人生にゲームをプラスするメディア

「『戦国BASARA4』×「プレコミュ」プレミアム体験会~品川大合戦~」の製品版プレイレビューをお届け

ソニー PS3

「『戦国BASARA4』×「プレコミュ」プレミアム体験会~品川大合戦~」の製品版プレイレビューをお届け
  • 「『戦国BASARA4』×「プレコミュ」プレミアム体験会~品川大合戦~」の製品版プレイレビューをお届け
  • 「『戦国BASARA4』×「プレコミュ」プレミアム体験会~品川大合戦~」の製品版プレイレビューをお届け
  • 「戦国創世モード」をプレイ
  • 帝王・足利義輝が「天政奉還」を宣言
  • スタート時は9武将が選択可能
  • ゲームの基本操作表
  • 非常に軽快なプレイが可能となっている
  • 「戦国創世モード」ゲーム画面
カプコンは、2014年1月23日発売予定のPlayStation 3ソフト『戦国BASARA4』の体験会「『戦国BASARA4』×「プレコミュ」プレミアム体験会~品川大合戦~」を東京・SSJ品川ビルで開催。プレミアム試遊では発売に先駆けて製品版をプレイできましたので、その模様をお届けします。


■「戦国創世モード」は9武将からスタート
メインモード「戦国創世モード」で、スタート時に選択可能なのは「伊達政宗」「石田三成」「島左近」「柴田勝家」「真田幸村」「徳川家康」「井伊直虎」「前田慶次」「豊臣秀吉」の9名です。まずは三成を選んで進めると、まさに家康が秀吉を裏切ったシーンからスタート。家康に激しい憎しみをぶつける三成ですが、まずは周囲の敵を抑えるべきだと竹中半兵衛に諭され、軍を進めることとなりました。また勝家は、織田軍の決起の場に控えることすら許されない状態の中、命じられるままに尖兵を務めることに。

武将ごとに異なる導入部では、選択した武将がフィールドを駆ける姿が映し出されています。三成は1人で走りますが山中鹿之介はおやっさんと一緒ですし、勝家と左近は馬に乗っていますが、勝家は普通に乗る一方で左近は鞍の上にしゃがんだような状態と、こちらも個性的。

続いて戦場の選択となりますが、その際にも固有のカットシーンが挿入。これから戦いが始まるとシリアスなものがある一方、美女武将たちの温泉ステージや飲めや踊れの大騒ぎをしている京の都と、各地の武将のさまざまな動向を伺えるものとなっています。戦いやすそうなエリアを選ぶもよし、単純に「気になる!!」と思ったエリアを攻略するのもいいでしょう。


■敵兵士&ギミックがパワーアップ!戦略性も試されるフィールド
三成では賤ヶ岳で勝家を、勝家では三河小牧長久手で家康を相手に選びました。フィールドの簡易マップも墨のようなタッチになっており、新要素の「戯画バサラ技」をはじめ細かな部分から全体まで和のイメージが強まっています。簡易マップの表示も、敵武将や陣以外にもバリエーションが増えており、より詳細に戦況を把握できそうです。

賤ヶ岳では織田軍の援軍を妨害するため、小牧長久手では本多忠勝の回復を妨害するために敵陣を制圧することが当初の目的に。どちらもそう広いマップではありませんが、これまでのシリーズと比べて高低差が顕著になった印象を受けました。とくに賤ヶ岳では、はしごのように組み上がった敵兵を踏み台にしないと近づけない陣も多くあります。

また、これまでは陣を支配するユニットは1名でしたが、軍師が鼓舞することでどんどん増強され、何人も倒さないと制圧できなくなります。ちょっと油断すると奪還されてしまうので、確実に進みたいユーザーは念入りに周囲を片付けてから先に進みましょう。筆者は適当に進めたのでボス武将に挑むまでにはほぼ奪還され、半兵衛に「こんな様子では及第点をあげられないよ」というようなツッコミが入る始末です。

小牧長久手では、ケガをした忠勝の修理部品(?)を運搬中。ちょっと心は痛みますが、できるだけ破壊して回復を遅らせます。できるだけ素早く陣を制圧しつつ部品も破壊しなくてはならないのですが、今回はガトリング砲のようなギミックも登場。どんどん撃たれますが奪ってしまえば優位に立てるので、こちらも適度に利用していきたいところ。

「最初に軍師を倒す?陣を制圧する?」「それとも一気に突っ込んでしまう?」など、どう進めるかはプレイヤー次第。もちろん目の前の敵を倒すのが第一ですが、戦略性という部分もパワーアップしているなと感じました。


■頼れる味方「戦友」と一緒にステージを攻略していこう
敵陣も強固になっていますが、今回はプレイヤーにも強い味方「戦友」が存在しています。開始直後は三成には大谷、勝家にはなんと信長が戦友に。L2ボタンを押せばその場ですぐアシストに入ってくれますので、ひとまずはこまめにボタンを押して自分の近くで戦ってもらいましょう。長押しするとより遠くで戦ってくれるので、慣れてきたら周囲へ誘導してみるとさらに有利に進められそうですよ。戦友のレベルを上げれば、より適切なサポートを行ってくれます。

もちろん、戦友と一緒に放つ「戯画バサラ技」も非常に強力。ピンチ打開など大きな切り札となる「バサラ技」だけでなく、敵の動作がスローモーションになる「粋の至り」も使いどころが重要そうです。できれば強い相手やコンボを稼ぎたい時に使いたいところですが、スピードを求められる場面で使ってみるのも面白そうですね。

さらに、これまでは戦闘に勝利してから経験値を得ていましたが、今回は戦闘中でもレベルアップしてきます。その場で使用できる技がどんどん増えるだけでなく、体力が少しだけ回復するオマケつき。

同ハードの『戦国BASARA3』『戦国BASARA3 宴』でも十分にアクションを堪能できましたが、本作ではより進化したスピーディーなバトルを楽しめるようになっています。ゲーム開始直後は使用できる技も少ないこともありますが、わずかなボタン操作だけで軽快なプレイが可能となっています。とはいえ、派生技のバリエーションが豊富に用意されている井伊直虎のようなキャラクターも。簡単な操作と奥深さを備えたアクションゲームとなっていますので、発売日が待ち遠しいプレイヤーの皆さんも期待してお待ちください。


『戦国BASARA4』は、2014年1月23日発売予定。価格は通常版が6,990円(税込)、豪華版「百花繚乱魂手箱」が8,790円(税込)です。

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
《近藤智子》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 【PSX 16】『パラッパラッパー』がPS4に登場!『パタポン』と『ロコロコ』もリリース予定

    【PSX 16】『パラッパラッパー』がPS4に登場!『パタポン』と『ロコロコ』もリリース予定

  2. PS4『パラッパラッパー』2017年国内発売決定!12月5日からは体験版の配信も

    PS4『パラッパラッパー』2017年国内発売決定!12月5日からは体験版の配信も

  3. 【PSX 16】Decimaは出島!『デス・ストランディング』パネル映像―Guerrilla Gamesとの強固な絆も明らかに

    【PSX 16】Decimaは出島!『デス・ストランディング』パネル映像―Guerrilla Gamesとの強固な絆も明らかに

  4. 【PSX 16】リマスター版『クラッシュ・バンディクー』の映像が初披露!

  5. 【PSX 16】SUDA51新作『LET IT DIE』トレイラー!海外で無料リリース開始

  6. 『Marvel vs Capcom: Infinite』海外向けゲームプレイ映像がお披露目!リュウとアイアンマンが激突

  7. 【PSX 16】『デス・ストランディング』新ティーザー「Low Roar」バージョン!―日本語歌詞付き

  8. PS Vita版『PSO2』を16GBのメモカで遊んでいる人は要注意! 今後数ヶ月で容量を上回る見込み

  9. 『ストリートファイターV』に「豪鬼」と新キャラクター5人を含む新たなシーズンパスが登場!

  10. 【PSX 16】『ストリートファイターV』に「豪鬼」登場決定!新たなシーズンパスも発表!

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top