人生にゲームをプラスするメディア

トロッコで辿り着いた先は…『魔界村』? ─ 「鬼灯の冷徹」のEDを飾る「パララックス・ビュー」のPVはゲームパロが満載

その他 全般

トロッコで辿り着いた先は…『魔界村』? ─ 「鬼灯の冷徹」のEDを飾る「パララックス・ビュー」のPVはゲームパロが満載
  • トロッコで辿り着いた先は…『魔界村』? ─ 「鬼灯の冷徹」のEDを飾る「パララックス・ビュー」のPVはゲームパロが満載
  • トロッコで辿り着いた先は…『魔界村』? ─ 「鬼灯の冷徹」のEDを飾る「パララックス・ビュー」のPVはゲームパロが満載
日本の地獄を舞台としながらも、海外の悪魔や妖怪なども登場し、彼らにとっての日常を綴る漫画「鬼灯の冷徹」は、多くの読者から支持と人気を受けてTVアニメ化も果たし、現在絶賛放送中となっています。今や日本中に、地獄の様子が毎週送り届けられているのです。

そして、TVアニメの第2話から第7話のエンディングテーマとなる「パララックス・ビュー」が、3月5日に発売を迎えます。こちらは、上坂すみれさんの3rdシングルとなっており、作詞は「筋肉少女帯」の大槻ケンヂ氏が担当。上坂さんは兼ねてより大槻氏へ憧れを抱いており、より気持ちの高まるシングルリリースとなります。

その「パララックス・ビュー」のPVがこのたび公開されましたが、ゲームファン、特に長年ゲームを遊んでいる方にとっては、驚きの連続と言える映像に仕上がっていました。このPVはまず「パララックス・ビュー」のロゴが表示されますが、その字体が『魔界村』を思わせるデザインとなっています。

その後もドット風にアレンジされた上坂さんが、さながら地獄版『桃太郎電鉄』とも言えそうなマップを、歌詞にもあるトロッコに乗って突き進み、レッドアリーマーならぬ赤鬼を倒すと『ドラクエ』風のバトル画面に突入。かいしんのいちげきでボスオーニを撃破すると、次は銃を手に入れて『DOOM』を思わせるグラフィックで戦闘を開始。

『スパロボ』的シーンで「障害はブチ破るぅぅぅ!それが中野区民のやり方ぁぁぁぁ!!」と叫んでは突っ込み、『ポケモン』に似た場面ではパパラボールを使って敵を捕まえ、突如『ビーマニ』っぽい画面が出たかと思えば、ポリゴン以前の『FF』シリーズを思い起こしそうなドット絵バトルでラスボスを撃破します。

多彩に仕込まれたゲームのパロディに、ついつい反応してしまいたくなるこのPV。こだわりを感じさせるアレンジ映像の数々は、ゲーム好きならば一度は見ておいても損はありません。気になる方は、ぜひチェックを。また曲が気に入った曉には、「パララックス・ビュー」の購入も検討してみてはいかがでしょうか。


YouTube 動画URL:http://www.youtube.com/watch?v=E8DkIwMYzt4
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『FGO』“第七特異点”に備える特別番組、カラー10周年記念冊子の通販開始…本体価格は無料、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』最新映像…など(12/2)

    【昨日のまとめ】『FGO』“第七特異点”に備える特別番組、カラー10周年記念冊子の通販開始…本体価格は無料、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』最新映像…など(12/2)

  2. 株式会社カラー10周年記念冊子の通販開始…本体価格は無料! 送料162円のみでお届け

    株式会社カラー10周年記念冊子の通販開始…本体価格は無料! 送料162円のみでお届け

  3. NHKスペシャル「戦艦武蔵の最期」12月4日より放送―深海に眠る“今”の姿とは…?

    NHKスペシャル「戦艦武蔵の最期」12月4日より放送―深海に眠る“今”の姿とは…?

  4. 「Amazonランキング大賞2016」を発表、TVゲーム総合では『モンハン クロス』が1位に

  5. ドラマ「逃げ恥」みくりは『PSO2』の高LVプレイヤーだった! ただし妄想の中で…

  6. TVアニメ「セイレン」はヒロイン3人を各4話で描くオムニバス形式! 「アマガミSS」と同様の構成に…主題歌は奥華子

  7. あの「コップのフチ子」が可動フィギュア「figma」に!全5カラーで登場

  8. 【昨日のまとめ】ドラマ「逃げ恥」みくりは『PSO2』の高LVプレイヤー!?、『シャドウバース』メインプランナーに迫る、『Fate/EXTELLA』ネロや玉藻の前がカジュアルな装いに…など(12/1)

  9. 初代「ベイブレード」12年の時を経て復活! 「ベイブレードバースト」シリーズにてリバイバル

  10. 『Fallout』「Pip-Boy」型マグカップがめちゃくちゃゴツい!海外通販サイトに登場

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top