人生にゲームをプラスするメディア

2013年、Google検索急上昇アニメは『パズドラ』『艦これ』『ポケモン X・Y』続く

その他 全般

Google Japanは12月18日、2013年の年間検索ランキングを発表した。2013年のGoogleのユーザーの検索トレンドの一端を明らかにするものだ。
発表では、「アニメ」、「ゲーム」、「映画」などのカテゴリーも設けられている。いずれも前年比で、検索数が急増したものをランキングしている。

アニメは、人気マンガを原作にテレビアニメ化された『進撃の巨人』が1位になった。さらに2位に『黒子のバスケ』、3位に『マギ』が続く。一大ブームを巻き起こした『進撃の巨人』、女性に圧倒的な人気を持つ『黒子のバスケ』と納得の結果である。
さらに4位以降には『悪の華』、5位に『キルラキル』、6位に『はたらく魔王さま』、7位に『サイコパス』、8位に『ドキドキプリキュア』、9位に『境界の彼方』、10位に『アイカツ!』とテレビシリーズが占めた。アニメファンに人気の作品が多くなっている。

一方で、映画でもアニメが1位だった。『風立ちぬ』である。6位に『モンスターズ ユニバーシティ』、8位に『怪盗グルーのミニオン危機一発』と海外アニメーションもランキングしている。アニメファンにも人気の『パシフィック リム』が3位につけている。
ゲームは1位に『パズドラ』、2位に『艦これ』、3位に『ポケモン XY』。ドラマの10位にある『安藤ロイド』は、「エヴァンゲリオン」シリーズでお馴染みの庵野秀明監督らも制作に協力している。
タブレットやモバイルの結果もある。モバイル急上昇の1位は『ポケモン XY』、4位に『艦これ』、8位に「紅蓮の弓矢 歌詞」がある。

このほか世界からの日本の観光地の3位に「Tokyo Disneyland」、7位に「Universal Studios Japan」、9位に「Ghibli Museum」、日本での観光地の1位に「ディズニーランド」、2位に「ユニバーサル スタジオ」、3位に「ディズニー シー」と、東西のテーマパークが定番となっている。加えてジブリ美術館の人気も分かる。
[真狩祐志]

2013年Google年間検索ランキング
http://www.google.co.jp/trends/topcharts?date=2013  

[アニメ部門]

1. 進撃の巨人
2. 黒子のバスケ
3. マギ
4. 悪の華
5. キルラキル
6. はたらく魔王さま
7. サイコパス
8. ドキドキプリキュア
9. 境界の彼方
10. アイカツ!

2013年、Google検索急上昇アニメは「進撃の巨人」 「黒子のバスケ」「マギ」続く

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

    「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  2. インサイド読者の皆様へ、編集長より

    インサイド読者の皆様へ、編集長より

  3. 【昨日のまとめ】藤島康介が31歳年下コスプレイヤーと結婚、PS4「Ustream」サポート終了へ、「GREE」版『グランブルーファンタジー』7月12日サービス開始…など(6/29)

    【昨日のまとめ】藤島康介が31歳年下コスプレイヤーと結婚、PS4「Ustream」サポート終了へ、「GREE」版『グランブルーファンタジー』7月12日サービス開始…など(6/29)

  4. 『テイルズ オブ』などのイラストを手掛ける藤島康介が結婚、相手は31歳年下コスプレイヤー…岸田メルも反応

  5. 「十字ボタン」モチーフのUSBハブ登場!キューブ型スピーカーも

  6. 「甲鉄城のカバネリ」最終話に向けたキャストコメントが到着!畠中祐、千本木彩花らが想いを明かす

  7. 「SHOW BY ROCK!!」キュートでポップなバンド・クリティクリスタ の紹介PVが公開

  8. AC『maimai PiNK PLUS』稼働開始 ─ アニメ・東方・ボーカロイドの追加楽曲や、段位認定・イベントコースなどの新機能も

  9. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  10. 『妖怪ウォッチ3』を遊んだ感想をお届け、日本の「据置ゲーム機離れ」の原因は有休取得率が低いから?、なぜ長い間日本で飛行機が作られなかったの?・・・編集部員も見るべきまとめ(6/29)

アクセスランキングをもっと見る

page top