人生にゲームをプラスするメディア

ユービーアイソフト、第3四半期業績を発表・・・『アサクリ4』1000万本、『ジャストダンス』600万本

ゲームビジネス 市場

ユービーアイソフトが発表した2013年度第3四半期(10月1日~12月31日)の業績は、売上高5億2000万ユーロ(約726億円、1ユーロ=約140円)で前年同期比で35.2%減と大幅な下落となりました。

第3四半期は『アサシンクリード4 ブラックフラッグ』が1000万本を突破したほか、『ジャストダンス』も600万本のセールスを記録し好調でした。一方、『ロックスミス2014』は予想を下回り100万本に留まりました。

デジタル販売は5300万ユーロで、前年同期と比較して4%の下落。ただし、今期(4月1日~12月31日)の9ヶ月の累計では1億2300万ユーロで12%の上昇となっています。

前期までに発売された(新作以外の)タイトルの販売は5300万ユーロで、21%の減少。これはハードの移行期であることが影響していると同社は分析しています。主なタイトルは『アサシンクリード3』『ファークライ3』やF2Pタイトルなど。

CEOのYves Guilemot氏は「PS4とXbox Oneの発売は素晴らしい成功を収め、前世代を大きく上回り、今後の期待を高めるものでした。私達の、ゲーマーに広く認知されている高い品質のゲームは端境期にあっても強い成功を続けています。『アサシンクリード4 ブラックフラッグ』のパフォーマンスは良く、このフランチャイズの可能性の高さを示すものです」とコメントしています。

第4四半期の主なタイトルは『South Park: The Stick of Truth』(PS3,Xbox360,PC)、『Rayman Legends』(PS4,Xbox One)、『The Mighty Quest For Epic Loot』『Might & Magic Heroes Online』(それぞれオープンβ、PC)などが予定されています。また、Yves氏は来期タイトルとして『ジャストダンス』『The Crew』『Watch Dog』(いずれも第1四半期)を挙げています。

通気の業績予想は売上高10億ユーロ、営業損失6500万ユーロとしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 日本の心と『ポケモンGO』―見えないものが宿る場所を求めて【オールゲームニッポン】

    日本の心と『ポケモンGO』―見えないものが宿る場所を求めて【オールゲームニッポン】

  2. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  3. 【特集】二次元に触れるVRコントローラー『UnlimitedHand』開発者を突撃!将来的には質感も

    【特集】二次元に触れるVRコントローラー『UnlimitedHand』開発者を突撃!将来的には質感も

  4. テレビ局ならではの遊びを展開、ゲーム事業に乗り出すTBSの狙いとは?

  5. 【レポート】東京23区並みに広大な「Seastack Bay」のライティング技術…Enlightenのデモで明かされた同社の考え方

  6. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  7. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  8. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  9. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  10. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

アクセスランキングをもっと見る

page top