人生にゲームをプラスするメディア

定価10倍のプレミアソフト、DS『コロぱた』がDSiウェアで復刻か ― ラックプラス社長がTwitterで「デバッグ作業」を報告

任天堂 DS

物理演算による独特のゲーム性
  • 物理演算による独特のゲーム性
  • ちょっとコミカルなストーリー
  • ニンテンドーDS『コロぱた』メインビジュアル
  • ニンテンドーDS『コロぱた』パッケージ
ラックプラスは、社長の阿部修治氏のTwitterにて、ニンテンドーDSソフト『コロぱた』のDSiウェア版の開発状況について報告しています。

『コロぱた』は、2009年12月24日にニンテンドーDSで発売された「自律キャラお使いアクション」ゲームです。勝手に歩き回る主人公「ひまわり」のおつかいを、スタートからクリアまで、そっと影から手伝います。物理演算で動くアイテムや仕掛けの数々が一部のユーザーに高く評価され、現在でも根強い人気を誇っています。

本作の特徴は、プレイヤーは「ひまわり」がステージクリア条件を満たすためのアイテムの設置をあらかじめ行うことしかできない点にあります。アイテムによる「ひまわり」のリアクションや、物理演算に基づくさまざまな要素によって、無事にクリア条件を満たせるように試行錯誤で「ひまわり」を間接的に導いてあげましょう。

かわいいキャラクターと、独特かつ緻密なゲーム性が一部のユーザーで非常に高い人気を呼び、現在ネット通販では、発売時の10倍ほどの値段で取引きされていることも珍しくありません。2014年2月3日17時現在のAmazonマーケットプレイスでは、新品49,800円、中古17,000円というプレミア価格で販売されています。

昨年12月10日に「ラックプラス開発ブログ」にて「おそらくDSiウェア」で『コロぱた』を復刻させる旨の記述をしており、その後ファンからも動向が見守られていました。それから2ヶ月弱経った本日、ラックプラス社長・阿部修治氏がTwitterにて、以下のように発言されています。



これはDSiウェア版『コロぱた』の開発に大方の目処がつき、デバッグ(バグや不具合などがないか細部に渡りチェックする)作業に入ったことを意味しています。DS版と同じ内容となるのか、新しい内容となるのか、今のところ詳細は明かされていませんが、近い将来DSiウェアとして『コロぱた』が復刻するのは間違いなさそうです。

『コロぱた』について、どんなゲームかもっと知りたいという方は、DS版発売当時の紹介動画もぜひチェックしてみてください。

■コロぱた 紹介映像

YouTube 動画URL:http://youtu.be/tvGkSrzZ6Ys

『コロぱた』5年ぶりの復刻となるか、今後の動向にもどうぞご注目ください。

(C)2009 LukPlus CO.,Ltd
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

  2. 『マリオカート8 デラックス』新機能「ハンドルアシスト」や新参戦キャラもお披露目! 有野晋哉やザ・たっち、小松未可子がガチ対戦

    『マリオカート8 デラックス』新機能「ハンドルアシスト」や新参戦キャラもお披露目! 有野晋哉やザ・たっち、小松未可子がガチ対戦

  3. 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

    『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

  4. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ステージで声優の青木瑠璃子が大興奮!デモ版で広大な世界を冒険

  5. 2017年も『ポケモン』×「カゴメ」のケチャップキャンペーンが開催!「ねぶくろピカチュウぬいぐるみ」などが当たる

  6. ニンテンドースイッチは「すれちがい通信」「Miiverse」に対応せず、海外メディアが報道

  7. 米任天堂、『ファイアーエムブレム』のダイレクト実施へ―開催は現地18日

  8. ニンテンドースイッチの価格・発売日からタイトル発表まで! 『スプラトゥーン2』『ゼルダの伝説 BoW』も飛び出したプレゼンを振り返る

  9. 『スーパーマリオ オデッセイ』新アクション「帽子投げ」もお披露目! 開発者が語るステージ映像が公開

  10. 宮本茂が語る『スーパーマリオ オデッセイ』への思い ─ 本作は“ガッツリ遊べるアクション”に

アクセスランキングをもっと見る