人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、名作アドベンチャー『エターナルダークネス』の商標を失う可能性が浮上

任天堂 その他

『エターナルダークネス』パッケージ
  • 『エターナルダークネス』パッケージ
  • 米国任天堂『エターナルダークネス』の新たな商標を申請(2013年7月)
任天堂が、ゲームキューブで発売されたアドベンチャーゲーム『エターナルダークネス』の商標を失う可能性があることが判明しました。

これは米国の特許商標庁(United States Patent and Trademark Office)の発表「USPTO TSDR」(Trademark Status & Document Retrieval)を通じて明らかになったもので、12月31日に発行された特許査定通知によると、この3年間で『エターナルダークネス』のIPを使用しなければ、任天堂はその商標を失う可能性があるということです。

『エターナルダークネス ―招かれた13人―』は時代を超えた冒険と独自の恐怖演出などで評価を得た、ゲームキューブのアドベンチャーゲーム。海外でも高い人気をもつIPです。任天堂はこの何年間か本商標の更新を行ってきたうえ、2013年7月には新たな商標登録を申請したことも明らかになりましたが、未だ続編の製作など、具体的な発表は行われないままとなっています。
《Ami》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 3DSのバグを発見して賞金ゲット?任天堂が海外で報奨金プログラムを開始

    3DSのバグを発見して賞金ゲット?任天堂が海外で報奨金プログラムを開始

  2. 『モンハン ダブルクロス』狩猟スタイル「レンキン」詳細や、新サポート傾向「ビースト」の情報が公開

    『モンハン ダブルクロス』狩猟スタイル「レンキン」詳細や、新サポート傾向「ビースト」の情報が公開

  3. 短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに

    短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに

  4. 【レポート】『めがみめぐり』発売記念イベントに伊藤彩沙&尾崎由香が登場、ツクモのおみくじでミラクルを見せる!

  5. 「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応か

  6. 【インタビュー】箕星太朗が語る『めがみめぐり』の魅力 ― ツクモちゃんとのやりとりで癒されて貰いたいです

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. 『ポケモン サン・ムーン』ヨーロッパで210万本の販売を達成、発売から12日で

  9. 日活第2弾タイトル『クリーピング・テラー』正式発表!女子高生が恐怖の屋敷を探索

  10. 3DS『ぷよぷよクロニクル』アルル・アリィの声が変更できる「みさちあボイス」無料配信!

アクセスランキングをもっと見る