人生にゲームをプラスするメディア

「1ドル払えばマリオがもっと高く飛べるようにしたらどうか」香港の投資家が任天堂のスマホ参入を促す書簡

任天堂 その他

香港に拠点を置くヘッジファンドのOasis ManagementのSeth Fischer最高投資責任者は任天堂に宛てた書簡で、スマートフォン市場への参入を促したとウォール・ストリート・ジャーナルやブルームバーグが報じました。

「マリオやドンキーコングで育った人たちが、今やスマートフォンで時間を費やすようになり、その市場は10兆円規模にまで成長しています」とFischer氏は書簡で述べ、多くの資産を持つ任天堂はこの市場に参入しても十分戦える位置にあると促しました。

「任天堂が適切な開発チームを用意すれば、ゲーム内課金のモデルで大きな収益性を得ることは可能だと信じています。99セントを払えばマリオがもっと高く飛べるような、ちょっと想像してみてください」

任天堂の岩田聡社長は1月末に開催した経営方針説明会で「多くのみなさんが『スマートデバイスのアプリとして任天堂のゲームソフトを移植すれば、ビジネスが拡大するはずだ』とおっしゃっているのですが、ハード・ソフト一体型のビジネスという任天堂の強みを活かせない場では、任天堂の目標とする規模のビジネスを中長期にわたって持続させることは困難ではないかと、私達は認識しています」と話し、直接的にスマートフォン市場でゲームを提供することを否定しています。

一方で岩田氏はスマートフォンをユーザーとの強い繋がりを構築するために活用する方針を示しており、精鋭チームを作り、年内にはスマートフォン向けアプリとして何かしらのサービスを開始するとしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  2. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  3. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

    ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  4. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  5. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  6. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  7. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  8. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  9. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  10. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

アクセスランキングをもっと見る