人生にゲームをプラスするメディア

海外レビューハイスコア『Tomb Raider: Definitive Edition』

ソニー PS4



    Impulsegamer: 100/100
    Game Informer: 93/100
    IGN: 91/100
    Eurogamer Italy: 90/100
    GamesRader: 90/100
    USgamer: 90/100
    Hardcore Gamer Magazine: 90/100
    Metro GameCentral: 80/100
    Playstation Official Magazine UK: 70/100




◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

スクウェア・エニックスの人気サバイバルアクションゲーム『Tomb Raider: Definitive Edition』の海外レビューとなります。

ララ・クロフト最初の冒険が描かれる『Tomb Raider』は2013年4月にPS3とXbox 360、そしてWindowsで発売されました。本作『Tomb Raider: Definitive Edition』はそのPS4・Xbox ONE版となるタイトルで、発売以前より、次世代機のパワーを見せつけるハイクオリティなトレーラー映像の公開などで話題を集めてきました。

現在寄せられているレビューはPS4版が全32レビューで、スコアは84。Xbox ONE版は全11レビューで、スコアは86。探索やテンポがよくバラエティに富んだ楽しい戦闘、といったゲームプレイ部分は変わりない好評さを獲得しており、中でも最も賛辞が集まっているのは、旧バージョンと比べて圧倒的に美しさを増したグラフィック表現です。詳細な部分まで描き出されたキャラクター、ララの不思議なほどに美しい髪の表現と洞窟の壁に反射する水のきらめきといった描写が、ビジュアル面での印象、雰囲気を非常に強いものにしているとのこと。

悪い点では、マルチプレイのゲーム性やXbox One版のフレームレートに関する指摘も見受けられます。また、本作では「PlayStation Eyeカメラ」などを使って、マップの表示や武器の持ち替えといった一部の行動を音声のみで指示できる音声入力に対応していますが、その機能をONにしたままで隣の友人と会話をしたり、何か関係のないものを見つめていたりすると、ゲームが一時停止したり解除されたりという誤作動も若干あるようです。

とはいえ、ゲーム全体としての評価は高く、「紛れもなく『Tomb Raider』のベストバージョンで、現時点であそべるPS4・Xbox ONEタイトルでは最高のものだ」と絶賛する声も上がっています。シリーズファンはもちろんのこと、旧バージョンを遊びそこねてしまったという人は、これを機会に『Tomb Raider』の世界を堪能してみるのもいいかもしれません。
《Ami》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

    『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

  2. 『PSO2』FFXIVコラボ「オーディン」戦の映像が公開!「真・斬鉄剣」が発動すると全滅する…実装は7月6日

    『PSO2』FFXIVコラボ「オーディン」戦の映像が公開!「真・斬鉄剣」が発動すると全滅する…実装は7月6日

  3. 『初音ミク Project DIVA Future Tone』シェアプレイの“音なし”は著作権的仕様、アケコン検討に対するコメントも

    『初音ミク Project DIVA Future Tone』シェアプレイの“音なし”は著作権的仕様、アケコン検討に対するコメントも

  4. 【PS Vita DL販売ランキング】8位『薄桜鬼 真改 華ノ章』、10位『√Letter ルートレター』などが初登場ランクイン(6/24)

  5. 完全新作『うたの☆プリンスさまっ♪Dolce Vita』発売決定、『Repeat』のPS Vita移植版も

  6. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  7. 「ホラー×VRは怖すぎて遊びたくない」バイオハザードチームが贈るMorpheusデモ『KITCHEN』を体験

  8. 『AKIBA'S BEAT』主要キャラの声優陣が明らかに! 増田俊樹や上坂すみれなどが参加

  9. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  10. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

アクセスランキングをもっと見る

page top