人生にゲームをプラスするメディア

海外メディアが選ぶ3DS・Wii Uのゲームオブザイヤーが発表に ― 不動の人気を誇る、あの作品が見事受賞

任天堂 Wii U

『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』パッケージ
  • 『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』パッケージ
  • 『スーパーマリオ3Dワールド』
海外ゲームメディア「GameSpot」が、今年の3DSとWii Uのゲームオブザイヤーを発表しました。

3DS分野でノミネートされたのは、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』、『ポケットモンスターX・Y』、『とびだせ どうぶつの森』、『ファイアーエムブレム 覚醒』『ルイージマンション2』。見事ゲームオブザイヤーに輝いたのは『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』で、最も想像力に富んだ作品と称されています。レビュースコアでも、9/10というハイスコアをマークしていました。

Wii Uのノミネートは『スーパーマリオ3Dワールド』と『レイマン レジェンド』、『ピクミン3』、『Runner2: Future Legend of Rhythm Alien』、『レゴシティ アンダーカバー』。レビュースコアはいずれも9/10と8/10のどちらかという激戦になりましたが、『スーパーマリオ3Dワールド』がこれを制し、今年のゲームオブザイヤーを受賞しました。
洗練されたレベルデザインが特に評価されており、Wii Uを持っているならプレイしないわけにはいかないタイトルだと伝えられています。

3DS / Wii Uノミネートタイトルのレビュースコアは以下のとおりです。
・ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 9/10
・ポケットモンスターX・Y 8/10
・とびだせ どうぶつの森 8/10
・ファイアーエムブレム 覚醒 8.5/10
・ルイージマンション2 6.5/10

・スーパーマリオ3Dワールド 9/10
・レイマン レジェンド 9/10
・ピクミン3 8/10
・Runner2: Future Legend of Rhythm Alien 9/10
・レゴシティ アンダーカバー 8/10
《Ami》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

    【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  2. 【レポート】コンパイル創業者の新作パズルゲーム『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

    【レポート】コンパイル創業者の新作パズルゲーム『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

  3. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  4. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  5. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  6. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  7. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  10. 【特集】『ポケモンGO』プレイ前に揃えておきたいアイテムまとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top