人生にゲームをプラスするメディア

2013年、Google検索急上昇アニメは『パズドラ』『艦これ』『ポケモン X・Y』続く

その他 全般

Google Japanは12月18日、2013年の年間検索ランキングを発表した。2013年のGoogleのユーザーの検索トレンドの一端を明らかにするものだ。
発表では、「アニメ」、「ゲーム」、「映画」などのカテゴリーも設けられている。いずれも前年比で、検索数が急増したものをランキングしている。

アニメは、人気マンガを原作にテレビアニメ化された『進撃の巨人』が1位になった。さらに2位に『黒子のバスケ』、3位に『マギ』が続く。一大ブームを巻き起こした『進撃の巨人』、女性に圧倒的な人気を持つ『黒子のバスケ』と納得の結果である。
さらに4位以降には『悪の華』、5位に『キルラキル』、6位に『はたらく魔王さま』、7位に『サイコパス』、8位に『ドキドキプリキュア』、9位に『境界の彼方』、10位に『アイカツ!』とテレビシリーズが占めた。アニメファンに人気の作品が多くなっている。

一方で、映画でもアニメが1位だった。『風立ちぬ』である。6位に『モンスターズ ユニバーシティ』、8位に『怪盗グルーのミニオン危機一発』と海外アニメーションもランキングしている。アニメファンにも人気の『パシフィック リム』が3位につけている。
ゲームは1位に『パズドラ』、2位に『艦これ』、3位に『ポケモン XY』。ドラマの10位にある『安藤ロイド』は、「エヴァンゲリオン」シリーズでお馴染みの庵野秀明監督らも制作に協力している。
タブレットやモバイルの結果もある。モバイル急上昇の1位は『ポケモン XY』、4位に『艦これ』、8位に「紅蓮の弓矢 歌詞」がある。

このほか世界からの日本の観光地の3位に「Tokyo Disneyland」、7位に「Universal Studios Japan」、9位に「Ghibli Museum」、日本での観光地の1位に「ディズニーランド」、2位に「ユニバーサル スタジオ」、3位に「ディズニー シー」と、東西のテーマパークが定番となっている。加えてジブリ美術館の人気も分かる。
[真狩祐志]

2013年Google年間検索ランキング
http://www.google.co.jp/trends/topcharts?date=2013  

[アニメ部門]

1. 進撃の巨人
2. 黒子のバスケ
3. マギ
4. 悪の華
5. キルラキル
6. はたらく魔王さま
7. サイコパス
8. ドキドキプリキュア
9. 境界の彼方
10. アイカツ!

2013年、Google検索急上昇アニメは「進撃の巨人」 「黒子のバスケ」「マギ」続く

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『艦これ』「叢雲改二」が1/8フィギュアに!“ストッキング越しの脚線美”に見惚れる出来映え

    『艦これ』「叢雲改二」が1/8フィギュアに!“ストッキング越しの脚線美”に見惚れる出来映え

  2. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  3. ゲームにハマり過ぎた男性がメーカー訴訟を検討、仕事と妻を失う

    ゲームにハマり過ぎた男性がメーカー訴訟を検討、仕事と妻を失う

  4. 『Call of Duty』に登場する実在人物一家がメーカーへの訴訟検討 ―「野蛮に描かれている」

  5. 日本橋三越本店で『ペルソナ5』コンサート開催! 貴重な資料展示や目黒将司、なるけみちこ出演のファンミーティングも

  6. 『Fate/Grand Order』ランサー・スカサハがねんどろいど化!2017年8月発売予定

  7. デジモンテイマーズ「サクヤモン」フィギュアが登場! メタリックな質感や曲線美にこだわった一品に

  8. 「売れるためのUI/UX」とは―『オルガル』『戦国炎舞』などを手掛けたサイバーエージェントのセミナーが実施

  9. 「すーぱーそに子」10周年記念の指輪付き約52万円フィギュアが登場、まさに婚約気分になれる一品に

  10. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』アップデート情報など新情報相次ぐ…『金・銀』ポケモン登場や新たな展開に関心集まる

アクセスランキングをもっと見る