人生にゲームをプラスするメディア

『ヒーローバンク』超どころじゃない!「兆」ド級な必殺技を持つヒーロー着「エンター・ザ・スピード」の存在が明らかに

任天堂 3DS

『ヒーローバンク』超どころじゃない!「兆」ド級な必殺技を持つヒーロー着「エンター・ザ・スピード」の存在が明らかに
  • 『ヒーローバンク』超どころじゃない!「兆」ド級な必殺技を持つヒーロー着「エンター・ザ・スピード」の存在が明らかに
  • 『ヒーローバンク』超どころじゃない!「兆」ド級な必殺技を持つヒーロー着「エンター・ザ・スピード」の存在が明らかに
  • 『ヒーローバンク』超どころじゃない!「兆」ド級な必殺技を持つヒーロー着「エンター・ザ・スピード」の存在が明らかに
  • 『ヒーローバンク』超どころじゃない!「兆」ド級な必殺技を持つヒーロー着「エンター・ザ・スピード」の存在が明らかに
  • 『ヒーローバンク』超どころじゃない!「兆」ド級な必殺技を持つヒーロー着「エンター・ザ・スピード」の存在が明らかに
  • 『ヒーローバンク』超どころじゃない!「兆」ド級な必殺技を持つヒーロー着「エンター・ザ・スピード」の存在が明らかに
  • 『ヒーローバンク』超どころじゃない!「兆」ド級な必殺技を持つヒーロー着「エンター・ザ・スピード」の存在が明らかに
  • 『ヒーローバンク』超どころじゃない!「兆」ド級な必殺技を持つヒーロー着「エンター・ザ・スピード」の存在が明らかに
セガは、ニンテンドー3DSソフト『ヒーローバンク』の特別なヒーロー着「エンター・ザ・スピード」を公開しました。

小学生である主人公「豪勝カイト」が、不運にも100億もの借金を背負う羽目に陥り、その莫大な借金を返すため、高額の賞金が手に入る「ヒーローバトル」へと参加し借金返済までの日々を描く新感覚マネーバトルRPG『ヒーローバンク』。

このような個性的な設定や、バトルから物語まで全編に渡り「お金」をテーマに貫く姿勢などの切り口やセンスなどに、多くのユーザーが注目を寄せているタイトルですが、このたび「ヒーローバトル」で使用するヒーロー着に、豪勝カイトだけが使える特別な「エンター・ザ・スピード」の存在が明らかとなりました。

「エンター・ザ・スピード」とは、豪勝カイトに与えられたヒーロー着「エンター・ザ・ゴールド」に隠されていた、新たな力です。強烈な打撃攻撃が武器のエンター・ザ・ゴールドと違い、段違いの移動速度を誇り、その軽やかな動きで相手を翻弄。そして素早く「しきん」を貯めて、次々とわざを繰り出す力を備えています。

借金を抱える理由にもなった銭念との修行を通し、新たな力となるエンター・ザ・スピードが解放されます。リング場で覚醒するその姿は、相手に畏怖を覚えさせることでしょう。そして、繰り出す「兆ド級」な必殺わざ「バクエンメガクラッシュ」は、巨大化したエンター・ザ・スピードの前髪を、相手に向かって投げつける超大技。飛んでいった前髪が地面を突き破って相手を攻撃します。

もちろんこの他にも、多彩な必殺わざを備えているエンター・ザ・スピード。その数々を下記にしてチェックしてください。

■エンター・ザ・スピード 必殺わざ

●ノーカンドクドク
両腕をかかえ力を貯め、一気に解放すると体が光って拡散する。HPが徐々に減少する状態異常「エネロス」を無効化する効果。

●ゴッドスピード
その場で素早く足踏みして士気を高める。60秒間移動速後が1.5倍。

●ジョージョーパンチ改
エンター・ザ・ゴールドの技「ジョージョーパンチ」の進化系。力を込めた左手から繰り出す渾身のストレートパンチ。

エンター・ザ・ゴールドはパワーに秀でたインファイタータイプのヒーロー着。比較するとエンター・ザ・スピードは、パワーやディフェンス面では劣るものの、圧倒的なスピードで攻める中距離スピード型。修練が必要となりそうですが、使いこなせれば戦略の幅が広がり、その速度差で相手を容赦なく追いつめることでしょう。それぞれの特徴を自在に操り、ヒーローバトルを勝ち抜いて借金完済を目指してください。

『ヒーローバンク』は2014年3月20日発売予定。価格は、パッケージ版が5,550円(税込)、ダウンロード版が4,900円(税込)です。

(C)SEGA
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに

    短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに

  2. 『モンハン ダブルクロス』狩猟スタイル「レンキン」詳細や、新サポート傾向「ビースト」の情報が公開

    『モンハン ダブルクロス』狩猟スタイル「レンキン」詳細や、新サポート傾向「ビースト」の情報が公開

  3. 「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応か

    「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応か

  4. 日活第2弾タイトル『クリーピング・テラー』正式発表!女子高生が恐怖の屋敷を探索

  5. 海外TV番組に「ニンテンドースイッチ」が登場!『ゼルダの伝説』最新作を実機プレイ

  6. 【インタビュー】箕星太朗が語る『めがみめぐり』の魅力 ― ツクモちゃんとのやりとりで癒されて貰いたいです

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. 『ポケモン サン・ムーン』ヨーロッパで210万本の販売を達成、発売から12日で

  9. 『モンハン ダブルクロス』最新映像で“レンキンスタイル”の勇姿に迫る! 「ドリフターズ」や「SHOW BY ROCK!!」とのコラボも

  10. 【3DS DL販売ランキング】『ポケモン ムーン』トップ奪還、『ブレイブダンジョン』5位へ浮上(12/8)

アクセスランキングをもっと見る