人生にゲームをプラスするメディア

2013年、Google検索急上昇アニメは『パズドラ』『艦これ』『ポケモン X・Y』続く

その他 全般

Google Japanは12月18日、2013年の年間検索ランキングを発表した。2013年のGoogleのユーザーの検索トレンドの一端を明らかにするものだ。
発表では、「アニメ」、「ゲーム」、「映画」などのカテゴリーも設けられている。いずれも前年比で、検索数が急増したものをランキングしている。

アニメは、人気マンガを原作にテレビアニメ化された『進撃の巨人』が1位になった。さらに2位に『黒子のバスケ』、3位に『マギ』が続く。一大ブームを巻き起こした『進撃の巨人』、女性に圧倒的な人気を持つ『黒子のバスケ』と納得の結果である。
さらに4位以降には『悪の華』、5位に『キルラキル』、6位に『はたらく魔王さま』、7位に『サイコパス』、8位に『ドキドキプリキュア』、9位に『境界の彼方』、10位に『アイカツ!』とテレビシリーズが占めた。アニメファンに人気の作品が多くなっている。

一方で、映画でもアニメが1位だった。『風立ちぬ』である。6位に『モンスターズ ユニバーシティ』、8位に『怪盗グルーのミニオン危機一発』と海外アニメーションもランキングしている。アニメファンにも人気の『パシフィック リム』が3位につけている。
ゲームは1位に『パズドラ』、2位に『艦これ』、3位に『ポケモン XY』。ドラマの10位にある『安藤ロイド』は、「エヴァンゲリオン」シリーズでお馴染みの庵野秀明監督らも制作に協力している。
タブレットやモバイルの結果もある。モバイル急上昇の1位は『ポケモン XY』、4位に『艦これ』、8位に「紅蓮の弓矢 歌詞」がある。

このほか世界からの日本の観光地の3位に「Tokyo Disneyland」、7位に「Universal Studios Japan」、9位に「Ghibli Museum」、日本での観光地の1位に「ディズニーランド」、2位に「ユニバーサル スタジオ」、3位に「ディズニー シー」と、東西のテーマパークが定番となっている。加えてジブリ美術館の人気も分かる。
[真狩祐志]

2013年Google年間検索ランキング
http://www.google.co.jp/trends/topcharts?date=2013  

[アニメ部門]

1. 進撃の巨人
2. 黒子のバスケ
3. マギ
4. 悪の華
5. キルラキル
6. はたらく魔王さま
7. サイコパス
8. ドキドキプリキュア
9. 境界の彼方
10. アイカツ!

2013年、Google検索急上昇アニメは「進撃の巨人」 「黒子のバスケ」「マギ」続く

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「Nintendo Switch」発表会、市場に溢れる思惑の正体とは【Re:エンタメ創世記】

    「Nintendo Switch」発表会、市場に溢れる思惑の正体とは【Re:エンタメ創世記】

  2. 『艦これ』スラリと伸びた足が魅力の「Z1(レーベレヒト・マース)」フィギュアが登場

    『艦これ』スラリと伸びた足が魅力の「Z1(レーベレヒト・マース)」フィギュアが登場

  3. 【昨日のまとめ】「ゲームセンターCX」地上波で放送、『ゼルダの伝説 BoW』青沼Pが解説、『マリオカート8 デラックス』新機能や新参戦キャラをお披露目…など(1/16)

    【昨日のまとめ】「ゲームセンターCX」地上波で放送、『ゼルダの伝説 BoW』青沼Pが解説、『マリオカート8 デラックス』新機能や新参戦キャラをお披露目…など(1/16)

  4. 「ガルパン」西住みほ&まほが水着フィギュアに!姉妹でキュートに登場

  5. 【昨日のまとめ】『ポケモン サン・ムーン』あの「マー君」が“たんぱんこぞう”に!?、『スプラトゥーン2』かわいい映像が公開、博多大吉が『スパロボV』を世界初プレイ…など(1/17)

  6. 「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

  7. 『ぷよぷよ!!クエスト アーケード』3月31日でサービス終了、ゲーセン初の基本プレイ無料ゲームに幕

  8. 「きのこの山」「たけのこの里」のガチ対決がオセロで実現…!「きのこの山VSたけのこの里 オセロ ゲーム3」1月18日発売

  9. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  10. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る