人生にゲームをプラスするメディア

SCE、PS3ソフトをストリーミングでプレイできるサービス「PS Now」を日本でも正式に発表

ソニー PS4

SCE、PS3ソフトをストリーミングでプレイできるサービス「PS Now」を日本でも正式に発表
  • SCE、PS3ソフトをストリーミングでプレイできるサービス「PS Now」を日本でも正式に発表
SCEは、ラスベガスで開幕した国際家電ショーCES 2014にて、クラウド技術を活用した「プレイステーション」のストリーミングゲームサービス「PlayStation Now(PS Now)」を今夏より米国で開始すると明かしましたが、このたび国内に向けても同様の発表が行われました。

米国での発表は既にお知らせした通りですが、このたび日本でも正式に告知され、国内における今後の展開や発展に大きな期待を抱かせてくれました。

「PS Now」は、まずPS3のゲームタイトルを、PS4およびPS3向けにそのサービスを展開。続いてPS Vitaや2014年中に米国にて発売されるソニーの液晶テレビ「ブラビア」※へ提供し、将来的にはソニー製品に限らず様々なネットワーク対応機器にサービスを拡大していく予定です。※(KDL-R400Bのみ非対応)

このサービスは、レンタルまたは定額制で利用することできるため、ユーザーのプレイスタイルに合わせた選択が可能です。また、オンラインマルチプレイやトロフィー、テキストメッセージの送受信など、PSNの各種機能にも対応しているため、幅広い遊び方も用意されています。

このたびの発表に際し、代表取締役社長兼グループCEOのアンドリュー・ハウス氏からコメントが寄せられております。

◆アンドリュー・ハウス氏 コメント
「プレイステーションならではのエンタテインメント体験を、ストリーミングゲームサービスを通じてより多くの皆様にお届けできることを大変嬉しく思います。プレイステーションユーザーの皆様はもちろんのこと、今までプレイステーションの世界に触れる機会のなかった方でも、手軽にゲームをお楽しみいただけるPS Now に、是非ご期待ください」

◆◆ ◆◆ ◆◆


なお初報の記事では、CES展示会場でPS3の『パペッティア』や『BEYOND: Two Souls』などがブラビアあるいはPS Vitaでプレイできたとの報告が寄せられていましたが、更に『God of War: Ascension』や『The Last of Us』を含めた全4タイトルが楽しめるとのことです。

本サービスの開始に先駆け、1月末より米国の各地域にて順次、PS3上でのベータプログラムを開始する予定も明かした「PS Now」。新たなハードの可能性が、目に見える形でその実力を発揮するこのサービスに、多くのユーザーから関心が寄せられることでしょう。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 「ニーア オートマタ meets amazarashi」制作の音楽アルバム「命にふさわしい」の詳細が公開

    「ニーア オートマタ meets amazarashi」制作の音楽アルバム「命にふさわしい」の詳細が公開

  2. 【レポート】落命の先に待つ達成感…『仁王』には“死にゲー”としての魅力がしっかりとある

    【レポート】落命の先に待つ達成感…『仁王』には“死にゲー”としての魅力がしっかりとある

  3. 『GRAVITY DAZE 2』重力姫キトゥン、ソフマップに降臨!?量販店モチーフの無料DLC配信中

    『GRAVITY DAZE 2』重力姫キトゥン、ソフマップに降臨!?量販店モチーフの無料DLC配信中

  4. 『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」を実装、モグチョコカーニバルを開催

  5. 『ニューダンガンロンパV3』機能向上パッチが配信―PS Vita版のキャラボイスの音質が向上!

  6. 『バイオハザード7』序盤ストーリーダイジェスト公開―無料DLC「Not A Hero」の情報も

  7. 『仁王』48時間限定で「最終体験版」を配信! 製品版に先駆け“戦国死にゲー”を味わおう

  8. 『GRAVITY DAZE 2』「キトゥン」の服は想像以上に複雑!?キャラデザの斎藤俊介が明かす

  9. ダーク戦国アクションRPG『仁王』のマスターアップが遂に報告!―特別番組第3回も放送決定

  10. PS Vita『エビコレ+アマガミ』のDL版が1,500円に! TVアニメ「セイレン」放送を記念して

アクセスランキングをもっと見る