人生にゲームをプラスするメディア

ファンと共に歩んできた『MH』シリーズさらなる躍進へ、『MH4G』の制作発表もされた「モンスターハンターフェスタ’13」決勝大会レポート

任天堂 3DS

ファンと共に歩んできた『MH』シリーズさらなる躍進へ、『MH4G』の制作発表もされた「モンスターハンターフェスタ’13」決勝大会レポート
  • ファンと共に歩んできた『MH』シリーズさらなる躍進へ、『MH4G』の制作発表もされた「モンスターハンターフェスタ’13」決勝大会レポート
  • ファンと共に歩んできた『MH』シリーズさらなる躍進へ、『MH4G』の制作発表もされた「モンスターハンターフェスタ’13」決勝大会レポート
  • ファンと共に歩んできた『MH』シリーズさらなる躍進へ、『MH4G』の制作発表もされた「モンスターハンターフェスタ’13」決勝大会レポート
  • ファンと共に歩んできた『MH』シリーズさらなる躍進へ、『MH4G』の制作発表もされた「モンスターハンターフェスタ’13」決勝大会レポート
  • ファンと共に歩んできた『MH』シリーズさらなる躍進へ、『MH4G』の制作発表もされた「モンスターハンターフェスタ’13」決勝大会レポート
  • ファンと共に歩んできた『MH』シリーズさらなる躍進へ、『MH4G』の制作発表もされた「モンスターハンターフェスタ’13」決勝大会レポート
  • ファンと共に歩んできた『MH』シリーズさらなる躍進へ、『MH4G』の制作発表もされた「モンスターハンターフェスタ’13」決勝大会レポート
  • ファンと共に歩んできた『MH』シリーズさらなる躍進へ、『MH4G』の制作発表もされた「モンスターハンターフェスタ’13」決勝大会レポート
カプコンは、東京の品川インターシティホールにて、「モンスターハンターフェスタ'13 決勝大会」を開催しました。

本イベントには、東京、名古屋、福岡、札幌、大阪の5会場で実施された予選地区大会を勝ち抜いた凄腕ハンターと招待されたハンターたちが集結。当日には、現地にて決勝進出枠を勝ち取った6チームもそれぞれの部門に参加しました。レポートでは、日本一を決める狩王決定戦についてお伝えしていきます。

狩王決定戦は歌姫が登場し、厳かにも雄大に「目覚めの章」「魂を宿す唄」で狩猟の始まりを告げました。そして、カプコン サウンドチーム所属のコンポーザー牧野忠義氏と裏谷玲央氏のユニット、「BlackLute」による生演奏で全16チームが入場となりました。

まずは「ネルスキュラの討伐」で4チームに絞られます。その後、「ザボアザギルからのティガレックス討伐」で準決勝を行い2チームに。決勝戦では、「イャンガルルガ&ブラキディオスからの激昂したラージャンの大連続狩猟」にて日本一の最速ハンター「狩王」が決定されます。

ネルスキュラは、なかなか予想通りとはいかないトリッキーな動きが特徴。力尽きるハンターも出るなど、この時点で時の運も感じさせる戦いとなりました。「開発的にはハンマーが入るかと思っていた」とのコメントも開発陣から出た、「ザボアザギルからのティガレックス討伐」では太刀が人気。見守る観客も一喜一憂、友人チームの進退を見守り、なかには誰が優勝するか予想を楽しむ姿も見られました。

決勝戦に進んだのは「(無限)インフィニティ」チームと「すーぱーどらい(星)」チームの2組。「イャンガルルガ&ブラキディオスからの激昂したラージャンの大連続狩猟」については、「無茶ぶりでしょう」と辻本プロデューサーも言うほどの難易度設定で、これは「極力拘束系のアイテムも減らし、純粋にプレイヤースキルを見てみたかった」という開発陣の理由からでした。出発のロード中にはお互いに握手を交わす姿が見られ、観客からも緊張感ある盛大な拍手が贈られました。

※双方のチームに記号が使われていますが、記事配信の関係で括弧内の文字表記で対応させていただきます

そうしてスタートした決勝戦。どちらのチームも操虫棍と操虫棍の組み合わせで挑み、約11秒という差で勝敗が決まりました。

優勝「すーぱーどらい(星)」 チーム 10分51秒90
準優勝「(無限)インフィニティ チーム」チーム 11分03秒26

最後にこれまで狩猟を見守り、実況と解説を行っていた開発陣から感謝のメッセージが語られ壇上がガラリとなり、お開きかと思うと、聞き慣れた「出発音」が響きわたりました。辻本良三プロデューサーが登場し、「さきほどの音は、こういうことです。こちらをご覧ください」と言うと会場は暗転。



「お?」「え?」「おおー!」と様々な場所から高鳴る声が飛ぶと、その声は絶叫にも近い「えー!!」という声、そして「マジで」という声を会場中から飛び交い100回ぐらいは耳にしたと思います。配信ではファンの声がオフになっていましたが、それが惜しいぐらいの熱気でした。そして「英雄の証」が流れ、『モンスターハンター4G』のロゴが映し出された場面で、その声はピークに。

拍手が鳴り止まないなか、辻本氏からは「さっきの音はクエストの出発音ですね。『MH4』はまだまだみなさまと「出発」していきたいと思っております。今日この場で『MH4G』の制作を発表させていただきます」と語られました。『MH4G』では、『MH4』のセーブデータがほぼ引き継げるとのことです。ラストには再び歌姫が登場し、「ひとつの唄」でイベントは幕を閉じました。

注目したいのが、始まりと終わりに2度登場した歌姫。注目すべきは歌われたその歌詞。「さあ、始めよう(中略)私から貴方へ 貴方から私へ」と激励と感謝をも感じさせる「目覚めの章」、そして「世界は廻り、世界へ還る 全てに宿る大いなる意志へ」と最速ハンターを決めるにふさわしい楽曲が歌われたことがわかります。

そして、『MH4』のエンディングでも流れていた「ひとつの唄」。こちらは、ゲーム本編のシナト村の神殿にいる大僧正から「古くから、こんな歌が伝わっているんだ。」と内容を聞くことができます。「(中略)あまたの想いは力にかわり 命が御魂に帰る時 新たな想いが生まれけん 消えぬ想いは御魂に帰り 新たな生命の息吹待つ」と、『MH4G』制作開始とそこを目指すハンターの門出にふさわしい歌が歌われたのでした。

『MH4G』制作発表解禁の場がファンの前、というのも粋なところですね。

『モンスターハンター4G』は2014年に発売を予定しています。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.
《きゃんこ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  2. 任天堂、『ポケモンGO』が業績に与えるインパクトは「限定的」と言及

    任天堂、『ポケモンGO』が業績に与えるインパクトは「限定的」と言及

  3. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

    「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  4. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  5. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」紹介映像―懐かしさこみ上げる

  6. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  7. 『ポケモン サン・ムーン』8月1日22時ごろに新情報が公開

  8. ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

  9. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

  10. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

アクセスランキングをもっと見る

page top