人生にゲームをプラスするメディア

追加要素満載!PS Vita版『アーシャのアトリエ Plus ~黄昏の大地の錬金術士~』は、やり込み要素やPS3版DLCを内蔵

ソニー PSV

『アーシャのアトリエ Plus ~黄昏の大地の錬金術士~』
  • 『アーシャのアトリエ Plus ~黄昏の大地の錬金術士~』
  • 『アーシャのアトリエ Plus ~黄昏の大地の錬金術士~』
  • 『アーシャのアトリエ Plus ~黄昏の大地の錬金術士~』
  • 『アーシャのアトリエ Plus ~黄昏の大地の錬金術士~』
  • 『アーシャのアトリエ Plus ~黄昏の大地の錬金術士~』
  • PS3版
  • PS3版
  • PS3版
ガストは、PS Vita『アーシャのアトリエ Plus ~黄昏の大地の錬金術士~』の新情報を公開しました。

『アーシャのアトリエ Plus ~黄昏の大地の錬金術士~』は、2012年6月28日に発売されたアトリエシリーズ第14作目となるPlayStation 3『アーシャのアトリエ ~黄昏の大地の錬金術師~』のPS Vita版です。黄昏シリーズ第1作目である本作の舞台は、前作までのアートランドシリーズとは違い、錬金術で栄華をきわめた文明が衰退し、滅びを迎えつつある黄昏の大地です。薬師の少女アーシャは、行方不明になった妹のニオを取り戻すために、錬金術と光る花の秘密を知る旅にでます。イラストレーターは左氏。発売は、2014年3月27日の予定です。

本作の発売に加え、TVアニメなど、黄昏シリーズが盛り上がる1年となる2014年に新情報として公開されたのは、「ストーリー」「キャラクター」「ゲーム概要」「Plusだけの要素」「エスカ&ロジーのアトリエとの繋がり」「初回特典&プレミアムボックス」についてです。黄昏世界の原点となる『アーシャのアトリエ』の魅力がわかる内容となっています。

■黄昏世界とは?
滅びと再生を繰り返す大地。
儚く、そして美しい光景が魅力のこの世界には遺跡が多く存在し、それらの遺跡周辺に街を作り、採掘によって生計を立てる人や、そんな街に立ち寄る行商人、枯れゆく大地で放牧や農業に携わる人々など、多くの人達が生活しています。
未だに活動を続ける遺跡もあり、その目的を説き明かそうとする人達も少なからず存在しています。

■ストーリー
幾度目かの黄昏の時代が始まり、再び何度目かの慎ましやかな生活が取り戻されつつある世界の、とある一地方。
そこでは、国家のような統治された組織は無いものの、人々が手を取り合って暮らしていた。
その中に、人里離れたアトリエで薬を作って生計を立てている、一人の女の子がいた。
彼女の名前はアーシャ。

以前は祖父と妹と三人で暮らしていたが、数年前に祖父が他界した後、妹も行方不明となってしまい、今はペットのうしがいるだけで、天涯孤独の身となっている。
妹がいなくなってからしばらくは失意の底にいたが、祖父の頃から取引している旅の商人の協力もあり、新たな生きがいを見つけ、立ち直ることに成功するのだった。

そして、悲しみの記憶も少しずつ薄れ始めていたころ。
いつものように薬の材料を探して、アトリエ近くの遺跡に出掛けたアーシャは、そこで、いなくなったはずの妹の姿を見かけることになる。

妹が生きていて、世界のどこかにいることを知ったアーシャは、すぐさま妹を探すために旅立つことを決意する。
手がかりなんて何もないし、何をすればいいかもわからない。

ただ、
この世界のどこかで、妹と再会できることだけを信じて。

■主人公「アーシャ・アルトゥール(Ayesha altuglr)」
年齢:17
血液型:A
身長:157cm
CV:井上麻里奈
職業:薬士、のちに錬金術師

人里離れた平原にぽつんと建ったアトリエに、一人で住んでいる女の子。
平原に生えた薬草や珍しい植物を採り、薬を作って生計を立てている。
妹のニオが生きていることを知り、ペットの牛のバナと共に旅に出る。
性格はとても人当たりがよく、誰とでも仲良くなれるが天然な面があり、周囲をよく巻き込んでいる。

■黄昏の世界に住む人々
『アーシャのアトリエ Plus』でアーシャと深く関わることになるキャラクター

・ユーリス
・リンカ
・マリオン
・ウィルベル
・ニオ
・レジナ
・オディーリア
・キースグリフ

これらのキャラクターの詳細は、わかり次第改めてお伝えします。

■ストーリー序盤
人里離れた遺跡の近くで薬士として牛のバナと共に暮らしているアーシャは、妹のニオが行方不明となってから数年、意気消沈していたこともありましたが、幼馴染みのアーニー等に支えられ、今では明るく過ごしていました。
妹への色あせることのない想いを持ち続けているアーシャが、ニオのいなくなった遺跡に足繁く通っていると、突如、ニオがアーシャの前に現れます。アーシャが必死に呼びかけるものの、消えてしまうニオ。
時同じくして、遺跡調査に来て一部始終を見ていたキースから、アーシャはニオがまだ生きていることを伝えられます。そして、救いたければ錬金術を学べと告げられ、半信半疑ながら、ニオを救う一筋の手がかりとして錬金術を知るために、アーシャは旅に出ることにします。

■ゲーム概要
本作は、3年間の間に冒険を重ね、行方不明になったニオを探し出すことが目的です。冒険を進めて行く中で、採取や調合、戦闘を繰り返し、人々との思い出を作り、物語の核心に迫ります。

ノートで目標を把握し、採取、戦闘、調合などを行うと、イベントが進行します。迫力の戦闘シーンも、PS Vitaで再現。また、『アーシャのアトリエ Plus』では、PS3版DLCが内蔵され、新コスチュームや新規ボスが登場。Plusシリーズで好評の各システムも追加されています。

■Plusだけの要素
黄昏シリーズ初となるPlus化は、今までのPlusシリーズのノウハウを活かした機能拡張や追加要素を満載したものとなっています。PS3版で、今までに配信されたDLCを最初から搭載。Plusシリーズでお馴染みのコスチュームチェンジは、PS3版よりもチェンジ可能な人数とコスチューム数を大幅に増やしています。また、追加採取地「ウシの楽園」「隠された楽園」、追加キャラクター「マリオン」「オディーリア」、追加コスチューム「水着コスチューム:リンカ」「水着コスチューム:アーシャ」が登場します。

追加要素として、ゲーム内の課題をクリアすることでパネルをめくれ、すべてめくるとボーナスなど嬉しい特典がある「パネルアタック(仮称)」、敵HPアップなどの要素を加えたやり込み好きユーザー向け「ハードモード(仮称)」、強大な力を持った「新たなる強敵」など、Plusシリーズで採用されてきた各追加要素や調整をすることで、より完全なアーシャのアトリエを目指しています。さらに、あっと驚く追加要素も用意されているとのことです。

■エスカ&ロジーのアトリエとの繋がり
2014年放送予定のTVアニメ「エスカ&ロジーのアトリエ」は、『アーシャのアトリエ』から数年経過した別の舞台でのお話になります。アーシャのアトリエで登場したキャラクターはもちろん、調合システムなどを正統進化させて、受け継いでいることが特徴です。

■初回特典&プレミアムボックス
『アーシャのアトリエPlus』の初回特典には、コスチュームダウンロードコードが付属します。また、プレミアムボックスには、他のPlusシリーズと同様に、ミニクリスタル・ペーパーウェイトが同梱される予定です。

『アーシャのアトリエ Plus ~黄昏の大地の錬金術士~』は、2014年3月27日発売予定で価格は未定です。

(c)GUST CO.,LTD.2014 All rights reserved.
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. とあるPSNユーザー、世界情勢の変化により本名アカウントがBANされる

    とあるPSNユーザー、世界情勢の変化により本名アカウントがBANされる

  2. 『聖剣伝説』シリーズ25周年記念セール開催!『FF外伝』『2』『LOM』が割引価格に

    『聖剣伝説』シリーズ25周年記念セール開催!『FF外伝』『2』『LOM』が割引価格に

  3. 『SAO -ホロウ・リアリゼーション-』約5分に渡る最新PVをお披露目…早期購入特典「メイド服」など判明

    『SAO -ホロウ・リアリゼーション-』約5分に渡る最新PVをお披露目…早期購入特典「メイド服」など判明

  4. 『初音ミク Project DIVA Future Tone』シェアプレイの“音なし”は著作権的仕様、アケコン検討に対するコメントも

  5. 『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

  6. DL版『Fate/EXTRA』『CCC』が2000円以下に!7月1日より期間限定セール開始

  7. 『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』ゴシックな“失敗型”人形兵が登場! 戦闘や合成に関する新要素も明らかに

  8. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

  9. 『うたわれるもの 二人の白皇』店舗特典イラスト公開、タペストリーやクリアファイルなど

  10. 【TGS2015】“刃物を目の前に突きつけられる恐怖”を体験したことはありますか?カプコンのVRホラー『KITCHEN』が本当に怖い

アクセスランキングをもっと見る

page top