人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドー3DS、米国だけで1150万台に到達 前年比45%の成長

任天堂 3DS

デファクトスタンダードとなったニンテンドー3DS 写真提供: Getty Images
  • デファクトスタンダードとなったニンテンドー3DS 写真提供: Getty Images
任天堂オブアメリカはニンテンドー3DSが2013年絶好調だったと幾つかの数字を並べて明らかにしました。

ゲームソフトの売上はパッケージ/ダウンロード合算で1600万本で、前年比で45%もの増加。本体も米国だけで累計販売台数が1150万台に到達しました。一年前に600万台という数字がありましたので、一年間で約600万台を売ったことになります。

ゲームソフトの評価も高く、7タイトルがメタスコアで85点以上を記録。中でも『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』と『ファイアーエムブレム覚醒』は90点を超えました。

任天堂オブアメリカ上級副社長セールス&マーケティングのScott Moffitt氏は「ニンテンドー3DSはあらゆるプレイヤーを満足させるゲームを取り揃えています。この勢いは2014年も衰えることはありません。私たちは人々が望むゲームタイトルを次々に投入し、3DSにとって最良の日々が続くでしょう」と述べています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲームが登場、素材は盗用か

    中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲームが登場、素材は盗用か

  2. 『ポケモン サン・ムーン』「カプ・コケコ」「クワガノン」など新ポケモン詳細が一挙公開、新要素の画面写真も

    『ポケモン サン・ムーン』「カプ・コケコ」「クワガノン」など新ポケモン詳細が一挙公開、新要素の画面写真も

  3. 『スプラトゥーン』更新データ(Ver.2.9.0)7月6日配信、無敵SPやダイナモの調整などが実施

    『スプラトゥーン』更新データ(Ver.2.9.0)7月6日配信、無敵SPやダイナモの調整などが実施

  4. 任天堂がVRへの取り組みについてコメント…NXやゼルダ、自社IP映画の情報も

  5. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  6. 『ポケモン サン・ムーン』新ポケモンを紹介する映像公開!カプ・コケコ、デンヂムシ、ジジーロンなど

  7. 『スプラトゥーン』ついに“最後のフェス”が7月22日から開催、テーマは「アオリ vs ホタル」!

  8. 『ポケモン』中国語名称を巡り改名騒動、日本領事館付近でデモ

  9. 『スプラトゥーン』“ラストフェス”Tシャツ発売決定!イカベーダーCAPやギアパワー缶バッジBOXセットも

  10. 任天堂版「PlayStation」発見される…世に出回っていないと思われていた幻のゲーム機

アクセスランキングをもっと見る

page top