮称)』 PS Vita ミラクルポジティブ
・『Cytus Lambda』 PSM Rayark Inc.

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

既に発表されている『TorqueL / トルクル』(アクティブゲーミングメディア)や『LA-MULANA PORTABLE(仮))』(ピグミースタジオ)、『Octodad』(Young Horse)、『Don't Starve』(klei entertainment)などのラインナップに加え、昨年末に開催されたPlayStation Awards 2013で特別賞を受賞した台湾の『Cytus Lambda』(Rayark Inc.)など、世界中のインディーディベロッパーが制作した多彩で魅力的なタイトルを試遊することができるので、会場に足を運ばれる方は是非プレイしてみてください。
《ひびき》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 【PS Vita DL販売ランキング】『エビコレ フォトカノ Kiss』連続首位、『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』初登場2位ほか(7/29)

    【PS Vita DL販売ランキング】『エビコレ フォトカノ Kiss』連続首位、『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』初登場2位ほか(7/29)

  2. PS4/PS3『ブレイブルー セントラルフィクション』 多彩な各種モードを紹介!キャラ強化要素がある新モードも明らかに

    PS4/PS3『ブレイブルー セントラルフィクション』 多彩な各種モードを紹介!キャラ強化要素がある新モードも明らかに

  3. 『ワールド オブ FF』にエーコ(CV:金元寿子)登場!日向悠二デザインの新キャラやストーリーの続報も

    『ワールド オブ FF』にエーコ(CV:金元寿子)登場!日向悠二デザインの新キャラやストーリーの続報も

  4. DL版『Fate/EXTRA』『CCC』が2000円以下に!7月1日より期間限定セール開始

  5. 『初音ミク -Project DIVA- X HD』×AIRDOコラボ第2弾で機内にミクさんが登場!CAモジュールの無料配布も

  6. 『デモンゲイズ2』主題歌が彩るOP映像公開! 入場無料のファンイベントも開催決定

  7. 『ペルソナ5』主人公たちの怪盗服姿が一挙公開!全国店頭体験会もいよいよスタート

  8. PS4/PS Vita『キリングバイツ』年内の発売を見送り、発売元がフィールズに変更

  9. あらゆる手段を用いてセンターを勝ち取る『アイドルデスゲームTV』残酷過ぎる死の罰ゲームが明らかに

  10. PS4/PS Vita『NEW GAME!』で青葉が“AD”に! 漫画原作にはなかった展開も体験可能

アクセスランキングをもっと見る

page top