最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
任天堂スペインが各ハードごとのソフト売上トップ10を発表 ― Wii Uや3DSにはお馴染みのタイトルがずらり

任天堂スペインが各ハードごとのソフト売上トップ10を発表 ― Wii Uや3DSにはお馴染みのタイトルがずらり

2014年1月23日(木) 20時30分
  • スーパーマリオ3Dワールドの画像
    スーパーマリオ3Dワールド
  • とびだせ どうぶつの森の画像
    とびだせ どうぶつの森
  • ポケットモンスターXの画像
    ポケットモンスターX
  • ポケットモンスターYの画像
    ポケットモンスターY

任天堂スペインが、コンソール別タイトル売上トップ10を発表しました。

これは任天堂スペイン公式サイトにて発表されたもので、対象コンソールはWii U、ニンテンドー3DS、Wii、DSの4つ。

日本でもお馴染みのタイトルがその多くを占めていました。



■Wii Uタイトルトップ10
1. スーパーマリオ3Dワールド(2013/11/29)
2. Just Dance 2014 (2013/10/1)
3. Wii Party U + Wiiリモコンセット(ブラック) (2013/10/25)
4. Wii Party U + Wiiリモコンセット(ホワイト) (2013/10/25)
5. マリオ&ソニック AT ソチオリンピック (2013/11/8)
6. Skylanders Swap Force (2013/10/18)
7. Disney Infinity (2013/8/23)
8. ゼルダの伝説 風のタクト (2013/10/4)
9. Lego Marvel Super Heroes (2013/11/15)
10. New スーパールイージ U (2013/6/20)

■ニンテンドー3DSトップ10
1. とびだせ どうぶつの森 (2013/6/14)
2. ポケットモンスター Y (2013/10/12)
3. ポケットモンスター Y (2013/10/12)
4. レイトン教授VS逆転裁判 (2013/11/8)
5. イナズマイレブン3 ボンバー (2013/9/27)
6. イナズマイレブン3 スパーク (2013/9/27)
7. ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 (2013/11/22)
8. New スーパーマリオブラザーズ 2 (2012/8/17)
9. マリオカート7 (2012/12/2)
10. ルイージマンション2 (2013/3/27)

■Wiiトップ10
1. Just Dance 2014 (2013/10/1)
2. Skylanders Swap Force (2013/10/18)
3. FIFA 14 (2013/9/26)
4. Let's Sing 6: Spanish version (2013/11/8)
5. ディズニーインフィニティ (2013/8/23)
6. The Voice (2013/11/8)
7. Zumba Fitness World Party (2013/11/5)
8. マリオカートWii (2008/4/11)
9. New スーパーマリオブラザーズ Wii (2009/11/20)
10. スーパーマリオギャラクシー (2007/11/16)

■ニンテンドーDSトップ10
1. Monster High: 13 monster-Wish (2013/11/22)
2. イナズマイレブン (2011/1/28)
3. Monster High: The labyrinthine skating (2012/11/13)
4. New スーパーマリオブラザーズ (2006/6/30)
5. Turbo: Super Stunt Squad (2013/10/11)
6. マリオカートDS (2005/11/25)
7. The Smurfs 2 (2013/7/18)
8. レイトン教授と魔神の笛 (2011/11/25)
9. Dora and Friends (2013/3/24)
10. Dinsey Planes (2013/8/6)

※カッコ内はスペインでの発売日


興味深いことに、もともと日本ではニンテンドーDSソフトとして発売された『イナズマイレブン3 スパーク/ボンバー』が3DS向けとしてリリースされており、またDSタイトルの半分が国内未発売のものでした。

なお、スペインではWii miniが販売されていることもあり、今もWii向け新作が発売され続けています。

しかしDSソフトに目を向けてみると、こちらも最近発売されたタイトルがいくつかランクインしており、まだまだスペインには旧世代のハードを愛用するユーザーが残っていることがうかがえる結果となりました。

(C) Nintendo

(Article written by 菜種)

任天堂アクセスランキング