人生にゲームをプラスするメディア

『ラビッツ』が映画化 ユービーアイソフトとソニー・ピクチャーズが合意

ゲームビジネス その他

ユービーアイソフトとソニー・ピクチャーズがゲーム『ラビッツ』シリーズを基にした映画を制作することで合意したと発表しました。

『ラビッツ』はWiiのロンチタイトルとしてデビューしたバラエティアクションゲーム。ゲーム内容は様々なアクションゲームが詰まったミニゲーム集のようなものでしたが、「ラビッツ」と呼ばれるウサギの楽しくでダークなキャラクター性が強烈な印象を残しました。

これまで続編が幾つも制作されているほか、2011年に設立されたユービーアイの映像制作部門ユービーアイソフト・モーション・ピクチャーズの制作で、ニコロデオンとフランステレビがタッグを組んで、2013年の秋にはテレビアニメシリーズ「Rabbids Invasion」が放送されました。既に第2シーズンの放送も決定するなど、人気を集めたようです。そうして今回の本格的な映画化。どのような作品になるか興味深いですね。公開時期や監督などは明らかにされていません。

ユービーアイソフト・モーション・ピクチャーズ Jean-Julien Baronnetエグゼクティブディレクター
「ソニー・ピクチャーズはライブアクションとアニメーションの融合で世界中を魅了してきた素晴らしい実績を持っており、ラビッツの映画化に当ってはごく自然なパートナーです。この合意はソニー・ピクチャーズとの協力関係を更に深めると共に、ユービーアイのブランドを広げていこうとするアプローチを象徴するものです」

コロンビア・ピクチャーズ Hannah Minghela プロダクション代表
「ラビッツには伝播するような中毒性があります。彼らの単純な喜びや不条理さ、そしてヘンテコな動きは予期せずして新たな世界を観衆に見せることになります。彼らの劇場に足を踏み入れたとき、終わりのないコメディーとカオスの世界を目撃することになるでしょう」
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

    VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

  2. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  3. プレステ世代のクリエイターと共にソニーIPをモバイルへ―ForwardWorks 川口智基氏に訊く

    プレステ世代のクリエイターと共にソニーIPをモバイルへ―ForwardWorks 川口智基氏に訊く

  4. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  5. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  6. 新型PS4とVRを軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート

  7. グリーとDeNAが独占禁止法違反と名誉毀損について和解したことを発表、今後は業界のために協力

  8. 日本初(?)のUnreal Engine 4を使ったモバイルゲームをたった一人で開発 『ダンジョン&バーグラー』のヒストリアを直撃

  9. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  10. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top