人生にゲームをプラスするメディア

2013年、Google検索急上昇アニメは『パズドラ』『艦これ』『ポケモン X・Y』続く

その他 全般

Google Japanは12月18日、2013年の年間検索ランキングを発表した。2013年のGoogleのユーザーの検索トレンドの一端を明らかにするものだ。
発表では、「アニメ」、「ゲーム」、「映画」などのカテゴリーも設けられている。いずれも前年比で、検索数が急増したものをランキングしている。

アニメは、人気マンガを原作にテレビアニメ化された『進撃の巨人』が1位になった。さらに2位に『黒子のバスケ』、3位に『マギ』が続く。一大ブームを巻き起こした『進撃の巨人』、女性に圧倒的な人気を持つ『黒子のバスケ』と納得の結果である。
さらに4位以降には『悪の華』、5位に『キルラキル』、6位に『はたらく魔王さま』、7位に『サイコパス』、8位に『ドキドキプリキュア』、9位に『境界の彼方』、10位に『アイカツ!』とテレビシリーズが占めた。アニメファンに人気の作品が多くなっている。

一方で、映画でもアニメが1位だった。『風立ちぬ』である。6位に『モンスターズ ユニバーシティ』、8位に『怪盗グルーのミニオン危機一発』と海外アニメーションもランキングしている。アニメファンにも人気の『パシフィック リム』が3位につけている。
ゲームは1位に『パズドラ』、2位に『艦これ』、3位に『ポケモン XY』。ドラマの10位にある『安藤ロイド』は、「エヴァンゲリオン」シリーズでお馴染みの庵野秀明監督らも制作に協力している。
タブレットやモバイルの結果もある。モバイル急上昇の1位は『ポケモン XY』、4位に『艦これ』、8位に「紅蓮の弓矢 歌詞」がある。

このほか世界からの日本の観光地の3位に「Tokyo Disneyland」、7位に「Universal Studios Japan」、9位に「Ghibli Museum」、日本での観光地の1位に「ディズニーランド」、2位に「ユニバーサル スタジオ」、3位に「ディズニー シー」と、東西のテーマパークが定番となっている。加えてジブリ美術館の人気も分かる。
[真狩祐志]

2013年Google年間検索ランキング
http://www.google.co.jp/trends/topcharts?date=2013  

[アニメ部門]

1. 進撃の巨人
2. 黒子のバスケ
3. マギ
4. 悪の華
5. キルラキル
6. はたらく魔王さま
7. サイコパス
8. ドキドキプリキュア
9. 境界の彼方
10. アイカツ!

2013年、Google検索急上昇アニメは「進撃の巨人」 「黒子のバスケ」「マギ」続く

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「ガールズ&パンツァー 最終章」の制作決定!

    「ガールズ&パンツァー 最終章」の制作決定!

  2. 【レポート】PS4版も発売決定!『モンスターハンター フロンティアZ』メディア先行イベントで「極まる」新要素を体験

    【レポート】PS4版も発売決定!『モンスターハンター フロンティアZ』メディア先行イベントで「極まる」新要素を体験

  3. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

    【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  4. 【週刊インサイド】リオ五輪閉会式「安倍マリオ」が国内外で注目集める…『ポケモンGO』関連も引き続き話題に

  5. リオ五輪閉会式「安倍マリオ」は海外ゲーマーからも大好評…「総理がマリオになるとかマジでヤバい」

  6. 謎の木目調アーケード筐体「8Bitdo Desktop Arcade Joy Stick」があまりにも美しい

  7. スタジオカラー初のTVアニメ作品、舞城王太郎原作「龍の歯医者」2017年2月放送

  8. 【昨日のまとめ】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選、スマホ向け『ディシディア FF オペラオムニア』2016年配信、名前の書かれたゲームカセットを持ち主に返すサイト…など(8/27)

  9. AC向け『シアトリズム FF オールスターカーニバル』9月27日に稼働開始! 告知トレーラーで魅力をチェック

  10. KOGが新たなゲームTシャツをお披露目! 初デザインの『スターフォックス』、100型目を飾る『スーパーマリオブラザーズ』など

アクセスランキングをもっと見る

page top