人生にゲームをプラスするメディア

「ザ・ニューヨーカー」が選ぶ2013年ベストゲーム ― 任天堂ゲームからは『スーパーマリオ3Dワールド』をはじめとする3タイトルがランクイン

任天堂 Wii U

『スーパーマリオ3Dワールド』
  • 『スーパーマリオ3Dワールド』
  • 「ザ・ニューヨーカー」が選ぶ2013年ベストゲーム ― 任天堂ゲームからは『スーパーマリオ3Dワールド』をはじめとする3タイトルがランクイン
  • 「ザ・ニューヨーカー」が選ぶ2013年ベストゲーム ― 任天堂ゲームからは『スーパーマリオ3Dワールド』をはじめとする3タイトルがランクイン
北米メディア「ザ・ニューヨーカー」が2013年ベストゲームを発表しました。

今年度リストアップされたゲームは、PCゲームから家庭用ゲーム、そしてモバイルアプリなども含む10タイトル。任天堂ゲームからは『スーパーマリオ3Dワールド』、『ピクミン3』、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』がそれぞれランクインしています。

『スーパーマリオ3Dワールド』は、「今年もっともすごかった伝統的なゲームで、任天堂の空間設計の素晴らしさを見せつけた」、『ピクミン3』については「奧が深く、子どもから大人まで楽しめるタイトル」だとコメントされています。また、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』は、「シリーズの中でも異色の作品で、それぞれ特色ある作りのダンジョンは好きな順に攻略できる」と書かれていました。

そのほか日本でもよく知られるタイトルとしては、『セインツロウ4』や『テラウェイ』などがリストにあがっていました。

「ザ・ニューヨーカー」が選ぶ2013ベストゲームトップ10
1. Papers Please (PC)
2. The Stanley Parable HD (PC)
3. スーパーマリオ3Dワールド (Nintendo Wii U)
4. State of Decay (Xbox 360, PC)
5.ピクミン3 (Nintendo Wii U)
6. Ridiculous Fishing (Apple iOS)
7. セインツロウ4 (PS3, Xbox 360, PC)
8. Candy Box (Web)
9. The Legend of Zelda: A Link Between Worlds (Nintendo 3DS)
10. テラウェイ (PS Vita)


年末ということもあり、各メディアがこぞってベストゲームを発表していますが、それぞれ特徴ある結果となっているのが面白いですね。

(C) Nintendo
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂、3DS搭載のリチウム電池に関するガイドライン公開―意外と知らない豆知識も…?

    任天堂、3DS搭載のリチウム電池に関するガイドライン公開―意外と知らない豆知識も…?

  2. 【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

    【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

  3. 「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」の8月24日号公開 ― 新作が続々登場!

    「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」の8月24日号公開 ― 新作が続々登場!

  4. 未発売のHDリマスター版『ゴールデンアイ 007』プレイ映像が出現

  5. 土管から「安倍マリオ」登場!?リオ五輪閉会式で安倍総理がマリオに扮する

  6. カプコンの新作3DSソフトは「Suica」など交通系ICカードと連動! 乗車履歴でキャラとコミュニケーション

  7. 松野泰己氏すら覚えていなかったSFC版『タクティクスオウガ』裏コマンドが19年越しで発見される

  8. 500円で楽しめるWii U向けサンドボックスゲーム『ブロック ビルダー』8月31日配信

  9. 『ゼルダの伝説』リンクがハイクオリティなフィギュアに!『トワプリHD』『ムジュラ』『神トラ2』の3作品

  10. Wii U版『シャンティ -リスキィ・ブーツの逆襲-』8月31日配信決定、ドット絵にもこだわりを感じる2Dアクション

アクセスランキングをもっと見る

page top