人生にゲームをプラスするメディア

アクセスブライト、スマホ版『STEINS;GATE』の中国展開に踏み出す ─ MAGES.との業務提携も発表

モバイル・スマートフォン iPhone

アクセスブライト、スマホ版『STEINS;GATE』の中国展開に踏み出す ─ MAGES.との業務提携も発表
  • アクセスブライト、スマホ版『STEINS;GATE』の中国展開に踏み出す ─ MAGES.との業務提携も発表
  • アクセスブライト、スマホ版『STEINS;GATE』の中国展開に踏み出す ─ MAGES.との業務提携も発表
アクセスブライトは、中国での拠点である上海通耀信息科技有限公司を通じ、国産モバイルゲームなどのコンテンツの中国展開を支援に取り組んでおり、このたび『STEINS;GATE』の中国展開を実施すると発表しました。

志倉千代丸氏が企画・原作を務める想定科学ADVシリーズの第2弾『STEINS;GATE』は、2009年にXbox 360に登場。タイムトラベルそのものの構造に重点をおいた視点や、個性的なキャラクターたちが彩る緊迫した展開、そして感情を揺さぶる結末などが多くのユーザーから支持され、PS3やPS Vitaへの移植をはじめ、TVアニメ化や劇場公開など、多彩に活躍の場を拡げる一大タイトルとなりました。

その『STEINS;GATE』を生み出した志倉氏が代表を務めるMAGES.とアクセスブライトが、『STEINS;GATE』の中国展開におけるライセンス契約を締結し、2014年5月にリリースを予定していることが判明しました。

先日、『STEINS;GATE』の海外PC版となる”English Edition”のゴールデンマスターが完成したばかりですが、そちらに続く海外展開となります。なお今回の動きは、中国政府が上海に開設した上海自由貿易試験区にて、外資系企業に家庭用TVゲーム機の製造・販売の解禁を決定した発表を受け、その戦略的な位置付けとしての研究も視野に入れていることも明かしています。

またアクセスブライトは、中国で『STEINS;GATE』海賊版などの著作権侵害を発見した場合、中国におけるモバイルゲーム配信プラットフォームや大手法律事務所と協力しながらMAGES.と一緒に対応していく方針も述べ、その確固たる姿勢も示しました。

(C)2009-2014 MAGES./5pb./Nitroplus
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』最初に選んだポケモンは? もっとも課金しているアイテムは? アンケート募集中!

    『ポケモンGO』最初に選んだポケモンは? もっとも課金しているアイテムは? アンケート募集中!

  2. 『ポケモンGO』ドイツの小さな橋に人が殺到し問題に…市当局の取った対応とは

    『ポケモンGO』ドイツの小さな橋に人が殺到し問題に…市当局の取った対応とは

  3. 『Fate/Grand Order』聖晶石召喚の消費数が“ずっと”3個に、サーヴァント所持枠も初期300へ…1周年イベントで実施

    『Fate/Grand Order』聖晶石召喚の消費数が“ずっと”3個に、サーヴァント所持枠も初期300へ…1周年イベントで実施

  4. 世田谷公園で『ポケモンGO』によるトラブルが多発…区が「事態の改善」を配信会社に要請

  5. 『ウチ姫』目のやり場に困る“アスタロット 抱き枕カバー”登場! 人気キャラを対象とした各種グッズも発表

  6. 【ネタバレ注意】『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベルに到達…Bot利用のデータ確認目的で

  7. 『Ingress』で広島の平和公園に巨大折り鶴が描かれる ─ 8月6日の平和記念式典に向け

  8. 【レポート】『オルタナティブガールズ』は3Dバトルあり、サスペンスあり、VRありの美少女RPGだった

  9. 『夢色キャスト』×『アイ★チュウ』コラボ決定!それぞれのアプリでコラボストーリー展開

  10. 『ダービーオーナーズクラブ』4周年記念キャンペーン開催!新レアリティを実装

アクセスランキングをもっと見る

page top