人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、自社キャラクターIPをゲーム以外の場でも積極的に活用へ

任天堂 その他

任天堂が今朝公開した経営方針説明会/第3四半期決算説明会の議事録で、同社のキャラクターIPライセンスの活用についても、今後方針を改める意向が述べられています。

岩田聡社長は、任天堂が豊富なキャラクターIPを持ってると言われるようになった背景には、「キャラクターの価値の毀損のリスクも大きいキャラクターIPのライセンスビジネスに対しては消極的なアプローチを採り、自社の厳選したソフトを中心に登場させることでじっくり育ててきたアプローチが、これまでのところ運良く実を結んでいる」という側面があると説明。

しかし今後はその方針を一転し、「マリオ」や「ヨッシー」をはじめとする同社のキャラクターIPのライセンスビジネスに対して、適切なパートナーを探すなどして、積極的に展開していくとのこと。米国ではキャラクターマーチャンダイズの商品展開を1年ほど前からすでに進めていて、直接の競合ではなくWin-Winでやっていけるものについては柔軟に対応していく、とも話しています。

こうした取り組みを世界的に進めることで、任天堂キャラクターをテレビゲーム分野以外の場でも広く目に触れるようにしていく考えのようです。
《谷理央》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂、3DS搭載のリチウム電池に関するガイドライン公開―意外と知らない豆知識も…?

    任天堂、3DS搭載のリチウム電池に関するガイドライン公開―意外と知らない豆知識も…?

  2. 「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」の8月24日号公開 ― 新作が続々登場!

    「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」の8月24日号公開 ― 新作が続々登場!

  3. 未発売のHDリマスター版『ゴールデンアイ 007』プレイ映像が出現

    未発売のHDリマスター版『ゴールデンアイ 007』プレイ映像が出現

  4. カプコンの新作3DSソフトは「Suica」など交通系ICカードと連動! 乗車履歴でキャラとコミュニケーション

  5. 松野泰己氏すら覚えていなかったSFC版『タクティクスオウガ』裏コマンドが19年越しで発見される

  6. Wii U版『シャンティ -リスキィ・ブーツの逆襲-』8月31日配信決定、ドット絵にもこだわりを感じる2Dアクション

  7. 土管から「安倍マリオ」登場!?リオ五輪閉会式で安倍総理がマリオに扮する

  8. 『ゼルダの伝説』リンクがハイクオリティなフィギュアに!『トワプリHD』『ムジュラ』『神トラ2』の3作品

  9. Wii U向けVC『スターフォックス64』『闘いの挽歌』8月31日配信

  10. 『ポケモンGO』効果で3DSがハードウェア首位、ソフトは『GTA V』が返り咲き―2016年7月の米国セールスデータ

アクセスランキングをもっと見る

page top