【アニソンキング】2013年のラスト、そして2014年の始まり飾るにふさわしい楽曲が集まった1st ZONEからFINAL ZONEまでをダイジェストでお届け

【アニソンキング】2013年のラスト、そして2014年の始まり飾るにふさわしい楽曲が集まった1st ZONEからFINAL ZONEまでをダイジェストでお届け

2014年1月6日(月) 22時46分
  • 【アニソンキング】2013年のラスト、そして2014年の始まり飾るにふさわしい楽曲が集まった1st ZONEからFINAL ZONEまでをダイジェストでお届けの画像

12月31日から1月1日にかけて、東京都新宿文化ホールにおいて「アニソンキング」が開催されました。

アニソンキングは、2009年に開催された「アニソン紅白」を始まりとするアニソンライブイベントです。ここでは、2013年で五回目の開催となる本イベントのダイジェストをレポートします。

1st ZONEから流れるようなメドレーが展開された2nd ZONE



1st ZONEは「Start Songs」と題され、開幕直後にふさわしい楽曲がラインナップ。記念すべき1曲目に歌われたのは白組の喜多修平氏6枚目のシングルである「世界の果てに君がいても」。こちらはテレビアニメ「世界一初恋2」のオープニングテーマ。ノリの良い爽やかなメロディで見事スタートを飾りました。

3曲目は紅組から、Ray氏が登場。テレビアニメ「凪のあすから」のオープニングテーマである「lull ~そして僕らは~」を爽やかに歌い上げました。

続く2nd ZONEは「A Stream」。ここでの「A」は「Anison」のことで、懐かしの曲から最新の曲まで流れるようなメドレーとなっていました。

2nd ZONEの2曲目は紅組、AiRI氏の爽やかながらハイテンションなナンバー「Imagination > Reality」。こちらはテレビ東京系で放送中のテレビアニメ「ガンダムビルドファイターズ」のエンディングテーマ。


かつての少年少女達へ、3rd ZONEから4th ZONE



3rd ZONEは「B&G」、アニソンボーイズアンドガールズとされ、少年少女が大好きなアニメ&特撮ソングが選ばれています。1曲目は今回が2回目の出場となる吉田仁美氏が歌う「ラブリンク」。テレビアニメ「ドキドキ!プリキュア」の後期エンディングテーマソングで、可愛らしいポップな歌声が響き渡りました。

続く2曲目には、テレビアニメ「美少女戦士セーラームーンR」のエンディングテーマから「乙女のポリシー」。こちら石田燿子氏の楽曲ですが、今回は特別に石田燿子氏と吉田仁美さんのスペシャルデュエットによる披露となりました。途中、吉田氏が感極まって涙、歌声につまるシーンもありましたが見事、長年の夢であったデュエットを歌い上げました。

「京都」がテーマの5th ZONEからアニソン界を代表する楽曲が揃った8th ZONE



5th ZONEのテーマは「京都」。ここではテレビアニメ「有頂天家族」よりオープニングテーマ「有頂天人生」がチョイスされました。それを歌うmilktubのbamboo氏はなんと観客席からのサプライズ登場。bamboo氏ならではの元気ハツラツなパフォーマンスで会場を沸かせました。

前半戦最後を飾ることになった6th ZONEのテーマは「ONE PIECE」。数ある日本のアニメの中でも代表的な作品である1作品がピックアップされ、歴代のテーマソングが披露されました。特に2曲目は「ONE PIECE」の初代オープニングであり、同作の代表的な楽曲でもある、きただにひろし氏の「ウィーアー!」。アニソン界でも伝説的となったこの1曲は、紅組司会の三澤紗千香さんに「ズルい!」と言わしめるほど。会場は熱狂的に盛り上がりを見せました。

6th ZONEが終わった時点でいったん審査結果の中間発表が行われました。結果は僅差で白組がリード。今回から出演側から審査員側となった松本梨香氏は「勉強になりますね、日々精進でございます」とコメント。さらに松本氏は紅組だけではなく白組も含めた両軍の応援として1曲披露。急遽「めざせポケモンマスター」をサプライズで歌い上げ、会場の観客席は松本氏と一緒に大合唱。盛り上がりは最高潮に達しました。

7th ZONEは「A Rocks」。川添バンドによる演奏で、田村直美氏の「ゆずれない願い」や浅岡雄也さんの「DAN DAN 心魅かれてく」と、90年台を代表する様々なアニソンロックナンバーが披露されました。

8th ZONEは「THE Battle」と題され派手なバトル描写にもぴったりなアツい曲がピックアップされています。白組は富永TOMMY弘明氏によるテレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」オープニングテーマ「ジョジョ~その血の運命~」でこのバトルに対抗。審査員の田中公平氏作曲でも有名なこの曲はノリが良いこともあり、会場の観客席かからも「ジョジョ!」と合いの手が入っていました。

2013年のラスト、そして2014年の始まり飾るにふさわしい楽曲が集まった9th ZONEからFINAL ZONE


9th ZONEは「feat.」と題され、ゲストアーティストとともに歌われたフューチャリングソングを中心に披露されました。

いよいよ年越し、0時付近となった10th ZONEのテーマはズバリ「2013 FINAL」で、2013年最後を飾るにふさわしい楽曲がピックアップ。紅組の2013年ラスト曲は石田燿子氏による「ストライクウィッチーズ」楽曲で、「STRIKE WITCHES~わたしにできること~」と「約束の空へ~私のいた場所~」が歌われました。石田燿子氏はデビュー20周年を迎えたのことで、正に2013年最後を飾るにふさわしい楽曲たちとなっていました。

対する白組の2013年ラスト歌手となったのは串田アキラ氏。こちらは「トリコ」楽曲でまとめられており「豪食マイウェイ!!」「ガツガツ!」とオープニングテーマ2曲が披露。歌い終えた串田アキラさんはただ一言「最高ッ!」と語り、ハイテンションでアツいナンバーでの年越しとなりました。

年が明けた2014年最初、そして「アニソンキング」ラストとなるFINAL ZONEは「Captain」と題され、紅組白組それぞれのキャプテン同士による一騎打ち対決となりました。先手は紅組キャプテン米倉千尋さんによるテレビアニメ「フェアリーテイル」オープニングテーマ「フェアリーテイル~約束の日~」。対するは白組キャプテンきただにひろしさんによるテレビアニメ「ガイストクラッシャー」オープニングテーマ「爆アツ!ガイストクラッシャー」という組み合わせ。

対決は更に続き、紅組ラスト楽曲となったのは米倉千尋氏の10thシングルである「Will」。こちらはテレビアニメ「仙界伝 封神演義」オープニングテーマソングでもお馴染み。そして白組ラストを飾ったのはONE PIECEの新オープニングテーマとしてアニソン界にその名を残す「ウィーゴー!」。アニソンイベントの「王道」のラストを飾るにふさわしい楽曲で対決は終了しました。

最後には審査員からの投票、そして会場に集った観客からの投票により勝敗が決し、結果は白組が大差をつけ優勝。白組キャプテンのきただにひろし氏は「2014年は個人的にデビュー20周年。最高の幸先。」と喜びをコメント。紅組キャプテンの米倉千尋さんは「2014年こそは!」と次回開催への意気込みを語りました。

またラストには串田アキラさんと出演者全員による「キン肉マンGo Fight!」の大合唱が行われ、大熱狂のままアニソンキングは幕を下ろしました。

(C) 2013. アニソンキング実行委員会 All Rights Reserved.

(Article written by ひびき)

その他アクセスランキング


おすすめ記事