女子力が、色んな限界を突破させるかもしれない『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』公式サイトをオープン

女子力が、色んな限界を突破させるかもしれない『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』公式サイトをオープン

2014年1月24日(金) 09時00分
  • 物語の鍵となる(?)、ゆるキャラ「いざえもん」の画像
    物語の鍵となる(?)、ゆるキャラ「いざえもん」
  • パッケージイラストの画像
    パッケージイラスト
  • この教室で、どんな天国や地獄が展開されるのか…の画像
    この教室で、どんな天国や地獄が展開されるのか…
  • 『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』ロゴの画像
    『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』ロゴ

日本一ソフトウェアは、PS3ソフト『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』の公式サイトを正式オープンしました。

『流行り神』シリーズや『特殊報道部』といった硬派なアドベンチャーも手掛けている日本一ソフトウェアが、新たに“美少女”アドベンチャーをリリース。そのタイトルも刺激的な『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』にて、新境地へと挑戦します。

美少女モノながらも、なにやら不穏な気配が漂う本作。そのロゴも、包丁かナイフかは定かではありませんが、美少女の登場するゲームを彩るアイテムとしては少々物騒なものが、デザインとして組み込まれています。また、身近な殴打力としては飛び抜けているバットもあしらわれており、タイトルを見るだけでも背筋に冷たいものが流れます。

そんな刺激的なタイトルを掲げる本作の公式サイトが、このたび正式にオープンしました。初回の更新では、ストーリーのあらすじや個性溢れるメインキャラクターに関する情報がアップされているほか、美少女アドベンチャーならではの可愛い女の子とのイベントイラストなども公開中です。

幸い(?)、今のところヤンデレな部分は影を潜めているようなので、平和なうちに安心してサイトをご覧ください。もしかしたら、いずれ開くのも恐ろしいサイトに変貌していくのかもしれませんから…。

『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』は、2014年4月24日発売予定。価格は、パッケージ版が7,344円(税込)、ダウンロード版が 6,171円(税込)です。

(C)2014 Nippon Ichi Software, Inc.

(Article written by 臥待 弦(ふしまち ゆずる))

ソニーアクセスランキング


パッケージ画像
機種 PS3
ジャンル ADV
発売元 日本一ソフトウェア
開発元 日本一ソフトウェア
発売日 2014年04月24日
プレイ人数 プレイ人数未定
おすすめ記事
[PR]インサイド楽天