最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
【PS4発売特集】これを読めばPS4の基本情報がだいたいわかる!意外と知らない基本情報まとめ&ハンズオンインプレッション

【PS4発売特集】これを読めばPS4の基本情報がだいたいわかる!意外と知らない基本情報まとめ&ハンズオンインプレッション

2014年2月20日(木) 18時17分
  • 「Live from PlayStation」メイン画面の画像
    「Live from PlayStation」メイン画面
  • 動画は閲覧者、日付、コメント数でソート可能の画像
    動画は閲覧者、日付、コメント数でソート可能
  • ゲームによってはプレイ動画閲覧中にアイテムを与えたりできますの画像
    ゲームによってはプレイ動画閲覧中にアイテムを与えたりできます
  • “SHARE(シェア)”ボタンを押した状態の画像
    “SHARE(シェア)”ボタンを押した状態
  • 動画の編集はサクサク進みますの画像
    動画の編集はサクサク進みます
  • 画面中央のアイコンがタッチパッドに連動の画像
    画面中央のアイコンがタッチパッドに連動
  • タッチパッドを上下左右にスワイプして操作の画像
    タッチパッドを上下左右にスワイプして操作
  • 無機物の描写がリアルの画像
    無機物の描写がリアル
  • ブラウザも高速。タブ5つまで開けますの画像
    ブラウザも高速。タブ5つまで開けます

いよいよ2月22日に発売するPS4。この記事ではPS4の仕様や周辺機器、気になるシェア機能やゲームソフトの基本情報など、実際に触った感触も交えてお伝えします。

◆PS4の発売日・価格・発売モデル・内容物

発売日は2014年2月22日(土)。発売モデルは2タイプ。

■PlayStation4 First Limited Pack 41,979円(税込)
<同梱内容>
・「プレイステーション 4」本体 (HDD500GB、本体色:ジェット・ブラック)
・ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK4)
・モノラルヘッドセット(1.2m)
・専用電源コード(1.5m)
・専用USBケーブル(1.5m)
・HDMIケーブル(2.0m)
・「プレイステーション 4」専用ソフト「KNACK」(製品版)ダウンロード用プロダクトコード
・延長保証1年分

■PlayStation4 First Limited Pack with PlayStationCamera 46,179円(税込)
<同梱内容>
・PlayStation4 First Limited PackにPlayStationCameraが同梱されたバージョン。


【ポイント】PS3では別売だったヘッドセットが標準で同梱されている点が地味に嬉しいポイント。買ったその日から実況動画配信も可能です。


◆製品仕様

・従来のXMBを刷新。新しく「PS Dynamic Menu」というメニュー画面が実装されました。
・「PS Home」や「torne (トルネ)」への対応は現時点での情報はなし。
・PS4で再生できるメディアはBD/DVD。CDの再生は不可。
・PS4のWebブラウザはタブ5つまで増やすことが可能。
・PS4のBD/DVDプレイヤー初回起動時には、本体をインターネットに接続しプレイヤー機能の認証(アクティベーション)をする必要があり。


【ポイント】「PS Dynamic Menu」は「What's New」から最近プレイしたコンテンツ、リリース情報、ウェブページのリンクなど新しい情報がカンタンに手に入るように工夫されています。待ち時間のストレスを減らすことが重視されており、画面遷移は非常にスピーディ。Webブラウザも高速。ブラウザで攻略方法を検索しつつゲームを進行させる、なんてことも可能です。


◆シェア機能

・スクリーンショットのアップロードはFacebookとTwitterに対応。
・ビデオクリップ(ゲームプレイ動画)のアップロードはFacebookに対応。
・ゲームプレイのブロードキャスト(配信)はUstreamとTwitchに対応。
・1つのアカウントにつき1のSNSアカウントを設定することができる。
・コントローラーの“SHARE”ボタンを押すとプレイ中のゲームを生中継することが可能。
・PS Cameraがあれば、ゲームプレイの映像とともにカメラの映像や音声も配信可能。
・PS4上ではブロードキャストの時間制限はなし。
・生中継は各種端末ブラウザ、生放送先のアプリケーション上で鑑賞することができる。
・PS4はゲームプレイを常時録画しており、“SHARE(シェア)ボタン”を押すとスクリーンショットを投稿したり、直前の15分間のゲームプレイを切り出してビデオクリップとしてオンラインサービスにアップロードすることができる。


【ポイント】PS4の肝とも言うべきシェアまわり。実際に触ってみました。動画は開始ポイントや終了ポイントの指定・切り出しの編集をしてアップロードすれば完了。アップロードはバックグラウンドで行われるので待ち時間もなくシームレス。編集作業はマニュアルを読まなくても対応できるほどシンプルです。全体的にシェアまわりの仕様は敷居が低く、今まで動画アップロードをしたことがない人でも気軽に動画や画像をアップロードできそうです。日本ではまだTwitchの認知度は低いですが今後PS4を通してシェアが広がりそうな予感。今のうちにアカウントのご用意を。

「Live from PlayStation」からプレイ動画を視聴。最新のものから表示され、閲覧者数や日付、コメント数で並べ替えすることもできます。外国のユーザーの動画も閲覧可能。ゲームによっては「アクション」ボタンから消費アイテムを差し入れたりすることもできます。また、「このゲームを始める」ボタイを押せばゲームをダイレクトに起動させることも可能。持ってない場合はゲーム購入画面へリンクします。プレイ動画を参考に購入を検討するのもアリですね。


◆ネットワーク関連

・引き続きSony Entertainment Network(SEN)アカウントを使用可能。
・フレンドは2000人まで登録可能。
・「PlayStation App」はAndroid 4.0以降、iOS 6以降の端末に対応予定。
・PS Vitaでリモートプレイを行うには、システムソフトウェアをv3.00以上にする。
・1台のPS4で、ゲストに加え16人までのSENアカウントを登録、切り替えが可能。
・PS Plusに加入していなくても、PS Plusの加入者が「いつも使うPS4」に設定しているPS4でログインすれば、オンラインマルチプレイやPS Plus加入者が購入したコンテンツを利用することが可能。
・「PlayStation App」をiOS/Android搭載のスマートフォンやタブレットにインストールするとスマートフォンやタブレットをPS4のセカンドスクリーンとして利用することが可能。
・セカンドスクリーンではゲームアラートなどの通知、アップロードされたゲームプレイ映像へのリンク、PS4のゲームの購入などさまざまな機能が使える。

◆ゲーム関連

・ディスク版ゲームも内蔵HDDにインストールが必要。
・PS4でオンラインマルチプレイをする場合はPS Plusに加入する必要あり。
 (一部のゲームソフトは、PS Plusに加入しなくてもオンラインマルチプレイを楽しむことが可能)料金はこちらの記事を参照。
・PS~PS3までのゲームは、ディスク・DL問わずPS4では利用不可。
・PS3やPS Vitaのユーザーとのオンラインプレイ、PS3のセーブデータやトロフィーの引継ぎはゲームソフトによって異なる。

◆ローンチタイトル

■ディスク版・ダウンロード版
・KNACK(ナック)
・KILLZONE SHADOW FALL
・ニード・フォー・スピード ライバルズ
・バトルフィールド 4
・アサシン クリード4 ブラック フラッグ
・コール オブ デューティ ゴースト
・TOMB RAIDER DEFINITIVE EDITION
・龍が如く 維新!
・真・三國無双 7 with 猛将伝
・信長の野望・創造
・FIFA 14 ワールドクラスサッカー
・NBA 2K14

■ダウンロード版
・ストライダー飛竜
・とってもE麻雀ぷらす
・ドリームクラブ ホストガール オンステージ
・Escape Plan
・サウンドシェイプ
・RESOGUN
・鬼斬
・Don’t Starve: Console Edition
・Contrast
・ニコリのパズル4 数独
・flOw
・プレイルーム
・Doki-Doki Universe
・Flowery(フラアリー)
・Warframe


【ポイント】ローンチタイトルの『KILLZONE SHADOW FALL』を実際にプレイ。プレイヤーの頼もしいパートナー、OWLの操作はタッチパッドで行います。OWLの操作がタッチパッドに一元化されているため、メニューを開く手間やボタンを覚える手間が省けます。PS3から圧倒的に変化を遂げたのは水、岩、光、煙といった無機物の描写です。無機物がリアルになったことでゲームへの没入感がより一層深くなりました。また、ローディング処理もスムーズ。ゲームプレイ中にストレスを感じることはほとんどありません。


◆周辺機器

■本体と同時発売の周辺機器
・DUALSHOCK4:6,279円(税込)
(ジェット・ブラック/ウェイブ・ブルー/マグマ・レッド)
・DUALSHOCK4充電スタンド:2,604円(税込)
・PlayStationCamera:6,279円(税込)
・縦置きスタンド:2,394円(税込)

■PS4で使用できるPS3周辺機器
・3Dディスプレイ
・PS Move モーションコントローラおよびPS Move ナビゲーションコントローラー
(ゲームソフトによって、利用できる場合と利用できない場合あり)
・PS3対応 「ワイヤレスキーボード」(ワイヤレスコントローラ
(DUALSHOCK3 / SIXAXIS)としての操作を行う各種キーおよびPSボタンは利用不可)

■PS4で使用できないPS3周辺機器
・DUALSHOCK3
・BDリモコン
・電源コード
・USBケーブル
・PS Eye

■今後対応予定のPS3周辺機器
・nasne(ナスネ)

■利用可能な市販品
・キーボード(ワイヤレスコントローラ
(DUALSHOCK3 / SIXAXIS)としての操作を行う各種キーおよびPSボタンは利用不可)
・マウス

■利用不可能な市販品
・現在市販されているヘッドセット

◆DUALSHOCK4

・本体1台につきコントローラー4つまで同時利用可能。
・ライトバーの色で識別。
・スピーカー内臓。ゲームによっては効果音が出力される。
・PS Vitaのインナーイヤーヘッドセットにも対応。
・PS4本体がスタンバイ状態での充電も可能。
・充電時間は約2時間。
・PCでも利用可能。
・ヘッドセットジャックにモノラルヘッドセットを差し込むと、チャット音声またはゲーム内のすべての音声をヘッドセットに出力することが可能。


【ポイント】コントローラーは肌ざわりが良く、グリップも小さめでPS3より握りやすくなっています。L3,R3ボタン側の側面に拡張端子とヘッドセットジャックがありプレイ中の手元を煩わせることはありません。拡張端子については今後何かしらの周辺機器が出る可能性もあり。


◆PlayStation Camera

・自分の顔をPS4本体に登録することで自分のアカウントにログインすることが可能。
・DUALSHOCK4のライトバーを認識。
・PS4のホーム画面では音声で操作が可能。
(ログインする、ホーム画面から遊びたいゲームなどを起動する、スクリーンショットを撮影する、ゲームからホーム画面に戻る、電源を切る)


【ポイント】アカウントは基本コントローラーに紐付けられますが、PlayStationCameraがあれば起動と同時に顔認識で自分のアカウントにログインすることができ非常に便利。正面や横顔も記録するのでどんな角度でも認識できるようになっています。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

高精細なビジュアル、処理速度の速さ、シェア機能の敷居の低さ、PS史上最もユーザーフレンドリーなメニュー画面。さまざまな可能性を秘めたPS4。事前に用意すべきポイントを押さえ、万全の態勢で発売日を迎えましょう。

(Article written by みかめ)

ソニーアクセスランキング