人生にゲームをプラスするメディア

『ラビッツ』が映画化 ユービーアイソフトとソニー・ピクチャーズが合意

ゲームビジネス その他

ユービーアイソフトとソニー・ピクチャーズがゲーム『ラビッツ』シリーズを基にした映画を制作することで合意したと発表しました。

『ラビッツ』はWiiのロンチタイトルとしてデビューしたバラエティアクションゲーム。ゲーム内容は様々なアクションゲームが詰まったミニゲーム集のようなものでしたが、「ラビッツ」と呼ばれるウサギの楽しくでダークなキャラクター性が強烈な印象を残しました。

これまで続編が幾つも制作されているほか、2011年に設立されたユービーアイの映像制作部門ユービーアイソフト・モーション・ピクチャーズの制作で、ニコロデオンとフランステレビがタッグを組んで、2013年の秋にはテレビアニメシリーズ「Rabbids Invasion」が放送されました。既に第2シーズンの放送も決定するなど、人気を集めたようです。そうして今回の本格的な映画化。どのような作品になるか興味深いですね。公開時期や監督などは明らかにされていません。

ユービーアイソフト・モーション・ピクチャーズ Jean-Julien Baronnetエグゼクティブディレクター
「ソニー・ピクチャーズはライブアクションとアニメーションの融合で世界中を魅了してきた素晴らしい実績を持っており、ラビッツの映画化に当ってはごく自然なパートナーです。この合意はソニー・ピクチャーズとの協力関係を更に深めると共に、ユービーアイのブランドを広げていこうとするアプローチを象徴するものです」

コロンビア・ピクチャーズ Hannah Minghela プロダクション代表
「ラビッツには伝播するような中毒性があります。彼らの単純な喜びや不条理さ、そしてヘンテコな動きは予期せずして新たな世界を観衆に見せることになります。彼らの劇場に足を踏み入れたとき、終わりのないコメディーとカオスの世界を目撃することになるでしょう」
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

    【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  2. 【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

    【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

  3. 『TGS2016』『ブレイブウィッチーズ VR』で空を飛ぶ「雁淵ひかり」を真後から見つめてみた

    『TGS2016』『ブレイブウィッチーズ VR』で空を飛ぶ「雁淵ひかり」を真後から見つめてみた

  4. 【TGS2016】『バイオハザード』と「L'Arc-en-Ciel」夢の融合!S.T.A.R.S.隊員hydeをVRで堪能

  5. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  6. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  7. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  8. 【特集】中二全開のVR剣戟ACT『CIRCLE of SAVIORS』に脱帽、「やれば分かる」の概念がぶち壊れる

  9. 新型PS4とVRを軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート

  10. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

アクセスランキングをもっと見る

page top