人生にゲームをプラスするメディア

購入済みタイトルを「PS Now」で無料プレイするのは不可能? 英サイトのインタビューで担当者が発言

ソニー その他

購入済みタイトルを「PS Now」で無料プレイするのは不可能? 英サイトのインタビューで担当者が発言
  • 購入済みタイトルを「PS Now」で無料プレイするのは不可能? 英サイトのインタビューで担当者が発言
ラスベガスで行われた国際家電ショーCES 2014にて発表されたゲームストリーミングサービス「PlayStation Now」ですが、英国のニュースサイトCVGが行ったインタビュー内で担当者から「ユーザーが今まで購入してきた所有済みタイトルをPlayStation Now上で無料でプレイすることは“現状では不可能”としている」との発言がありました。

SCEAのマーケティングディレクターであるJohn Koller氏は、「ユーザーがPS4本体にPS3のゲームディスクを挿入して、それを“購入済みゲーム”として認識させ、(PS Nowの)ストリーミングでのプレイをアンロックさせることは可能でしょうか?」との質問に「現状では考えていない」とコメントしており、所有済みタイトルをPS Nowでプレイする際の必要価格についても「割引などが適応されるかどうかは現在検討中」と語っています。

「PlayStation Now」は過去にリリースされたPSタイトルを様々なデバイスでプレイすることが可能なクラウドゲーミングサービスとなっており、Gaikaiをベースにしたストリーミング技術が注目を集めていましたが、このインタビューによってその販売形態が部分的に明らかになったようです。

今後はPS4およびPS3向けにPS3タイトルのストリーミングサービスを展開し、PS Vitaやソニーの液晶テレビ「ブラビア」の米国モデルなど様々なデバイスにも対応していく予定ですが、現状では不明瞭な点が多いままの模様です。ストリーミングサービスだけあってゲーム操作に対するレイテンシーなども大きな課題となっていますが、今回のインタビューによって判明したソフト資産継承におけるネックが今後「PS Now」にどのように影響していくのか、続報が気になるところです。
《ハヤカワ》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ―無償の愛に心震え、涙が止まらない

    『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ―無償の愛に心震え、涙が止まらない

  2. PS4『イース・オリジン』2017年2月21日発売! 独自の新機能を追加し多言語に対応

    PS4『イース・オリジン』2017年2月21日発売! 独自の新機能を追加し多言語に対応

  3. 『人喰いの大鷲トリコ』発売!新TVCMや北欧陶芸家リサ・ラーソンのコラボも

    『人喰いの大鷲トリコ』発売!新TVCMや北欧陶芸家リサ・ラーソンのコラボも

  4. リマスター版『クラッシュ・バンディクー』海外ゲームプレイ―アクアクも鮮やか!

  5. 『ニューダンガンロンパV3』井上喜久子や坂本真綾らが演じるキャラを映像で紹介… 山寺宏一の「モノファニー」も必聴!

  6. 『閃乱カグラ』シリーズ5周年イベントで「爆乳ハイパー総選挙」開催!『PBS』新情報も

  7. 『Marvel vs Capcom: Infinite』に「キャプテン・アメリカ」「モリガン」参戦決定!ゲームプレイ映像をロング版で堪能

  8. PS4『アケアカNEOGEO 餓狼伝説 ~宿命の闘い~』12月15日配信! 2ラインバトルを制する戦いが再び幕開け

  9. 国内における年間ベストPSゲームを表彰する「PlayStation Awards 2016」が12月13日に開催

  10. 「PSVR」12月17日より追加販売が実施

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top