人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、自社キャラクターIPをゲーム以外の場でも積極的に活用へ

任天堂 その他

任天堂が今朝公開した経営方針説明会/第3四半期決算説明会の議事録で、同社のキャラクターIPライセンスの活用についても、今後方針を改める意向が述べられています。

岩田聡社長は、任天堂が豊富なキャラクターIPを持ってると言われるようになった背景には、「キャラクターの価値の毀損のリスクも大きいキャラクターIPのライセンスビジネスに対しては消極的なアプローチを採り、自社の厳選したソフトを中心に登場させることでじっくり育ててきたアプローチが、これまでのところ運良く実を結んでいる」という側面があると説明。

しかし今後はその方針を一転し、「マリオ」や「ヨッシー」をはじめとする同社のキャラクターIPのライセンスビジネスに対して、適切なパートナーを探すなどして、積極的に展開していくとのこと。米国ではキャラクターマーチャンダイズの商品展開を1年ほど前からすでに進めていて、直接の競合ではなくWin-Winでやっていけるものについては柔軟に対応していく、とも話しています。

こうした取り組みを世界的に進めることで、任天堂キャラクターをテレビゲーム分野以外の場でも広く目に触れるようにしていく考えのようです。
《谷理央》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  2. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

    「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  3. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

    出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  4. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  5. 『ポケモン サン・ムーン』8月1日22時ごろに新情報が公開

  6. ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

  7. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」発表!HDMI接続に対応し、30作品を収録

  10. 【特集】『ポケモンGO』プレイ前に揃えておきたいアイテムまとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top